« つれづれなるままに~菊池省三先生とばったり会う~ | トップページ | 滑走寺先生の相談に答えます! »

横浜でのいじめ事件

  福島第一原発事故で福島県から自主避難した中学1年の男子生徒がいじめを受けて不登校になっている問題が話題を集めている。

 
 横浜市の林文子市長が記者会見で、学校側の対応の遅れの原因を調査するように委員会に指示したことを明らかにしていた。
 ★ 
 またしてもである。
 私の地元である横浜で、こういういじめが再び明らかになっている。
 
 心痛めることである。
 多くの人たちは、「またしてもか!」と思っているはずである。
 
 これほどいじめは騒がれてきたのに、一向になくならない。学校は何をしているのか?教師たちは、何をしているのだろうか?
 怒りがこみ上げてくることであろう。
 ★
 私がまだ現役の頃と、今の事態は何が違っているのだろうか。
 はっきりしているのは、「いじめ防止対策推進法」という法律が2013年6月28日に与野党の議員立法によって国会で可決成立し、同年9月28日に施行されていることである。
 
 文科省や教育委員会の指示のレベルではない。
 はっきり法律として可決されていることである。法律だから守れなければ罰則がつく。

 この法律で何が変わったのか。

 ①各学校は、いじめ防止の取り組みなどの「学校いじめ防止基本方針」を必ず定めなくてはならない。策定には、保護者などにも参画してもらい、策定後は公表する。

  ②各学校は、複数の教員、心理や福祉の専門家、弁護士、医師、警察経験者などによる「いじめ対策委員会」を必ず設置しなければならない。同委員会は、いじめの通報や相談などの窓口ともなる。

  ③各学校は、いじめがあると思われる時は、速やかに事実関係を確認し、措置を講じるとともに、その結果を教育委員会に必ず報告する。

  ④各学校は、いじめの定期的なアンケート調査や教育相談を実施し、いじめを訴えやすい体制を整える。

  ⑤子供の心身の安全や財産に関わる「重大事態」が発生し、または発生する恐れがあれば、直ちに警察に通報し必ず援助を求める。

  ⑥「重大事態」の申し立てがあった場合、その時点でいじめはないなどと考えず、「重大事態」として教育委員会に報告し、調査する。

 ①から⑥までのことをきちんと各学校は実施しなければいけないことになったのである。
 ★
 先生たちは、もう一度「いじめ防止対策推進法」を読み直してほしいものである。
 
 今回の横浜のいじめ事件は、この①から⑥がきちんと施行されていれば、こういう新聞沙汰になることはなかったはずである。
 
 小学校の2年生段階で徹底的に「いじめ防止」をしておけば、このような事態になることはなかったのである。

 問題は、ここである。
 この学校はやっていない(はずである)。
 
 法律など、当事者が守ろうとしなければ意味がないからである。
 ★
 どうしてこういう事態になるのか。
 恐らく、学校現場にいない人たちにとっては、不可思議な現象であるに違いない。
 
 でもはっきり言っておきたいが、学校現場では、こんな事態だけではなく、いじめを防止し、解決した事例なんかごまんとあるに違いない。そんなことなんか報道されないだけである。
 
 だからこそ、何で先生たちは、こういう金品に関わることを見つけられないのか?
 何で先生たちは、子供や保護者が訴えていることを真剣に取り上げようとしないのか?
 こんな疑問がわき上がる。
 
 この問題の根っこには、教師の多忙さ、仕事の多さによる疲弊感が横たわっていると、私は睨んでいる。

 こうした重要な「いじめ対策」が、数多くある仕事のうちの1つとしてしか受け止められない感覚とでも言えばいいかもしれない。

 部活指導、生徒指導、児童指導、教材研究、学級指導、保護者との相談、さまざまな研究会……これらの仕事の1つとして「いじめ対策」がある。
 
 これにばかり力を注いでいるわけにはいかないのである。
 目の前の蠅を振り払っていくのに精一杯。
 これからも、道徳、英語の教科化、アクティブ・ラーニング等が控えている。

 だから、今回の事件を契機に、学校の管理体制などをさらに強めていくことが予想される。
  ますます教師たちはぼろぼろになる。
 
 「たし算発想」で何でもかんでも積み足してきた、その結果がこういう現象を起こしてきていることを、文科省も教育委員会も、真剣に考えなければいつまでも同じようなことが続いていく。

|
|

« つれづれなるままに~菊池省三先生とばったり会う~ | トップページ | 滑走寺先生の相談に答えます! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先生ご指摘のとおりだと思います。
 加えて思うことが、この学校の状態がどうか、ということです。
 学級崩壊・学年崩壊・学校崩壊が日常化したなら、こんな感覚になっていたのではないでしょうか?

「何、お金を要求された?いくら?〇万円?なら、警察に(も)届けて?それなら(しょうがないけど←ふだんいわないが)対処する」
 落ち着いた状態の学校では考えられないことが、ふだんの感覚になってしまっていた、と考えます。

 もちろん、いきなり「お金をくれ」になるわけはありません。最初は、悪口・からかい・小突き合いだったはずです。そこで、適切に対処できれば、絶対「お金・・・」とはならなかったはずです。

 社会科教師の私としては、ふだんのいじめ解決の指導に加えて、福島県民の立場を理解させる絶好の機会であるととらえます。指導の仕様によっては、「この子のために、何ができるか考えよう」となった可能性もあったでしょう。

 ただ、そんなことも考えられないほど、教師が疲弊していたのではないでしょうか?


 (ここからは、個人的意見です)
 深刻ないじめ(いや、児童生徒の犯罪事件)が報道されるたびに思うのですが、いくら言っても言うことのきかない児童生徒(保護者も?)に対して、「戒厳令」のような制度が必要だと考えます。現法令では、教育委員会による出席停止(の永久化)でしょうか?
 しかし、文科省のHPを見る限り、ぬるすぎます。もっと厳罰化に近い制度にすべきです。できれば、校長に権限を与えてほしいとも思います。いじめ(犯罪)をしても別に問題ないじゃん、と思われかねないので、もっと厳しくすべきです!!!

 こういう意見を書くと、「加害者の人権は、学習権は、・・・・」とか言いそうな「人権団体」がいますが、そういう人たちには、「だったら、あんたらで全部解決してくれ。加害者も被害者も納得する方法で。それではできないから、強烈に言っているんだ!」と言い返しますね!!!!

投稿: TOSS超末端教師 | 2016年11月19日 (土) 11時15分

野中先生、こんにちは。
岩手の平野と申します。元教員です。
このニュースを聞いた時、私の頭に最初に浮かんだのは、先生が指摘されたことと、全く同じでした。
>この問題の根っこには、教師の多忙さ、仕事の多さによる疲弊感が横たわっていると、私は睨んでいる。
その通りです。私も強く賛同します。
この事件について、第三者委員会は「教育の放棄に等しい」と学校側を非難したそうです。それは正しいとして、でも私は、
「教育の放棄? 教育を放棄しているのは、この国自身だろ」と、真っ先に思ってしまいました。
なぜ今の学校教育は機能しないのか、もっと根本を変える発想を持たないと、これからますます悪い方向に進む気がしてなりません。

投稿: 平野 浩 | 2016年11月19日 (土) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/64512726

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜でのいじめ事件:

« つれづれなるままに~菊池省三先生とばったり会う~ | トップページ | 滑走寺先生の相談に答えます! »