« 横浜野口塾 再度の連絡です! | トップページ | 高学年の女子児童の対応について(1) »

20代の男性の先生に相談を受けて

  20代の先生から相談のコメントが入った。

 担任はされてなくて、高学年の専科やTTを担当されているということ。
  ★ ★ ★
 高学年女子との接し方について書かれているので、私自身の悩みも書きたいと思います。
私は、これまで専科やTTなどで高学年の授業を担当し、高学年の児童と接することが多くありましたが、高学年の女子との関係作りに悩んでいます。
私は、その高学年のクラスの授業自体は問題なく成立しているのですが、
なぜか高学年の女子に嫌われているようで、
私が近づくと、わざと避けられたりします。
子どもとの関係ができていないため、
そのような行動に対しては相手にせず無視するように心がけていますが、
正直いい気持ちはしません。
あるときは、私がさわった場所は、まるでばい菌でもついているかのようなしぐさで、他の子にまわしたりしている場面もあります。
さすがに腹が立つのですが、強く注意すると反発されるのではないかとも思い、どうしようか悩みます。
教師として子どもと接する上では、
子どもに好かれようとは思わないほうがいいことはわかっていますが、女子児童にそのような態度をとられると、
どうしても気になってしまうのです。
このような状況がある中では、どのようにして高学年の女子児童と関係を築いていけばよいか教えてほしいです。
投稿: 20代男性教師
   ★ ★ ★
 この先生の悩みはよく分かる。
 こういう対応をされたら、気持ちが落ち込む。
 
 でも、こんな女子児童はいる、いる。
 この対応は、教師に対する「いじめ」と言っていい。
 
 こんないじめを誰にでも平気でやるのである。
 だから、日本のいじめは、これほど騒がれても少なくならない。
 
 私ならば、どうするだろうか。
 
 やはり、許せない対応である。
 ばい菌扱いした女子児童を1人ずつ呼び出す。
「あなたは、今日私が触れたことでばい菌扱いのような対応をしましたね。どうでしょうか……(きっと「していません」などと返事するかもしれない。)。でも、私は見ました。正直に私も話しますので、あなたも正直に答えてほしいです。
 私が今まで何かやったから、そのような対応をするのだと思いますが、私は何をしたのか分かりません。教えてくれませんか。私が直せることがあれば、そうしますので……。
 ……話せないのならばいいですよ。
 もしあなたが他の人に、ばい菌あつかいのようなことをされたら、あなたはどういう気持ちになりますか?……。
 しかし、二度とあのような対応をしないでほしい。
  今回は、私とあなただけの問題として押さえておきます。
 でも、もう一度あのような対応があったら、今度は、担任の先生や校長先生と一緒にあなたと話をしなくてはならなくなります。
 そういう状態にはならないことを信じています。」
 
 最後はちょっと脅しになっている。
 このような指導をしたことを、担任には話しておかなくてはならない。
 この程度は、私なら指導するはずである。
 
 ただ、1つだけ。
 なぜ、先生に対してばい菌扱いするような態度に複数の子供たちが出るのか、それは究明しなくてはならない。
 
 きっと、何か原因があるはず。
 親しい男の子に内密に聞いてもいい。
 ★
 先生は書かれている。
「教師として子どもと接する上では、子どもに好かれようとは思わないほうがいいことはわかっていますが、……」と。
 
 私はこの言葉にちょっと違和感がある。
 もちろん、子供たちにおべっかを使ったり、よいしょする必要はない。
 
 でも、「子供たちに嫌われないようにすること」は、今の時代、とても大事なこと。
 どうするか。
 
 笑顔で、元気に振る舞う。
 子供たちの活動にフォロー(ほめ、励まし、認める)をする(ただし、口先だけのフォローはしないこと)。
 私は、横糸を張り巡らすと言っている。
 
 元気な教師のそばにいる子供たちは、くだらない行動をする気持ちが萎えていく。
 
 ところが、私たちは、反対に陥りがちな「縦糸張り」をしている。
 
 たとえば、怖い顔を崩さない、大声で怒鳴る、良くない行動をした子供をみんなの前で立たせて叱る など。
 
 高学年の女子児童には、もっと細やかな「横糸張り」が必要である。
 そのことが今一番求められている。
 
 

 

|
|

« 横浜野口塾 再度の連絡です! | トップページ | 高学年の女子児童の対応について(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も高学年女子との関係で悩んでいます。1月までは、それほど関係が悪くなかったのですが、ここにきて、1人の女子児童とぎくしゃくしています。こころの相談員に、かっこつけてるや、特別支援の子への指導がきつすぎる、男子には、厳しいなどとあることないこと言っているみたいです。
思い当たる原因は、いくつかあるのですが、やはり女子児童に気を使いすぎていることがあるかもしれません。他の子たちとは、関係はいいのですが、あからさまな態度にクラスが引っ張られています。
1番の原因は、会社活動にあったと思います。お互いを競わせたことで、他の会社を真似する真似しないで、真似する時は、許可がいるなどとトラブルが続きました。
もしよろしければ、ご指導よろしくお願いします。

投稿: 20代男性教諭 | 2017年3月17日 (金) 23時15分

とても的確なアドバイスをありがとうございました。

ばい菌タッチは、子どもがターゲットになっているのであれば、
絶対に許さないと思っていましたが、
まさか私自身が標的になるとは思いもしませんでした。
私自身、教師として高学年女子と接する上で、
何か気をつけないといけないことがあると思っていたので、
なかなか強く指導しづらいなと思っていました。

私自身の改善すべきところは改善し、
子どもの間違った行動においては毅然と対応することがわかり、
自信をもって子どもの前に立つことができそうです。

ばい菌タッチをしている子どもからは、
私のことを「なんか気持ち悪い先生」と話しているのを聞いたことがありました。
具体的にどう改善すればよいかはあまりよくわからず、
行動に移すのは難しいなと思っています。

投稿: 20代男性教師 | 2017年3月18日 (土) 20時51分

先日は、私の高学年女子への対応についてアドバイスをいただき、ありがとうございました。

今年度、5年生と6年生の理科専科担当になりました。
私は、これまで年度か高学年の理科専科を担当しましたが、振り返ってみると、男子は比較的うまく関係を築けるものの、女子はなかなかうまく関係を築くことのできない子も多くいました。

また、専科の時間は、息抜きのような時間になり、
担任の先生が授業するときと比べていい加減な授業の受け方になるなどして、授業規律が崩れてきていることを感じることも多かったです。

専科の場合、担任と比べて子どもたちと接する時間も少ないため、
関係を築きにくいと感じることも多いです。
どんなことに気をつけていけばよいか、教えていただきたいのです。

投稿: 20代男性教師 | 2017年4月 9日 (日) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/65025390

この記事へのトラックバック一覧です: 20代の男性の先生に相談を受けて:

« 横浜野口塾 再度の連絡です! | トップページ | 高学年の女子児童の対応について(1) »