« つれづれなるままに~良い結婚式だった~ | トップページ | 邪馬台国先生へ答えます! »

つれづれなるままに~教育新聞、読んでますよ~

  ●ボブディランがノーベル文学賞になった。

 「風に吹かれて」をすぐに思い出された方は多いと思う。
 
 私のブログ名も、このボブディランからもらったものだ。
 古くからの友人からも、わざわざメールをもらったほどである。思い出してもらったのである。
 
 「答えは風に吹かれている」というフレーズがとても気に入っている。
 ボブディランと連絡が取れないらしい。
 
 文学賞を断るかも知れないのだ。
 まさにボブらしいではないか。

●土曜日の9:00からNHKで、土曜ドラマ「漱石の妻」を好んでみた。4回で終わってしまった。
 
 この番組は好評で、視聴率も高かったらしい。
 尾野真千子は、素晴らしい女優だなと、しみじみ思う。
 
 このドラマを見た人は、漱石に対する印象をかなり変えたのではないか。
 「ひどい旦那だったんだなあ!文学者ってあんなもんだなあ!」と。
 
 漱石のフアンとして、一言言っておかなくてはならない(笑)
 この番組は、漱石の奥さんの夏目鏡子さんの「漱石の思い出」から作られたものである。
 
 奥さんの視点からのもの。
 「悪妻」として評判の奥さんは、一言言っておきたかったに違いない。
 
 ただ、漱石は、自分が死んでから、奥さんから「ひどい旦那だった」と言われることを想定していた。
 だから、そのためにちゃんと残しておいた。
 
 『道草』である。
 この一書は、かなり貴重である。
 
 新潟の庭野先生との話で、22世紀まで残る文学者は、夏目漱石と太宰治ではないかという話になった。
 私は若い頃、漱石の小説をほとんど読んでいる。
 
 もう一度退職してから読み直そうと漱石全集を買ったほどである。倉庫に眠っている。
 もう一度読み直す時間があるのか、どうか。
 
●女房が、実家の法事で帰ったために、一人家事をこなした。
 
 朝起きて、朝食を作り、洗濯をし、干す。
 買い物に行き、昼食をし、雑事をこなす。
 その間に、自分の仕事を済ます。
 すぐに、洗濯物を取り込み、たたみ、片付ける。
 ばたばたしている間に、もう夕食の準備なのだ。
 
 こうして一日が過ぎていく。
 主婦の仕事の忙しさを、改めて感じる。

●教育新聞の連載原稿2つ書き上げる。
 11月号と12月号の2つ。
 「学級経営の基礎基本~縦糸と横糸のルール」である。

 それぞれ1200字。
 1つのテーマでしか書けない。

 夏に、講演でさまざまなところへ行ったが、何人もの校長先生から「読んでますよ」「先生たちにコピーして配布してます」と言われて、うれしかった。



|

« つれづれなるままに~良い結婚式だった~ | トップページ | 邪馬台国先生へ答えます! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~教育新聞、読んでますよ~:

« つれづれなるままに~良い結婚式だった~ | トップページ | 邪馬台国先生へ答えます! »