« つれづれなるままに~中村健一先生のブラック本3冊目出版~ | トップページ | 中学校の男子教員が、世界で一番の長時間労働 »

つれづれなるままに~九州はもう春の息吹が~

●26日、羽田へ急ぐ。

 これから宮崎空港へ行くことになっている。
 宮崎の西都市教育委員会から呼ばれている。

 14:15の羽田発~16:15宮崎空港着 2時間の飛行機旅である。
 知り合いのN指導主事に迎えに来てもらえる。
 
 宮崎に来るのは、もう何度目だろうか。
 ここは全てが広い。ゆったりとしている。

 その日は、夜、4人の先生たちと一献。
 一人佐賀大学教育学部(もう教育学部はないかもしれない)の卒業生という先生もおられて、「後輩ですね!」と盛り上がる。

●27日、朝9:00にN指導主事に迎えに来てもらい、西都市の三財小中学校へ向かう。
 この学校は小中一貫校。
 5年生に「味噌汁・ご飯」授業をする。

 20名ほどの参観者の前で、国語の詩の授業をする。
 素晴らしいクラスである。
 給食も、この5年生のクラスでいただく。
 ★
 給食を終えて、すぐに西都市文化ホールに移動する。
 ここで講演を行うことになっている。

 200名ほどの先生たちが集まってこられる。
 西都市のほとんどの小中の先生方だという。

 テーマは、「日常授業の充実を目指して」。
 ここの教育委員会は、「日常授業」の改善というテーマで取り組み始めておられる。
 そこで、私を呼んでもらえたわけである。

 80分の講演。
 
 日本の「授業研究」を支えてきた「ごちそう授業」の限界がはっきりしてきた、と私は思っている。1,2時間の「ごちそう授業」にどんなに力を入れて取り組んでも、1000時間以上の「日常授業」は、そのままに放置されてきた現状がある。

 私たちは、この「日常授業」をターゲットにしなければ現状の課題を克服できないと言い切っている。

 日本各地の教育委員会がそのことに気づき始めている。
 そういう動きが各地で見え始めている。

 今はアクティブ・ラーニングで大騒ぎをしている。
 しかし、そのアクティブ・ラーニングも、所詮「ごちそう授業」として提起されていく限り何も変わらない。
 アクティブ・ラーニングが一人歩きしている現状は、きっとそうなっていくと、私は思っている。

 西都市の先生方には熱心に耳を傾けてもらった。
 手応え十分。
 
 終わってから西都原古墳群に案内してもらう。
 佐賀の吉野ヶ里遺跡よりも規模的には大きいものである。
 弥生時代に栄えた集落跡がずっと続く。

●28日、今日は佐賀へ行かねばならない。
 姪の結婚式に参加することになっている。

 15:00の式に間に合わねばならない。
 ちょうど、宮崎空港から福岡空港への飛行機がある。
  11:30発~12:20着。50分のフライト。

 それからが大変であった。福岡空港は工事をしていて、今までとは違って混乱している。うろうろとして、やっと地下鉄の駅に着く。
 
 急ぎ博多駅へ行き、長崎行きの特急に乗る。
 スムーズに何とか乗れる。
  14:00に佐賀へ着く。

 駅前のホテルへ荷物をあずけ、急ぎタクシーで式場へ向かう。

 佐賀は晴れわたっていて、暑いぐらい。
 もう春の息吹が聞こえるようだ。
  ★
 式場に着き、いつもの親戚の人たちと「やあ、やあ」と挨拶。うれしい出会い。

 初めて姪のお婿さんにお会いする。
 なかなかの「イケメン」である(笑)。

 16:00から披露宴が始まる。
 初めて、このような披露宴に参加した思いになった。
 席に着くとすぐに「食べ始めてください」と誘われる。

 しばらくすると、花婿花嫁の入場。
 乾杯の音頭があり、そこここで会食。

 花婿花嫁の紹介が、ビデオである。さまざまな飲み物、食べ物が振る舞われ、ゆっくり食べてくださいということ。

 ゆったりした、素晴らしい披露宴になっている。

 終わって、その日は、佐賀駅前のホテルに泊まる。
 
●29日、移動日である。
 福岡の久留米に行く。
 30日に、福岡県三井郡大刀洗町立本郷小学校に行くことになっている。
 
 久留米駅のステーションホテルへ泊まる。
 私は郷里は佐賀なのだが、久留米に来るのは初めてではないだろうか。
 
 この久留米では、芸能人の藤井フミヤや松田聖子、田中麗奈、そして最近売れっ子の吉田羊も、ここの出身である。

 この日、久留米の街を歩き回る。とにかく全てが広い。道も、街の作りも。

●30日、9時に本郷小のI先生に迎えにきてもらう。大刀洗町まで40分ほど。
 
 ここは、かつて「大刀洗飛行場」があった。
 陸軍の飛行場として有名なところで、太平洋戦争の末期には、特攻隊として訓練する中継基地になっていたところである。

 平和記念館に行きたかったのだが、時間がない。
 ★
 本郷小学校へ到着する。
 校長先生、教頭先生の出迎えを受ける。

 この本郷小へ呼ばれたのは、日本教育新聞の記事からである。
 この新聞に、「味噌汁・ご飯」授業の記事が出たことがある。それを校長先生が見られて、ぜひとも話を聞きたいということになった。

 この学校では、すでに私たちが出版している『「味噌汁・ご飯」授業 国語編』の本を、各先生方が読まれている。そして、国語の授業で実践されている。

 3,4時間目に、4年生、5年生の国語の授業を見せてもらう。
 その授業展開では、授業の最初に5分間の音読があり、そしてそのあとに「読解トレーニング」が取られる。
 これは私たちが提案していることである。

 子供たちはとても読解力が付いたと、校長先生は語っておられた。
 その後、校長室で、給食を食べながら、授業をした先生たちと話し合う。私の感想を率直に伝える。
 ★
 5時間目に、3年2組の子供たち相手に「味噌汁・ご飯」授業をする。
 元気な子供たちが多く、楽しい授業になる。
 素晴らしいクラスなのである。
 指導主事の先生たちにも、多く参観してもらう。うれしいこと。

  その後、ぴったり90分の講演。よく聞いてもらえる。ありがたい。
 ★ 
 福岡空港へ急いでいた。
 5人の先生たちに付き添ってもらって、車内でさまざまに話をしながら向かう。わざわざ空港で見送りしてもらうなんて、申し訳ないことである。

 19:00発の羽田行き。
 工事中の福岡空港は、混雑している。

 急ぎ弁当を食べ、乗り込む。
 羽田へは、21時頃に着く。

 九州への4泊5日の旅が終わる。
 もう九州は、春の訪れ。
 春の九州は、元気になるところである。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|
|

« つれづれなるままに~中村健一先生のブラック本3冊目出版~ | トップページ | 中学校の男子教員が、世界で一番の長時間労働 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/64840373

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~九州はもう春の息吹が~:

« つれづれなるままに~中村健一先生のブラック本3冊目出版~ | トップページ | 中学校の男子教員が、世界で一番の長時間労働 »