« ノリ先生へ~ホットタイムの時間にできるか?~ | トップページ | つれづれなるままに~中村健一先生のブラック本3冊目出版~ »

つれづれなるままに~変化球を覚えてください~

●1月10日、14:00に女満別空港へ着く。

 ほぼ時間通り。
 晴れている。良かった。
 
 日本海側は大荒れなのだ。
 ところが、オホーツク海側は晴れている。

 北見教育委員会の室長に迎えにきてもらっている。
 今回は、「ベテラン教諭等指導力向上研修会」に講師として参加する。
 空港から北見まで40分ほど。

 早速、北見のホテルへ入る。
 とにかく寒い。
 朝方はマイマス20℃になったということ。
 体験したことがない寒さである。
 ★
 1月11日、朝迎えに来てもらえる。
 講座は、端野小学校で行われる。
 
 今年新しく作られたという学校へ向かう。
  素晴らしい学校。
 北海道の学校は素晴らしい学校が多い。
 それだけ住民の方が、学校を大切にしておられるという気持ちが伝わってくる。

 参加者は32名。
 最適の人数。
 ベテランの先生方に混じって、若い先生方もおられる。

 午前中は、「学級づくり」講座。午後は「授業づくり」講座。演習形式で進めていく。
 ★
 午後の「授業づくり」は、3人の先生方に模擬授業をしてもらう。
 私の要望で実現した。
 15分ぴったり。算数の授業。
 教科書でいえば、例題指導のところにあたる。

 このようなことは初めての試みらしい。
 3人の先生方にも戸惑いがあるはずである。
 しかし、ベテランの先生たちの授業。なかなかである。

 今回のことを始めとして、各学校でも模擬授業形式の研修をぜひとも進めてほしいと訴える。
 ★
 最後に、ベテランの先生方へ向けて、野村克也さんの言葉を伝える。
  ★ ★ ★
 「よくピッチャーにこういうことを訊く。『どうして変化球を投げる必要があるのか?』と」
 「『配球にヤマを張らせないように』と答える。
 球種を多く持つことで打者のねらいをぐらつかせる―確かにそれもある。だがいちばん大事なことを忘れている」
 「変化球の必要性とは、スピード不足とコントロール不足を補うためである」(『野村ノート』小学館)
 ★ ★ ★
 野村さんは、その後に続けて、往年の名選手金田や稲尾や米田、皆川たちが、変化球を覚えることで長生きをし、大記録を作った話題を書いている。

 「変化球を覚える」のは、長生きをするため。

 「先生たち、ぜひとも変化球を覚えてください。
  もう若さで突っ走ることができなくなっているわけです。どんな変化球を覚えるかは、一人一人違います。でも、その変化球を覚えなければ、これからの教師人生を豊かに過ごすことができません。ぜひとも、変化球を覚えてほしい」と締めくくりました。 
  ★
 12日、また女満別空港へ行く。
 晴れている。
 この3日間、晴れていて助かった。
 

|
|

« ノリ先生へ~ホットタイムの時間にできるか?~ | トップページ | つれづれなるままに~中村健一先生のブラック本3冊目出版~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/64765505

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~変化球を覚えてください~:

« ノリ先生へ~ホットタイムの時間にできるか?~ | トップページ | つれづれなるままに~中村健一先生のブラック本3冊目出版~ »