« つれづれなるままに~変化球を覚えてください~ | トップページ | つれづれなるままに~九州はもう春の息吹が~ »

つれづれなるままに~中村健一先生のブラック本3冊目出版~

●学陽書房から連絡があり、『必ずクラスを立て直す教師の 回復術!』が6版になったということ。

 うれしいことである。
 
  この本は、途中でクラスが荒れてきたときに、どのように回復させる手立てを取るかという方策を書いている。
 それとともに、どのように教師ははやく仕事を終えるかという仕事術も書いている。
 
  2012年に出版したのであるが、ずっと売れている。
 ありがたいことである。

●玉置崇先生から頼まれて「教育と笑いの会」に出ることに なった。野口芳宏先生が、玉置先生に相談して成立した会である。なかなか好評だということで、全国各地で開かれるようになったらしい。
 
  私が子供たちに話していた『怖い話・汚い話・おもしろい話』をすることになった。15分の出演。
 
  以前にも話はあったのだが、あまりにも「子供だまし」の話なので断った経緯がある。
  今回は、その「子供だまし」をする。


●フェイスブックに心温まる話題が載っていた。
 
★ ★ ★
 秘境駅の1つと言われる、北海道にある小さな駅が、今世界中から注目を集めている。

きかっけとなったのは、先週、中国中央電視台がフェイスブックに投稿した記事だ。

こちらがその投稿▼

JR北海道の石北本線、旧白滝駅にたたずむ1人の女子高生の写真が紹介されている。

この駅は旭川と網走の間を走る石北本線の駅の1つだが、今から3年前廃駅となることが決まった。

しかし、客はいないと思われていたが、たった1人、毎日利用している女子高生がいることがわかり、廃止に待ったがかかったそう。

現在列車は、女子高生の登下校の時間に合わせこの駅に停車。
そして今年の3月、彼女の卒業を待ち同駅は廃止されるという。

旧白滝駅については、複数の海外メディアでも取り上げられ、「心温まる話」「たった1人のために…良い国ですね」「国民のことを最優先に考える国は愛される」「1人の子どもも見捨てないという鉄道会社、国の姿勢が素晴らしい」「日本に脱帽」「ぜひ旅行で行ってみたいから、廃止しないでほしい」といった声が多数あがっている。
  ★ ★ ★
 
 赤字で苦しむJR北海道を見直した記事である。
 
●中村健一先生が、また『策略 ブラック授業づくり』(明治図書)を出版された。
 1冊目のブラック本は、2016年の明治図書本で第1位の本。それほどに注目された本になる。
 
 今回は、「授業づくり」で書かれている。
 ほとんど私たちの「味噌汁・ご飯」授業と主張は同じである。
 
 健一先生が「ブラック」というネーミングを使ったところを、私たちは「味噌汁・ご飯」というネーミングを使ったという違いになる。
 
 健一先生の方法論は、明確である。
 目の前の子供たちに合わせて、こちらの方法を変えていくということ。
 困難校で身に付けた方法論が、「ブラック」というネーミングを呼び込んだのである。 

  さまざまな批判や非難があるであろう。
 自分の方法論にこだわっている人は、必ずそうなる。

 私は、今学校現場が抱え込んでいる困難な事態を、的確な言葉で表現したい思いがあるが、うまく言葉化できない。

 健一先生は、そのことを「ブラック」という言葉を使ってうまく駆使したのである。

 今までの伝統や習慣が、大きく崩れ去っていく。
 それにしがみつきたい人たちがいる。

 でも、もう無理なのだ。
 目の前の「リアルな現実」に合わせて、私たちは何ができるのか、そのように問う以外にない。

 健一先生の本は、そのように私たちに問いかける。

|
|

« つれづれなるままに~変化球を覚えてください~ | トップページ | つれづれなるままに~九州はもう春の息吹が~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 野中先生、ご無沙汰しております。

