« 大切なことは、逃げないこと。 | トップページ | 童神先生へ~ただ1つだけ勘違いがあります~ »

つれづれなるままに~岩見沢市立南小の本が出版~

   ●2月17日に「味噌汁・ご飯」授業シリーズ本が出る。

 大曲小、網走小に続いて、北海道シリーズの3冊目である。
 北海道岩見沢市立南小学校からの本。
 
 算数本であるが、私が監修をしている。
 私が最初にこの学校を訪問したときに驚いたことがある。
 
 高学年の算数ノートの素晴らしさ。
 全部の子供たち。
 「これは、これは、すごいことになっている!」と思ったものである。
 
 聞いてみると、全国学力テストはすでに秋田県の平均を抜いたということ。
 この6年生なら、それはそうであろうと思われるものだった。
 
 この学校が何をやったのか。ぜひこの本を読んでほしいものである。

  Photo


●愛知県あま市の甚目寺南中学校から呼ばれて、訪問した。
 先生たち相手に、道徳の模擬授業を行い、そして学級経営のことについて話した。

 小学校だけしか経験したことがない私が、中学校で何が語れるかなと思ったが、仕方がない、小学校のことを語るしかないのである。
 
 数年前まではこの学校は、荒れていたらしいが、今年度は一番落ち着いた状態ができていると、教頭先生が語られていた。

 講座を行って、確かに先生たちの元気さと、明るさは、この学校の状態を物語っていると思われた。

 学校は、先生たちが元気でなければ始まらないのである。
 そのことをこの中学校はみごとに表現されている。

 校長先生が、「先生たちにお願いしたことがあります。『どんな子供にも一声かけてください』と。」と言われた。
 
 講座が終わって校長先生と校長室に帰っていると、玄関に一人の生徒がいた。校長先生は、窓をどんと叩いて合図をされていた。
 私は、このことだと思った。

●教育新聞の最後の連載原稿3月号を送った。
 12回にわたって書き続けてきた原稿である。
 
 1200字の原稿。
 1つのテーマしか書けない。
 
 文章力が試されるのだ。
 それでも、苦しむことなく書き続けてこられたのはうれしいできごとだった。
 
 いやいや、むしろ自分の実践をまとめられることの喜びの方が大きかった。ありがたいことである。
 
 

|
|

« 大切なことは、逃げないこと。 | トップページ | 童神先生へ~ただ1つだけ勘違いがあります~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/64883027

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~岩見沢市立南小の本が出版~:

« 大切なことは、逃げないこと。 | トップページ | 童神先生へ~ただ1つだけ勘違いがあります~ »