« 今、算数の「味噌汁・ご飯」授業を作っています! | トップページ | 横浜でのいじめ事件 »

つれづれなるままに~菊池省三先生とばったり会う~

●11月12日、朝急いでタクシーで新横浜へ向かう。

 愛知県の弥富総合社会教育センターでの「力量向上セミナー」。ホールで150名ほどの先生が集まるということ。
 風邪から回復し、やっと間に合ったという感じである。

 テーマは、『学級づくり、授業づくりを軌道に乗せる』~今、学校が問われていること~。

 会場へ着くと、弥富市の教育長もかけつけてこられる。
 講演の最後まで付き合われる。ありがたいことである。
  ★
 「学級づくり」は、今「学級づくり」の時代が訪れていることを強調する。
 学級をきちんと成立させなくては、もはや授業などできなくなっている時代である。
 
  ポイントを3つ。
 ①「学級づくり」を土台にすること。
 ②勝負は1ヶ月。
 ③8割の子供たちを味方にすること。
 ★
 「授業づくり」は、最後にアクティブ・ラーニングのことについて話をする。
 大切なのは、子供たちに「基礎体力」をつけることだと強調する。
 
  それは、3つ。
 ①自分の考えを持ち 
 ②それを言語化し、
 ③人に伝えることができる。

 この「基礎体力」をきちんと「日常授業」の中で育てていかなくては、アクティブ・ラーニングなどは機能しないと、強調する。
 ★
 先生たちは、熱心に耳を傾けてもらえる。
 こんな土曜日に、わざわざ出かけてこられたのである。
 1つでも、2つでも、何かつかんで帰ってほしいのである。
 ★
 晴れ渡った一日。
 月が輝く。14日は、最大のスーパームーンになると。

 8時過ぎ、いつものように新横浜の駅に到着し、急いでいると、何とばったり菊池省三先生に会う。
 「やあ、やあ」と。
 
 今から三重へ行くのだ、と。
 相変わらずの忙しさ。
 テレビのプロフェッショナルで有名になってから、げっそりと痩せて心配していたのである。
 
 しばし立ち話をする。
 数年前(まだ菊池先生がこんなに有名になる前のこと)、菊池先生から北九州に呼んでもらって講演をした経緯がある。
 何度も何度も、握手をして別れる。

●教育新聞の12月号の原稿を送る。
 読んでいただいている方が結構おられて、元気が出る。

●いじめについての原稿依頼がある。
 1冊の本にされるということで、その中のいくつかの原稿依頼である。
 引き受ける。
 1週間程度の時間があるので、そこで何とかなる。

 

 


|

« 今、算数の「味噌汁・ご飯」授業を作っています! | トップページ | 横浜でのいじめ事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~菊池省三先生とばったり会う~:

« 今、算数の「味噌汁・ご飯」授業を作っています! | トップページ | 横浜でのいじめ事件 »