 まず、謝らなければならないことがあります。以前「クラスが落ち着いてきた」と書いたのですが、あれからまた騒がしくなってきています。

 やんちゃな男子3人に加え、衝動的な行動を取る子が別に2人、つられて騒いでしまう子が2人(4人のうち2人は、他の先生から「発達障害の傾向があるのでは?」と言われています)おり、この7人の誰かが毎日のようにトラブルを起こします。

 一・二校時はどうにか担任主導で無理やり静かにさせているのですが、2校時の少し長い休み時間あたりから騒がしくなり、掃除・昼休み時間・5校時と進むにつれ、騒ぐだけでなく上記の7人が誰かとケンカを始めてしまい、授業自体ができなくなってしまうことも少なくありません。

 他の先生からは「(子供達への)注意が多すぎるよ」とよく言われ、自分でもあまり叱らないようにと思ってはいるのですが、暴れて友達へ暴言を吐いたり手を出したりするような子もおり、怒鳴ってでも言うことを聞かせないと、安全さえ守ることができません。

 やはり4月、野中先生のおっしゃる「縦糸」を上手く張れなかったことが、現在まで響いていると痛感します。

 正直、このまま教員を続けていいものかどうか悩んでもいます。

 教員としてやっていきたい気持ちはあります。しかし、自分のような力のない人間が教員を続ければ、子供達や周囲の先生方に迷惑をかけるだけだと考えたりします。

 もちろん3月までは、何があっても続けます。それが責任です。しかし、その後のことは……

投稿: 童神 | 2017年1月22日 (日) 01時35分

野中先生、大変ご無沙汰しております。

そして童神先生はじめまして。
福島県の県北地方で常勤講師をしておりますkawamuと申します。

童神先生のコメントや記事を拝見させていただいて、私もいろいろと勇気をいただきました。
先生の現状をあまりよくわからない私が言うのも何ですが、3月までなんとかやりきろうという気概が今は、一番大事だと思います。
私もそれほど経験がある訳ではないのですが、これだけは言えるのが、4月になるといろんな意味でリセットできます。
それは子どもも私たちも。

正直、私もこの先この仕事を続けてもいいのかと日々悩んでいます。
でも、4月になったらまたやり直すことができるし、よくも悪くも今の自分の悩みや経験がいろいろな形で自分の糧になると思って、残りの2ヶ月間を凌いでいこうと思っています。

野中先生のこのブログに出会ってから、全国各地にいろいろな想いや悩みを抱えながら、この仕事を続けている仲間たちがいることに勇気づけられて、なんとかここまで続けてこれています。
悩みは人それぞれだと思います。
ちなみに私は学年の先生たちとの足並みが合わずに悩んでいます。
お互い頑張るとは言わずに、この場を通して出会った仲間として共に歩んでいきませんか?

私は、童神先生の「3月までは、何があっても続けます。」の一言に勇気づけられました。

投稿: kawamu | 2017年1月22日 (日) 18時54分

童神先生、その後クラスの状況がまた良くないことの連絡を受けました。
 
 でも、確かに良くなっていたわけですね。
 私はすんなりとうまくいくとは思っていませんでした。

 クラスの子供たちは、大変なのです。
 それを乗り越えていくためには、直線的にクラスが良くなっていくことはないのですよ。
 良くなったり悪くなったりを繰り返しながら少しずつ良くなっていくわけです。

 そんなに落ち込むことではありません。
 童神先生が考えられている状況より、子供たちの生活する状況はずっとずっと広いんですから。問題は起こります。
 
 童神先生は、すぐに自分の問題として引き受けてしまうところがあり、それで落ち込んでしまうのですね。
このまま教員を続けて良いのですよ。
 初任の頃、このような事態になった先生なんかかなり多くいますよ。
 うまくいかない経験をこんなにしているのですから、来年度は縦糸をうまく張っていくクラスを作ればいいのではないですか。
 そうして、少しずつ力量をつけていくことです。
 それで何か問題がありますか?
kawamu先生のコメントをじっくり読んでほしいと思います。
 

