« 20代の男性の先生に相談を受けて | トップページ | つれづれなるままに~村上春樹の本を読んで~ »

高学年の女子児童の対応について(1)

  相談事例が続いている。

 全部高学年の女子児童についての悩みである。
 
そこで、kawamu先生、20代の男性教諭の先生に、以下のような形で答えていきたい。
 
答えにならないかもしれないので、最初にお詫びしておきます(笑)。
 ★
 私は今まで高学年担任の教師の最大の課題は、女子児童の問題特にグループ化の問題と考えてきた。
 
  これについての方法論を持たないと、これから高学年の担任は持てないと思ってきた。
  それほどにむずかしくなっているのである。

 なぜ、これほどまでにむずかしくなってきたのか。
 
 ・女子児童の思春期化である。
   昔は、小学校の高学年で女子児童が、これほど思春期に入ることはなかったのである。それが、最近はほとんど の子供がそうなっていると言っていいだろう。
   こうなると、対応が特別にむずかしくなる。
  もはや、子供の扱いはできなくなる。
 
  ・極端なグループ化がある。それに入れない孤立化する女子児童も必ずいる。いじめの対象になったりする。
 
  ・男子児童の幼稚化がある。女子児童とバランスがとれなくなっている。
 
 私は、もう現場から離れて10年目になっている。
 だから、事態はもっと進んでいると思われる。
  ★
 私は、勤務生活の最後の10年以上は、ずっと高学年を担任してきたのであるが、女子児童との深刻なトラブルは、ほとんどなかった。
 それは、きわめて意識的な対応をしていたからである。
 
 ①常に、誰と誰がグループを組んでいるかを把握していた。
  グループになるのは仕方ないことであった。
 
  ②孤立化していたり、グループ間の諍い、グループ内での諍いに対して、即座に動く準備を整えていた。そのことをとても重要視していた。
 
  ③孤立化していく子供に対しては、即座に対応し、「あなたの味方だよ」「あなたの気持ちはよく分かるよ」「これからのことを一緒に考えよう」と声かけをした。
 ★
 最近、「縦糸・横糸」の提唱者の横藤雅人先生とやりとりをすることがあって、「そうだ、そうだ!」と気づかされたことがあった。

 横藤先生は、子供たちに今最も必要なのは、「所属と承認」欲求をどれほど満たしていくかにある、という意見であった。
 これが、家庭でも満たされてなくて、学校で荒れていくのである。
 
 とすると、私が女子児童にとっていた対応は、「所属と承認」欲求を満たしていく方法論であったということである。
 これでうまくいったのである。
 ★
 「所属と承認」欲求とはなにか。

 マズローの欲求階層説を思い出してほしい。
 マズローは、人間の欲求には、まず、「生理的欲求」から始まり、「安全の欲求」になる。
 
  これが、欠乏欲求。
 
  そして、「仲間に入りたい!」という「所属と愛の欲求」になり、次に「認められたい」という「承認欲求」になる。
 
  最後に、「自己実現の欲求」になる。
 これらが成長欲求になる。
 ★
 この「所属と承認」欲求をいかに満たしていくのかが、今最も求められているということ。
 
 ここでさまざまなトラブルが起こっていると、思っていいのである。

 この欲求を満たしていくという、学級経営スタイル、授業スタイルを身に付けていかなくてはならない、というのが私のスタンスになる。(つづく)

 

 

|
|

« 20代の男性の先生に相談を受けて | トップページ | つれづれなるままに~村上春樹の本を読んで~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

返答ありがとうございます。

確かに最近は男子の幼稚化が進み、女子は思春期化が進んで、学級がすごくアンバランスになっている気がします…。

投稿: kawamu | 2017年3月20日 (月) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/65034388

この記事へのトラックバック一覧です: 高学年の女子児童の対応について(1):

« 20代の男性の先生に相談を受けて | トップページ | つれづれなるままに~村上春樹の本を読んで~ »