« つれづれなるままに~村上春樹の本を読んで~ | トップページ | 童神先生からうれしい知らせ »

相談事例を受けて(2)~もう一度「縦糸張り」を振り返って~

   「事件は現場で起こっている」というフレーズがある。


 最近改めてつくづく思うのだが、「問題は、クラスで起こっている」と。
 なんだ、当たり前ではないかと思われるだろうが、必ずと言っていいほど、ほとんど全ての問題が、「学級づくり」や「学級経営」に集中して起こっている。
 
 もう少し絞れば、子供たちとの「関係づくり」でうまくいかなくなっている。
   ★
 今、中堅やベテランの教師たちの教室が、学級崩壊に陥っている事例をよく聞く。
 今まで学校を背負ってきた先生たちである。
 力量もあると自他共に認めてきた先生たちでもある。

 なぜ、そんなことになるのか。

 残念ながら、今まで身に付けてきた方法が通用しなくなっている。そのことに自覚的でなければならない。
  ★
 何が通用しなくなっているのか。

 1つは、「縦糸張り」であり、2つ目は、やはり「横糸張り」である。
 
 「縦糸張り」が、うまくいかなくなっている。
 私のところへ舞い込む相談コメントの先生たちが、どうだろうということは分からない。
 でも、「縦糸張り」のどこかで失敗していると、予測している。
 
 今まででは想定できない子供が、登場してきていると思わなくてはならない。
 ★
 もう1つあるのは、「縦糸張りの勘違い」である。

 ただでさえ、教師は教室で行政、立法、司法の三権を併せ持つ存在である。
  このことを自覚しておかなくては、自然と強権的な「ファシズム」教師になっていく。

 「縦糸張り」で、自分の思うように子供が動く教室を作るのではない。
  子供たちが、学びやすい、平和な環境を準備することがメインになるはずである。
 また、「横糸張り」(子供との心の通じ合い)のために、「縦糸張り」があるのだということも忘れてはならない。

 織物でも、縦糸を張っていなくて、横糸だけを張り続ければ、そのうちにガサッと崩れ去ってしまう。
 どうしても縦糸張りが必要なのである。
 このことと同じである。

 そのうちに、彩り豊かな横糸で、縦糸が目立たなくなることが目標である。
  ★
 最近、その先生の時には、うまくいっていたのに、次の学年で荒れていく事例をいっぱい聞く。

 これは、「うまくいっていた」ということの内容が問題である。
 その教室を、ぐんぐん厳しく締め付ければ、その反動が次の学年で出るのは明らかである。 
 ★
 とりとめもないことを書いた。
 今もう一度「縦糸張り」を振り返ってもらいたいという気持ちである。

 私のところへ入ってくる情報から判断をすると、最近こういうことを考えている。
 

|

« つれづれなるままに~村上春樹の本を読んで~ | トップページ | 童神先生からうれしい知らせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相談事例を受けて(2)~もう一度「縦糸張り」を振り返って~:

« つれづれなるままに~村上春樹の本を読んで~ | トップページ | 童神先生からうれしい知らせ »