投稿: 野中信行 | 2017年1月23日 (月) 13時26分

野中先生、こんにちは。

そして、童神先生、kawamu先生、初めまして。山形で小学校教員をしている鈴木といいます。

 私も、かつて新卒初任者で、学級づくり、授業づくりの何もかもが分からず、学級を掌握できず、「このまま教師を続けていいのだろうか」と悩んだ日々を送っていました。現在、教職10年目を迎えますが、未だに悩み続ける日々です。

 でも、新卒時代の困難な日々の中で、野中先生の書籍やブログに学び、支えられ、セミナーで直接ご指導をいただいたことが、現在の私の「学級づくり観」の基盤となっています。もし、かつての困難な日々がなかったら、これからますます困難を極めるであろう学校現場における学級づくりの重要さや、学級づくりのコツやポイント、学級を安定軌道に乗せる際の視点の多様さ、などなど、現在の私を形づくっている教師としての「信念」は、薄っぺらいままに終わっていたと思いますし、それにすら気づかない、気づけない教師になっていたかもしれません。

 そして、そうした困難の中で、野中先生から学んだ「学級づくりの視点」をもとに学級づくりに励む過程で、わずかながらも見えた子どもたちの成長や、集団としてのまとまりが見えた瞬間が自信になり、前に進んでくることができました。もちろん、野中先生もおっしゃっておられるように、浮き沈みを繰り返しながらの毎日でしたが、子どもたちは確実に成長していたと思います。そして、それは自分自身もです。

 4月の学級開きで気持ち新たにスタートし、1年間、困難に向き合いながら励んだ経験は、必ず自分自身を支える自信になります。童神先生は、ただ困難に喘ぐのではなく、こうして野中先生のブログに学び、実践し、前を向いて進んでおられますね。それはかけがえのない、素晴らしいことだと思います。

 これからの教育現場は、若い先生、特に初任の先生達にとってますます過酷なものになっていくのは確実です。でも、進むべき道筋を見据えてひたむきに努力し、何より「子ども達を伸ばす」という使命を抱きながら、毎日子どもたちに向き合うことが、子どもたちの、そして自身の人生を実りあるものにしていくのだと信じて疑いません。
共に、子どもたちを伸ばすためにがんばりましょう

投稿: 鈴木玄輝 | 2017年1月23日 (月) 23時20分

こんばんは。ご無沙汰しています。みみこです。童神先生、私も日々戦場にいるような日々を送っています。野中先生にもよくメールで相談をし、励ましの言葉をかけてもらっています。
私はずっと常勤講師をしていて、今年初めて初任者として新しい小学校に赴任しました。立ち歩く子やすぐに切れて暴れる子が何人かいるクラスで、自分のペースがつかめず、気がつけば、学級づくりがうまくできませんでした。夏休み明けに博士方式を取り入れたものの、それもマンネリ化してきていて、日々苦戦しています。自信を失い、辞めたいと思うこともよくあります。でも、支えてくれる家族の存在に日々救われて頑張っています。
三月まであとわずか、早く終わって欲しい気持ちと、このままで終わるのは嫌だという気持ちが入り混じって複雑です。童神先生のメッセージを読んで、少し元気をもらいました。お互い、体を壊さないように頑張りましょう(^o^)

投稿: みみこ | 2017年1月29日 (日) 19時36分

野中先生
お久し振りです。
昨年度、たくさん相談に乗っていただいたおかげて、今年は無事に、6年生も3学期まで参りました。毎日が楽しく、慌ただしく、あっという間に1年が過ぎました。
先日、松森先生にお会いしました。野中先生の「必ずクラスを立て直す」を読み、すがりついたセミナーで出会ったのが松森先生でした。
野中先生にぜひ一度お会いし、感謝をお伝えしたいです。コメント載せていただいても構いません。

投稿: 岡田 | 2017年2月 1日 (水) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/64789961

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~中村健一先生のブラック本3冊目出版~:

« つれづれなるままに~変化球を覚えてください~ | トップページ | つれづれなるままに~九州はもう春の息吹が~ »