« 横浜いじめ事件、その後②。 | トップページ | つれづれなるままに~またまた、北海道です~ »

童神先生のクラスが落ち着いてきている!

  童神先生から、その後のクラス状況の報告があった。

 うれしいことである。
 一時体調を崩していたということであるが、これで一気に良くなるはずである。見通しができたのである。
 
  ★ ★ ★
 野中先生、ご無沙汰しております。その節は色々とご助言ありがとうございました。

 あれから、クラスが少しずつ落ち着いてきています。もちろん経験を積んだ先生から見れば、まだまだ騒がしくけじめのない学級だと思います。しかし、初心者の僕にとっては、これまでなかなかできなかったことがようやくできるようになり、「やっと」という思いです。改善されてきたのは、以下の点です。

①5~10分も開始時間に遅れていた給食準備が、間に合うようになった。

②授業開始時、教師が指示しなくても、ノートを開けて待っている子が増えてきた(そのうちの一人は、以前手を焼いていると書き込んだやんちゃな三人組のうちの一人です)。

③授業中、ノートを書いている時に「シーン」と静まり返る時間が増えてきた。「すごい集中力だね」と褒めています。

④掃除をさぼらず頑張る子が増えた。遊ぼうとする子がいても、注意すれば聞けるようになった。

⑤体育の時、整列がすばやくできるようになってきた。

 以前書き込んでから、特別何かをしたというわけではありません。体調を崩しがちだったので、授業準備さえ思うようにできないことも少なくありませんでした。

 ただ、野中先生のおっしゃる「テンポとスピード」という1点に絞り、そこだけは徹底的にこだわって指導してきました。
 具体的には、次のようにしました。

①朝の読書・朝の会の後のトイレ休憩は、タイマーを計って(2~3分程度)時間を意識させた。

②授業開始の挨拶はしない。「先生は30秒経ったら黒板に書き始めます。それまでノートを準備しなさい」と指示し、遅い子を待たずにすぐ授業に入った。

③体育の整列は、「前習い・体育座り」をさせる時に『Aさん、B君は100点』というふうに、個別評定を行った。

 まだまだ問題点は多く、今でも日々悩んでいる現状には変わらないのですが(苦笑)、それでも一時は学級崩壊も覚悟していたことを思えば、ようやく一歩かなという気がします。

 そして、これは強調しておきたいのですが、授業に関しては「ほとんど頑張っていません」。端から見れば、ただ黒板を書いて写すだけのつまらない授業だと思います。

 しかし、「スピードとテンポ」という原則を守るだけで、子供達の集中力は高まってきました。これが“子供の事実”です。

 初担任の先生方の中には、「授業が下手だから学級がうまくいかない」と悩んでいる方も多いと思われます。しかし、そうではないということを僕は今強く実感しています。

 初担任の分際で偉そうにと言われそうですが、僕と同じように苦しんでいる初心者の方に少しでも参考になればと思い、長々と投稿させていただきました。

 今までは、「これ以上悪くならないように」と考えて実践を行っていました。これからは、「どうすればもっと良くなるか」と考えて実践できそうです。

 あと4ヶ月間、学級の子供達のために精一杯がんばります!
 投稿: 童神
  ★ ★ ★
  童神先生は、やっと1つの大きなハードルを越えている。

 それが「スピードとテンポ」。
 納得のいくことである。
  この指摘は、とても重要なことである。

 私は、3年目の初任者指導のとき、前期(横浜は2期制)の授業指導は、ほとんどしなかった。「学級づくり」最優先であった。
 授業は、ただ一つ。「テンポ良くやりなさい」だけを強調した。
 そのことを思い出させてくれる。
 初任者などに授業の指導をしても、すぐにどうなることでもない。
 ただ、この「テンポ良く」は大事なこと。
 みごとに童神先生がコメントしてくれている。
 ★
 教室は、「空気」と「時間」によって成立している。
 「空気」とは、担任と子供たちで作り出す雰囲気。
 「時間」とは、教室に流れる一日の時間の流れ。
 
 担任は、この2つの統率ができれば、クラスはうまく成立していく。
 童神先生のクラスは、初任者のほとんどがそうなるように、この「空気」と「時間」が統率できなくてクラスが荒れてきたのである。

 ちなみに、「空気」の統率は1週間。
 「時間」の統率には、1ヶ月。
 この時間が必要。

 10月、11月という時間で、童神先生のクラスが落ち着いてきたというのは稀なことになる。
 ほとんどが、さらに荒れが増幅していく時間であるから。

 その意味で童神先生は、「よくぞ!がんばった!」ということである。
 ★
 きっと私の本で『必ずクラスを立て直す教師の回復術!』(学陽書房)を読んでくれたんだと思われる。

 今荒れているクラスは、「空気」の統率はかなり無理な状態であろう。もう関係がぐじゃぐじゃになっているはずだから。

 ところが、今からでも「時間」の統率はできる。
 だらだら、ぐずぐず、まったり、とスピード感がなくなっているクラスを、とにかくとんとんとテンポ良くスピードをつけていくこと。

