« つれづれなるままに~村上春樹の本を読んで~ | トップページ | 童神先生からうれしい知らせ »

相談事例を受けて(2)~もう一度「縦糸張り」を振り返って~

   「事件は現場で起こっている」というフレーズがある。


 最近改めてつくづく思うのだが、「問題は、クラスで起こっている」と。
 なんだ、当たり前ではないかと思われるだろうが、必ずと言っていいほど、ほとんど全ての問題が、「学級づくり」や「学級経営」に集中して起こっている。
 
 もう少し絞れば、子供たちとの「関係づくり」でうまくいかなくなっている。
   ★
 今、中堅やベテランの教師たちの教室が、学級崩壊に陥っている事例をよく聞く。
 今まで学校を背負ってきた先生たちである。
 力量もあると自他共に認めてきた先生たちでもある。

 なぜ、そんなことになるのか。

 残念ながら、今まで身に付けてきた方法が通用しなくなっている。そのことに自覚的でなければならない。
  ★
 何が通用しなくなっているのか。

 1つは、「縦糸張り」であり、2つ目は、やはり「横糸張り」である。
 
 「縦糸張り」が、うまくいかなくなっている。
 私のところへ舞い込む相談コメントの先生たちが、どうだろうということは分からない。
 でも、「縦糸張り」のどこかで失敗していると、予測している。
 
 今まででは想定できない子供が、登場してきていると思わなくてはならない。
 ★
 もう1つあるのは、「縦糸張りの勘違い」である。

 ただでさえ、教師は教室で行政、立法、司法の三権を併せ持つ存在である。
  このことを自覚しておかなくては、自然と強権的な「ファシズム」教師になっていく。

 「縦糸張り」で、自分の思うように子供が動く教室を作るのではない。
  子供たちが、学びやすい、平和な環境を準備することがメインになるはずである。
 また、「横糸張り」(子供との心の通じ合い)のために、「縦糸張り」があるのだということも忘れてはならない。

 織物でも、縦糸を張っていなくて、横糸だけを張り続ければ、そのうちにガサッと崩れ去ってしまう。
 どうしても縦糸張りが必要なのである。
 このことと同じである。

 そのうちに、彩り豊かな横糸で、縦糸が目立たなくなることが目標である。
  ★
 最近、その先生の時には、うまくいっていたのに、次の学年で荒れていく事例をいっぱい聞く。

 これは、「うまくいっていた」ということの内容が問題である。
 その教室を、ぐんぐん厳しく締め付ければ、その反動が次の学年で出るのは明らかである。 
 ★
 とりとめもないことを書いた。
 今もう一度「縦糸張り」を振り返ってもらいたいという気持ちである。

 私のところへ入ってくる情報から判断をすると、最近こういうことを考えている。
 

|
|

« つれづれなるままに~村上春樹の本を読んで~ | トップページ | 童神先生からうれしい知らせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 野中先生、皆様、ご無沙汰しております。その節は、ご心配おかけしました。

 昨日、修了式があり、何とか無事に学級の子供達を送り出すことができました。子供達を玄関まで見送った時には、僕の方が感極まって涙をこらえることができませんでした。

 また、放課後僕が教室を片付けていると、一人の女の子がわざわざ会いに来てくれて、泣きながら「来年も先生がいい」と言うので、僕の方ももらい泣きしてしまいました。

 実は相談のコメントを書き込んで以来、結局一日も学校を休みませんでした。病院受診と所用の為、午後に二回年休をもらっただけで、毎日子供達の前に立ち続けました。

 苦しい中でも、一日一日を積み重ねていく。それを最後まで実行できたことだけは、自信を持っていいかなと思います。

 しかしあの時、野中先生に「すぐ病院へ行ってください」と言われなかったら。もし先輩の先生に、サポートに入ってもらえなかったら。どれか一つでも欠けていたら、今の自分はなかったでしょう。今回は本当に、支えてくれる人のありがたさを強く感じさせられました。

 野中先生はじめ、僕にコメントを下さった全国の先生方は、僕にとって大げさでなく「命の恩人」です。
 皆様に支えてもらったことを忘れず、これからも教師人生を一歩ずつ進んでいきたいと思います。本当に、ありがとうございました。

投稿: 童神 | 2017年3月25日 (土) 10時48分

motaです。
童神先生のコメントを読んで、
本当に自分のことのように嬉しくなりました!
童神先生、お疲れ様でした。
一年前の私も童神先生と全く同じ気持ちでした。
そして、このブログに何度も救われました。
私も4月からまた荒波に挑戦しようと
思っています。今度は向き合い方を間違えないように。童神先生、まずは自分をたくさん褒めてくださいね!
野中先生、今年一年間ステキな子どもたちと
楽しい日々を過ごし、リフレッシュできたので、
4月からまたいろいろな意味でがんばります!
ブログからまた勉強させていただきます!
またお会い出来る機会を楽しみにします!

投稿: mota | 2017年3月25日 (土) 17時02分

野中先生初めまして。長らくブログを拝見しておりましたが、初コメントです。

『ただでさえ、教師は教室で行政、立法、司法の三権を併せ持つ存在である。 このことを自覚しておかなくては、自然と強権的な「ファシズム」教師になっていく。』
この文章に深く頷きつつ、身が引き締まる思いでおります。
子どもは確かに変わってきています。保護者も変わってきています。教師である私も、いい方向に変わっていかなければ。

4月から教員生活21年目に入ります。↑の文章を折りに触れ思い出しながら頑張ります。ブログ更新を楽しみにしています。

童神先生、お疲れ様でした!最後に子どもからステキなプレゼントをもらいましたね。終わりよければ全て良しです。また4月から1日1日積み重ねていきましょう。私も頑張りますね。

投稿: こかげ | 2017年3月25日 (土) 18時08分

童神先生、初めまして。
私も数年前にこちらで元気を頂いた者の一人です。
いいお話、聞かせていただいて、本当に嬉しかったです。


投稿: 通りすがり | 2017年3月25日 (土) 19時36分

童神先生、お疲れさまでした。

投稿: kawamu | 2017年3月25日 (土) 20時20分

童神先生

野中先生に私の体験を掲載してもらった者です。
本当に良かったと思います。
きっと子どもたちにも心は伝わっていますよ。
私もそれを感じた一年でした。
お仕事のことで悩むということは、教師というお仕事を真剣に考えている証なのだと思います。
同じように苦しい思いをし、また前を向いて歩まれている同志がたくさんいます。
ゆっくりと休まれ、また新学期には穏やかにスタートされることを願っております。
長文失礼いたしました。

投稿: UNITY | 2017年3月27日 (月) 07時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/65059191

この記事へのトラックバック一覧です: 相談事例を受けて(2)~もう一度「縦糸張り」を振り返って~:

« つれづれなるままに~村上春樹の本を読んで~ | トップページ | 童神先生からうれしい知らせ »