« アクティブ・ラーニングは危険である! | トップページ | つれづれなるままに~襟裳から帰ってきたら風邪を引く~ »

はらぐろ先生へ~理不尽なことに負けないで!~

  北海道に行っていました。

 そのために、この「はらぐろ先生」へのコメントが遅れました。ごめんなさい。

 ★ ★ ★
 はじめまして。書店で先生の著書を拝見し、ここへたどり着きました。
私は今年度から小学校で講師として働いています。
来月末に研究授業を控えているのですが、毎週のように行事があり、もう無理だろうなと思います。
子どものことを考えろと言われても仕方ありませんが、もう学校へ行きたくありません。

私のクラスは僻地の少人数学級です。
軽度知的の特別支援児童がいるので、特別支援の先生も教室にずっといます。
この先生の授業態度が非常に悪く、頬杖、ため息、背もたれに腕を掛けて足を投げ出す、やれやれといった仕草をすぐにする、一学期には「時間の無駄」と授業中に吐き捨てられたこともありました。
さらに他の教員に私がいかにできていないかを逐一報告します。
校長に助けを求めても、話し合って解決しろ、他の教員もあなたを心配している、相談しろ、と言われるだけです。
陰口を吹き込まれている相手に何を相談できましょう。
遠巻きに見ているだけの人が心配してくれているから一体何だというんでしょう。

一年目で授業が下手なことは自覚しています。
書店で本を探し、自分なりに授業の質を上げようと努力はしています。
しかし、その授業を見るのは数少ない子どもと、意地の悪い特別支援だけです。
学校行事では学年で決まっているからとまとめ役をあてられ、分からないことを聞こうにもたらい回しをされ、できないことを叩かれ、あとで申しわけ程度に一年目だからわからないよね、と慰められ。

研究授業や職員研修もしていますが、誰も、何のためにやっているのかわからないような状態です。

一度担任を受け持った責任と、採用試験のために経歴をつけないようにという思いだけで毎日を過ごしています。
早く4月になって、この学校から離れたいという思いで一杯です。

味噌汁ご飯授業の研究会や勉強会は今はされていないのでしょうか?
もしされているのであれば、ぜひ参加させていただきたいです。

投稿: はらぐろ
 ★ ★ ★
 なんとも腹立たしい思いになりました。
 特別支援の教師は何でしょうね。
 まだ採用前の先生の授業がうまくないのは当たり前です。だから、教えなければいけないでしょう。
 それを何でしょう。この態度は!
 
 まずい授業ならば、自分が変わって授業をしてみせて、教えてやればいいではないですか。簡単です。
 そんなことをやらないで、ただ悪態だけつくのです。
 
 教師としてというより、人間として最低なやつです。
  テキトウにつきあうことです。

 それでも、先生はがんばらなければいけないです。
 教師へなろうとする望みがあるのですから。
  ★
 若い頃、理不尽なことばかりが起こります。
 投げ出したいという心境に陥ります。

 でも、でも、がまんして、がまんして、目の前のことに向き合います。できる精一杯のことをやればいいです。

 きっとそのことがいずれ身になってきますから。

 絶望的だと思うことでも、もう少し先、もう少し先、と進みます。
 そのうちに道が開けるときが訪れます。必ずですよ。

 そのように世の中の仕組みも、人生の仕組みも、成り立っているのですから。
 ★
 「味噌汁・ご飯」授業研究会ですね。
 今、算数の「味噌汁・ご飯」授業を作っています。

 ここ何回かは非公開で行いました。
 今のところ、なかなか公開の研究会を開くことができませんが、いずれ考えていきたいと思っています。
 これからもブログ、読んでくださいね。
 


|
|

« アクティブ・ラーニングは危険である! | トップページ | つれづれなるままに~襟裳から帰ってきたら風邪を引く~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/64438179

この記事へのトラックバック一覧です: はらぐろ先生へ~理不尽なことに負けないで!~:

« アクティブ・ラーニングは危険である! | トップページ | つれづれなるままに~襟裳から帰ってきたら風邪を引く~ »