« どうすれば授業はうまくなるのか(9) | トップページ | どうすれば授業はうまくなるのか(11) »

どうすれば授業はうまくなるのか(10)

  どうすれば授業はうまくなるのか(10)

                    ~「授業づくり3原則」で授業をする~
 
 「学力を高めるための70点の授業」をどうするか。
 以下の3つを実践することだと書いた。
   1,簡単な授業準備。
  2,基礎学力保障のための「授業づくり」。
  3,全員参加の「授業づくり」。
2、基礎学力保障のための「授業づくり」
 
 2つのことを考えている。
 ①授業のカタチを作る
 ②授業の基本型を作る
 ①については、2つのことを行う。
 
 A 学習規律を整える
  私は、すでに初任者向けに以下の10箇条を提起している(『新卒教師時代を生き抜く学級づくり3原則』明治図書)。この中で、必須なのは、「ノート指導の徹底」になる)
 
     1 挙手はきちんと
  2 名前を呼ばれたら「ハイ」と返事
  3 机上の整理をさせよう
   4 机の中の整理・整頓をきちんと
  5  筆入れの中味を整える
  6 ノート指導の徹底
  7 発言を整えよう
  8 授業時間を守る
  9  ノートを先生に提出するとき
  10「どうぞ」「ありがとう」の言葉かけ
 
 B 分割授業(ユニット制)を推進する
  それぞれの教科には、どうしても必要な基礎・基本がある。例えば、国語では、漢字、音読などである。算数で言えば、計算や前時の 復習をすることなど。
    それは、まとめて取るということではなく、ちょこちょこと毎時間取っていかなくてはならない。そうしなければ、定着は難しい。
 
  例えば、国語は次のようになる。
   ○音読(5分)
   ○漢字(5分~10分)
   ○本時
 
  ②の授業の基本型である。
   これについては、「授業づくり3原則」という提起をしている。
   授業についての基本型をもっていなくては、「日常授業」を乗り切っていくことは難しい。
 
  この基本型に従って、授業を作っていく。
  ほとんどの教師が、この基本型を持っていない。
  ずっと指導書を頼って授業をしてきた後遺症である。
 
  「授業づくり3原則」とは何か。
 
   指導言(縦糸)―活動―フォロー(横糸)
 
  指導言とは、発問、指示、説明。これを使って、私たちは授業をしている。
  インプットである。「教える」ことが中心になる。
 
  そのあとに、「活動」を入れる。 
    私たちは、「アウトプット」の活動と言っている。
 
  これを入れないと、子供たちは「考えたり、相手に自分を意見を伝えたり、自分を表現したり」できない。また、インプットしたことを定着させることもできない。
 
  そして、最後に子供たちの活動に対して、「フォロー」を入れる。
  「フォロー」とは、ほめたり、認めたり、励ましたりが中心である。
 
  「学級づくり3原則」を提起した時、その中心になるのは、「関係づくり」であった。これは、縦糸と横糸をバランス良く張っていく手立てになる。
  実は、この「授業づくり3原則」も、縦糸と横糸をバランス良く張っていく手立てになる。 
   指導言が縦糸張り、フォローが横糸張り。
 
  ところが、多くの先生方は、縦糸を張りすぎるほど張る。その典型が「おしゃべり授業」。
   横糸のフォローがあまりにも少ない。
  ほとんど入れていない。
  授業のバランスが悪くなる。
  「おしゃべり授業」をやっていては、フォローが入れないのである。
 
   フォローを入れるためには、「活動」を入れなくてはならない。子供たちに活動をさせて、その様子でフォローを入れるからである。
    ★
  私たちの研究で、はっきりしてきた「実践」が1つある。
 
  私たちの授業は、ほとんどが「つまらない」ものである。
 
  でも、この「つまらない」を、そのまま「つまらない」ままにしておくことはできない。子供たちはどんどん逃げていっている。
  「手応えのある」ものに変えていかなくてはならない。子供たちが「集中する」授業。
 
  いつのまにか子供が「集中する」。
  そのような授業。
 
  手はある。
  「小刻み活動法」。
  昔「スモールステップの繰り返し」と言われていたものである。
  どうするか。
 
  指導言を投げかけたら、できるだけ早く「活動」に変える。そのように授業を組み立てる。
  間違いなく、子供たちは集中してくる。
 
  子供たちの体は、意識的ではなく、体を動かすことにすごく反応する。無意識的である。
   だから、小刻みに活動を入れれば、否応なく反応する。
 
  そうなっている。
  小刻みに活動を入れると、定着も早い。
  副作用はない(笑)。
 
  使わない手はないではないか。
  だから、教師の指導言で「教え」、「活動させ」、そして「フォロー」を加える。これを小刻みにする。
  ただ、これだけである。
 
   

|
|

« どうすれば授業はうまくなるのか(9) | トップページ | どうすれば授業はうまくなるのか(11) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/65293586

この記事へのトラックバック一覧です: どうすれば授業はうまくなるのか(10):

« どうすれば授業はうまくなるのか(9) | トップページ | どうすれば授業はうまくなるのか(11) »