 ゲームのスピードに慣れきっている子供たちも、体は無意識にそのスピード感を求めているはずである。
 少しずつ落ち着いてくるというのは、子供たちの無意識の要求にかなっているからである。 

|
|

« 横浜いじめ事件、その後②。 | トップページ | つれづれなるままに~またまた、北海道です~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 童神先生へ

 記事を読んで私も安心しました。
 先生の描いた具体例をもとに私のやり方を示します。
  
 よくなってきた点より
 ①5~10分も開始時間に遅れていた給食準備が、間に合うようになった。

 わがクラスも遅いときがあります。(給食当番のメンバーを見て「早くしなさい」と言っても無駄だと思った時)
 そうなら、給食の配膳車は私一人で取りに行きます。(基本は児童3~4人+教師の付き添い)準備完了まで私(と早く着がえた2~3人)で配膳台への食器移動もやってしまいます。ようやく着がえた者が準備を始めます。これで遅れはほぼありません。叱らなくて済むし、準備はできたし、クラスとしての問題はありません。

②授業開始時、教師が指示しなくても、ノートを開けて待っている子が増えてきた(そのうちの一人は、以前手を焼いていると書き込んだやんちゃな三人組のうちの一人です)。

 かっこの中の子はすばらしいです。普通はこうなりません。(ただ、想像するに、ADHD系の児童で異常に速さを求める子はいます。その行動がプラスに働いたのでは?いずれにしても大いにほめられる事例です。
 うちのクラスは恥ずかしながら、指示なくてノートを開けている子は2~3人です・・・(これだけだと学級崩壊?)
 ただ、授業開始後の超スピードアップで是正しています。

③授業中、ノートを書いている時に「シーン」と静まり返る時間が増えてきた。「すごい集中力だね」と褒めています。

 すばらしい!!
 私のクラスも一応こういう時間はありますが・・・

④掃除をさぼらず頑張る子が増えた。遊ぼうとする子がいても、注意すれば聞けるようになった。

 これもすばらしい。
 さぼりが2割以下になってくればあとは何とかなります。
 正義が8割ですから、力の差で、指摘されればさぼり組は黙るしかありませんから。(わがクラス・・・)

⑤体育の時、整列がすばやくできるようになってきた。 
 
 めちゃくちゃすばらしいことです!!
 私のクラスは、男子列ができません。
 発達障害(もどき含む)が16人中13人だからです。
 ですから、教室の班で並ぶことにしました。
 男子がバラバラになり、女子が入ると大幅によくなります。

 次に具体例から。

①朝の読書・朝の会の後のトイレ休憩は、タイマーを計って(2~3分程度)時間を意識させた。

 私は、超早くしたいときは腹時計宣言(タイマー使わずに「あと何分(秒)」)をする。子どもが時間を数えだしたら、「腹時計だもん。数えても意味ない。いきなり始めることもあるぞ」というと「ひえ~~」といいながらスピードアップさせていく。
 適当なところで「じゃあ、はじめます」といってはじめてしまう。
 どの割合で始めるかは、その時の状態で判断します。
 
 もちろん、タイマーは使っています。
 最終時限から2分後に帰りの会です。
 ちなみにかばんに荷物入れさせません。
 時間がかかる、個人差がめちゃ大きい、連絡帳の訂正時に面倒、が
理由です。

②授業開始の挨拶はしない。「先生は30秒経ったら黒板に書き始めます。それまでノートを準備しなさい」と指示し、遅い子を待たずにすぐ授業に入った。

 授業開始の挨拶は座って(適当に?)行っています。外部の先生(TT・入り授業・研究授業の類)がいる時は、みえで(?)行います。【職員との共通理解をしたふりのため。次年度になっていろいろいわれたくないし、挨拶なしの長所を発言しても無駄なので。もちろん挨拶なしは大歓迎です。】
 私は用具が出ていてもいなくても、いきなり「教科書○ページ、開いて」「開いた人、となり(班)と確認」「確認した人、手を挙げて」「手を挙げた人、すばらしい」と一気に巻き込みます。
 この段階で入れない子は、特別な事情(やむをえない事情で遅れた、発達障害系、など)なので、その子の能力。性格に応じた対応をします。

③体育の整列は、「前習い・体育座り」をさせる時に『Aさん、B君は100点』というふうに、個別評定を行った。

 これは最近やっていません。(忘れかけていました・・・次回から取り入れ直します・・・)
 よくやるのは、まっすぐ座れている子の模範に見せて「○○さんのようにすわえるといい」と促す方法です。

 何しろ、男子16人中13人、女子15人中4人が何らかの発達障害(学習の遅れ含む)を抱えています。いきなり17人がおかしな反応をすることはないですが、かなり対応に苦慮しているのは事実です。まあ、なんとかなっていますけど。

 参考にしてなれば幸いです。


 

投稿: TOSS超末端教師 | 2016年12月10日 (土) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/64554413

この記事へのトラックバック一覧です: 童神先生のクラスが落ち着いてきている!:

« 横浜いじめ事件、その後②。 | トップページ | つれづれなるままに~またまた、北海道です~ »