« きこ先生へ~これから準備をすればいいのです~ | トップページ | 童神先生へ~ここまでやれたのですから~ »

つれづれなるままに~松山千春の母校を訪れる~

  ●9月27日、朝 羽田へ急ぐ。

 今日から4泊5日で、北海道へ行く。
 3校の学校訪問。
 
 羽田は、上着を着ているのが厳しい。まだまだ暑さが続いている。
 帯広空港へ着く。
 気温は20℃。さわやかな感じ。

 またまた、この帯広空港へ下り立つ。
 この帯広は食の宝庫で、何を食べてもおいしいところ。
 楽しみである。
 ★
 28日、帯広市立若葉小学校へ行く。
 昨年も訪問していて、地域の学力向上事業に指定されている学校である。
 学力を高めるにはどうしたらいいかというテーマでがんばっている学校。

 早速4時間目に道徳の授業をする。
 4年生のクラス。
 
 聞いてみると、昨年3年生で授業をしたクラスだという。
  40人のクラス。教室いっぱい。
 「みんな、生きていた?」などと言って、笑わせる。
 
 人数がいっぱいのために、予定していた通りに終わらない。
 でも、楽しかった。
 子供たち一人一人が良く発言できるようになっている。
 ★
 5時間目は、全員の先生の授業を見せてもらう。
 それでも16人の先生だから、1人2分程度。

 放課後の講座では、昨年との違いと授業の課題を3つ話しをする。
 2分程度の参観で何が分かるのか、と言われそうである。 
 でも、場数を踏んで、観点を決めて集中的にそこを見る訓練ができている。
 その先生の授業力は、そこへ表れてくる。
 それを見抜けるかどうか。

●29日は、大樹町の大樹小学校を訪問する。
 この日、この学校の公開授業研究会。

 この学校は、道教委の学校力向上の指定を受けて、5年目になる。
 学校力向上の学校の中では、真っ先に「日常授業」の改善のテーマを掲げて取り組んできた学校でもある。

 子供たちが素晴らしい。
 学習規律がきちんとしていて、育っているなあという思いがわき出てくる。

 これ以上に追求するとなると、大変になるだろうなあという感慨が残る。
 得てして、「ごちそう授業」の追求になっていく恐れがある。
 どんどん「日常授業」から離れていくのである。
 大樹小、がんばってほしいという思いを講演に込める。

●30日、朝5時起き。朝から元気が出る。
 足寄(あしょろ)小学校へ行く。
 ここも地域の学力向上事業に指定されている学校である。

 ここは、松山千春の母校。
学校のそばには、実家があり、暮らした家(ロケ用に作られたもの)もあるという。
 
 「旅立ち~足寄より~」というCDを持っている。
  ♪長い~~~夜を~~~♪と「長い夜」の歌を口ずさみながら出かける。

 帯広から1時間。ついに到着。

 教頭先生、校長先生がお待ちかねであった。
 3,4時間目、先生たちの授業参観。
 5分程度の時間で回っていく。

 5時間目は、私の「味噌汁・ご飯」授業。
 5年生のクラス。
 体育館ということ。
 参観される先生方が多いのである。

 急ぎ体育館に行くと、もう子供たちは席に着いていて拍手で迎えられる。ノリノリのクラス。

 実に楽しかった。
 自己紹介は、こんなふうに行う。
 
 「野中先生です。」「横浜から来ました。」
 「横浜知っている人?」
   手が上がる。
 「手の挙げ方がうまい人がいるね。でも、70点。手は天井に突き刺さるようにあげること。」
 「もう一度挑戦しよう」
  手が上がる。
 「すばらしい。90点」
 「横浜に行ったことがある人?」
  2人手が上がる。
   ………
 この調子で、私が話し、そして子供たちに問いかけることを繰り返す。
 この話の中に、学習規律を織り込んでいく。
 長々と話すことはしない。
 
 修正力があるクラスで、一度フォローを入れるとすぐに修正ができる、みごとなクラスである。
 
 この後、講演を行う。90分。
 以下の内容である。
 
 1 なぜ北海道は学力が低いのか?
 2 足寄小の先生たちの授業を参観して
 3 学力はこうして上げる
 4 どんな「日常授業」を作っていくか
 5 北海道の先生たちに共通する授業
 6 今日の授業から 
 ★
 終わってから、教頭先生に、松山千春の実家と暮らした家に連れて行ってもらう。感激、感激。

●10月1日、やっと羽田へ帰ってくる。
 4泊5日の旅。

 蒸し暑い。
 帯広は朝8℃になったので、羽田は大変である。
 
 また、明日は神戸。
 それから、山形のGちゃんの結婚式へ行く。


 


|
|

« きこ先生へ~これから準備をすればいいのです~ | トップページ | 童神先生へ~ここまでやれたのですから~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生、山形でお待ちしています。
どうぞよろしくお願いいたします。
野中先生にお会いできるのが楽しみです。

投稿: げんちゃん | 2016年10月 7日 (金) 07時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/64302181

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~松山千春の母校を訪れる~:

« きこ先生へ~これから準備をすればいいのです~ | トップページ | 童神先生へ~ここまでやれたのですから~ »