« どうすれば授業はうまくなるのか(4) | トップページ | つれづれなるままに~原因があって、結果がある~ »

どうすれば授業はうまくなるのか(5)

    どうすれば授業はうまくなるのか(5)

 
 多くの先生たちの授業は、子供たちの学力保障はできないと書いた。
 「70点の授業」の提案をする前に、この授業について書いておきたい。

 私は、この5年間で、1000人近くの先生たちの授業を見てきた。
 授業を見ながら、共通の傾向を示す授業に出会った。
 どんな授業なのか?

 1つは、「おしゃべり授業」。
 2つ目は、「学力定着不足授業」。
 3つ目は、「挙手発言型授業」。

 私たちがネーミングした授業である。
 この3つの授業は、それぞれ共通するところがある。だから、1つだけということではなく、複合的になされている傾向が強かった。 
  ★
 「おしゃべり授業」とは何か。
 まず第1の特徴は、授業の8,9割ずっとしゃべりまくっていること。
 
 第2の特徴は、時々思い出したように発問を出し、いつもの4,5人の子供たちが答えていくこと。
 それで、次に進んでいく。
 
 第3の特徴は、ほとんどが傍観者であること。

 「学力定着不足授業」とは何か。
 その特徴は、授業が完結しないことである。
 授業のインプットばかりに時間をかけて、中途半端に終わってしまう。45分(あるいは50分)の授業が完結しない。
だから、算数などはいつも練習問題が宿題に回されてしまう。
  本時の目標が達成されないわけである。

 「挙手発言型授業」とは何か。
 その特徴は、授業の大半を子供たちの挙手で済ませていく授業である。
 この授業をしている教師は、多い。
 工夫をしている教師もいる。
 ぐー、ちょき、ぱーで、挙手の意思を表明するという方法である。
 この授業のメリットはある。
 発言できない子供たちを、挙手して発言できるようにすることは、積極性を生み出す。確かに、人が変わったように活動的な子供に変身することもある。

 だが、デメリットもある。
 この授業は、外向的子供に向けたものである。
 挙手をして、みんなの前で発言することが平気な子供は、盛んに発言する。
 そのかげで、みんなの前で発言できない内向的な子供が必ずいる。
 これらの子供には、劣等感を与えることになる。
 「ぼくは、発言できないのでダメな子供だ!」と。

 しかし、内向的な子供だって、じっくりと課題を考え、人の意見をきちんと聞けることができるのである。いや、この内向的な子供の方が、外向的な子供よりその傾向が強い。

 子供によって、タイプが違う。
 だから、挙手発言も授業の中では、必要なものであるが、それだけに偏るとおかしくなる。
 ★
 しかし、授業についての考え方において、以上に上げた傾向も、否定的に捉えられない場合もある。
 それは、授業観の違いになる。

 私たちは、授業というのを以下のように押さえている。
 「味噌汁・ご飯」授業の場合の考え方である。

 授業は、インプットとアウトプットによって成り立つ。

 インプットで、授業の導入をする。「教える」わけである。
 そして、アウトプットで、教えたことを練習し、定着させていくという試みになる。
 これで、本時の目標を達成させる。

 簡単に言うと、こういうことになる。
 ★
 学力保障ができない授業の特徴は、いくつかにまとめることができる。

 1つは、授業がインプットばかりに偏っていくこと。
 2つ目は、全員参加の授業にはなりにくいこと。
 3つ目は、低学力児を引き上げていく授業にならないこと。
 
                                                                                   (つづく)

 

|
|

« どうすれば授業はうまくなるのか(4) | トップページ | つれづれなるままに~原因があって、結果がある~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/65272194

この記事へのトラックバック一覧です: どうすれば授業はうまくなるのか(5):

« どうすれば授業はうまくなるのか(4) | トップページ | つれづれなるままに~原因があって、結果がある~ »