« つれづれなるままに~良い結婚式だった~ | トップページ | 邪馬台国先生へ答えます! »

つれづれなるままに~教育新聞、読んでますよ~

  ●ボブディランがノーベル文学賞になった。

 「風に吹かれて」をすぐに思い出された方は多いと思う。
 
 私のブログ名も、このボブディランからもらったものだ。
 古くからの友人からも、わざわざメールをもらったほどである。思い出してもらったのである。
 
 「答えは風に吹かれている」というフレーズがとても気に入っている。
 ボブディランと連絡が取れないらしい。
 
 文学賞を断るかも知れないのだ。
 まさにボブらしいではないか。

●土曜日の9:00からNHKで、土曜ドラマ「漱石の妻」を好んでみた。4回で終わってしまった。
 
 この番組は好評で、視聴率も高かったらしい。
 尾野真千子は、素晴らしい女優だなと、しみじみ思う。
 
 このドラマを見た人は、漱石に対する印象をかなり変えたのではないか。
 「ひどい旦那だったんだなあ!文学者ってあんなもんだなあ!」と。
 
 漱石のフアンとして、一言言っておかなくてはならない(笑)
 この番組は、漱石の奥さんの夏目鏡子さんの「漱石の思い出」から作られたものである。
 
 奥さんの視点からのもの。
 「悪妻」として評判の奥さんは、一言言っておきたかったに違いない。
 
 ただ、漱石は、自分が死んでから、奥さんから「ひどい旦那だった」と言われることを想定していた。
 だから、そのためにちゃんと残しておいた。
 
 『道草』である。
 この一書は、かなり貴重である。
 
 新潟の庭野先生との話で、22世紀まで残る文学者は、夏目漱石と太宰治ではないかという話になった。
 私は若い頃、漱石の小説をほとんど読んでいる。
 
 もう一度退職してから読み直そうと漱石全集を買ったほどである。倉庫に眠っている。
 もう一度読み直す時間があるのか、どうか。
 
●女房が、実家の法事で帰ったために、一人家事をこなした。
 
 朝起きて、朝食を作り、洗濯をし、干す。
 買い物に行き、昼食をし、雑事をこなす。
 その間に、自分の仕事を済ます。
 すぐに、洗濯物を取り込み、たたみ、片付ける。
 ばたばたしている間に、もう夕食の準備なのだ。
 
 こうして一日が過ぎていく。
 主婦の仕事の忙しさを、改めて感じる。

●教育新聞の連載原稿2つ書き上げる。
 11月号と12月号の2つ。
 「学級経営の基礎基本~縦糸と横糸のルール」である。

 それぞれ1200字。
 1つのテーマでしか書けない。

 夏に、講演でさまざまなところへ行ったが、何人もの校長先生から「読んでますよ」「先生たちにコピーして配布してます」と言われて、うれしかった。



|
|

« つれづれなるままに~良い結婚式だった~ | トップページ | 邪馬台国先生へ答えます! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生はじめまして。
ある学校で担任ではなく少人数を担当しているのですが、その一つのクラスが荒れに荒れています。
具体的には、
担任の話を聞かないだけではなく、
担任にクソババア、呼び捨て、「学級崩壊させてやろうか」などの暴言
クラス内でターゲットが変わり続けるいじめ(リーダーがいてその子に逆らえない)
行事の決め事などですぐ揉める、盛り上がるべき部分や応援など全くやらない
時間を守らない
など燦燦たる状況です。
今年から務めているのですが、こんなに荒れている学校は初めてです。

実はこのクラスだけではなく5・6年全体が荒れています。

原因としては、学校全体として諦めてほとんど指導をしない。運動会などでは応援しない子をほっておく、入学式などで在校生(もちろん朝会なども)などが騒いでもほっとく、トラブルがおきても対応が甘く、話もきかず、指導もほとんどせず、何度も同じような事件やトラブルが多発しています。そのため、高学年は上のクラスをはじめ、6年は先生に対して「帰れ」「死ね」などすごい状況です。

ただ、子ども達も人を選んでいるわけで、私はものすごく厳しく(あまりよくないですが、時には怒鳴ることもありましたが・・)指導してきたので、この先生には言っちゃ駄目だって感じではあります。しかし、学校内でただ一人外で遊ぶなど交流ももとうとしているのでただ恐れられていて子どもが黙っているという状態でもありません。

相談は
①問題のクラスに介入しようとするのですが、正直担任は介入してほしくないようです。ですが、端からみていると先生に死ねなど言っている状況やいじめの状況を放置できずに、腹立たしい気持です。ですが、担任じゃない自分が行ったときだけ静かにさせて、またいなくなって騒ぐ状態でも意味ないですし、どのように関わっていけばよいのでしょうか。

②ある授業で子どもに対して厳しい指導をした際に主任教諭がたまたま見ていて、職員室で相当私が怒鳴られました。もちろん厳しい言い方をしないで聞かせることができるならばそれがいいと思いますが、それが出来ていない状況(主任もなんどかんだで自分が怒鳴っている)で言われるのは納得いきません。というより、そういう厳しい指導が駄目な雰囲気さえあります。ですが、明らかにそのせいで荒れているのは明らかです。やはり、そんな学校からは離れるべきでしょうか。来年度希望すれば離れることができる立場では一応あります。

投稿: 邪馬台国 | 2016年10月18日 (火) 22時00分

 野中先生、度々すみません。

 先週と今週(今日です)、一度ずつ体調不良で学校を休んでしまいました。先週、補充に入ってもらった先生に、「気になる子が3人いるね」と指摘をいただきました。例の3人とは、別の子達です。

 その3人も、「周りの空気を読めない」「落ち着きがない」「集団行動ができない」といった点が一学期から見られます。その三人に関しては、周りが先生の話を聞いている時にもよそ見をしたり、勝手に本を読んだり、席が近くの子にちょっかいを出したりします。

 補充に入った先生からは、「(そういう子がいるなら)もっと早く報告してほしかった」と言われました。今思えば、(特別支援的な意味で)難しい子が多い……と割り切り、その上でもっと他の先生方の支援を仰ぐべきだったかもしれません。

 どう書いていいか難しいところですが……男子15人中、「あれ?」と思うような行動を取る子が、8人います(女子にも、そういう子が一人います)。自分の指導が悪いのか、それとも元々その子達が持っている資質なのか(両方あるのでしょうが)、自分でも結論が出せずにいました。

 この8人とも空気が読めなかったり、衝動的に行動してしまったりするので、人間関係のトラブルが絶えません。昼休み時間のたびに、ケンカして帰ってくるので、正直参ってしまっています。

 以前書いた3人に関しては、かんしゃくを起こして手が付けられなくなるということは、最近はなくなってきました。良くなっている部分もあるのですが、まだまだ課題は山積みです。

 自分の指導さえ改善すれば……と思ってやってきたのですが、今のような実態だと、正直限界を感じています。
 野中先生が以前言われたように、もっと周囲のサポートを得られるように動いてみます。

投稿: 童神 | 2016年10月19日 (水) 15時19分

童神先生、野中です。先生のクラスはもともと大変なクラスだったのですね。その中で、よくぞ今まで頑張ってきたのですよ。あと5ヶ月がんばれば、もう終わりです。その間、凌ぐのですよ。時々休んで休養を取ったら良いのですよ。周りの先生に、もっと相談して支援を仰いでください。

投稿: 野中信行 | 2016年10月21日 (金) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/64360349

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~教育新聞、読んでますよ~:

« つれづれなるままに~良い結婚式だった~ | トップページ | 邪馬台国先生へ答えます! »