« かめこ先生へ~あと半年前へ進めますか~ | トップページ | つれづれなるままに~松山千春の母校を訪れる~ »

きこ先生へ~これから準備をすればいいのです~

 きこ先生、返事が遅れました。

 9月27日から10月の1日まで、ずっと北海道の学校訪問をしていました。
 
 「叱れない」という悩みですね。
 先生が最後に「情けない質問で申し訳ありません」と書かれてありますが、情けない質問でも何でもありません。先生にとって重要な課題ですから。
 ★
 きこ先生は、きっと小中の学校で「いい子ちゃん」で過ごしてきて、あまり叱られた経験がないのでしょう。
 先生になりたいと思ってきた人は、そんな方が多いのです。きこ先生だけではないですよ。
 
 ただ、「叱れない」ということは、これから教師として続けていくことは困難なことです。
 これだけは、はっきり伝えておきたいのです。
 ★
 しかし、今のきこ先生の環境は叱る環境には不適当です。
 
 まず第1に、3年の副担任で、TTでしょう。
 はじめて教師になって、しかも中3ですよ。
 どうしても引いてしまいますよ。
 
 第2に、授業していないでしょう。それは、子供たちから甘く見られて当然です。
 きちんと担任をしていること、授業をしていることが子供たちから「先生」として認められる条件ですから。
 
 第3に、今「叱る」場面があまり出てこないでしょう。
 
 担任をしていたら、どうしても叱らなければならない場面が出てきます。
 
 そこで、きちんとして教師として「叱る」ことができるかどうかなのです。
 「ダメでしょう。そんなことしちゃ!」と注意するだけでは、もう子供たちから完全に甘く見られてしまいます。
 
 子供は残酷です。悪魔みたいな側面を持っていて、担任があまり叱らないと思いきや、とたんにやりたい放題し出します(もちろん、天使みたいな側面もあるのですよ)。
  ★
 ただ、キャラクターの問題があります。
 かつて、知り合いの先生(女性)が初任で中学の担任になりました。自分の背より高い子供たちばかり。
 
 そこで、なめられたら困るということで「てめえ!何しているんだ!」という感じで子供たちに迫ったというのです。
 1ヶ月で学級崩壊になったということでした。
 
 また、小学校での初任の先生(女性)の話も聞きました。
 4年生の担任。4クラス。
 
 前年度の3年生では、荒れまくった学年で、受け持った他の先生たちは「とにかく厳しくいこう」という方針で、初任のその先生も厳しく、厳しく、子供たちに迫ったそうです。
 
 このクラスも、1ヶ月で学級崩壊してしまいました。
 
 これは何かということですね。
 
 これは、自分のキャラクターに合わないことをやって、子供たちに見透かされてしまった結果です。
 自分に合わないことを無理してやってはダメなんですね。
 子供をばかにしてはならないのです。
  ★
 ただ1つだけ、無理をしなくてはならないことはあります。
 それは、「教師」として子供たちの前に立つということです。
 
 「仲良し友だち」先生ではダメなんです。
 これを勘違いして、学級を崩壊させる初任の先生たちがいっぱいいます。私は頭を抱えております。
 
 「教師」として子供たちの前に立つということは、毅然としていて、子供がやってはいけないことをしたときには、きちんと「叱る」ことができることです。
 これだけでいいのです。
 
 「教師」になったというのは、子供たちを教え導き、育てていかなければいけない課題を背負ったということ。
 単に、授業をしたり、学級活動をしたりすればいいのではないのですから。
 ★
 きこ先生、「私はダメだ!」と思われているのかも知れません。
 でも、安心してください。
 
 最初からこんなことはできません。
 「学生」から「教師」になるということ。
 すぐにはできません。
 
 私は今まで1年目の初任の先生と2年目になった先生を、見てきました。
 がらりと変わるのですよ。別人になったみたいです。
 
 まず、顔つきが変わります。歩くそぶりが変わります。
 私は「ああっ、教師になったんだなあ」と思います。 
  ★
 ハワイのレストランのマネージャーに雇われた30代後半の女性の話を本で読んだことがあります。
 最初の第一歩のマネージャー教育。
 
 それは、歩く格好を変えること。
「ウエートレスみたいな歩き方ではダメだ。どこから見てもマネージャーと思われるような歩き方をしなさい!」と。
 
 そして、その歩き方を練習させるというのです。
 ものを言わなくても、遠くから見ても一目でマネージャーであることが分かる「態度づくり」。
 
 これが最初の教育だというわけです。
 
 これはとても参考になります。
 「教師」として行動するためには、そのための準備がいるということ。それは「教師としての態度づくり」なんだというわけです。
 ★
 きこ先生、小学校へ異動されるのですね。
 クラス担任としてこれから過ごすことが出てくるのですね。
 
 安心してください。
 今からその準備をすればいいのです。
 
 「教師としての態度づくり」ですよ。
 毅然として子供たちの前に立つとは、どうすることか。
 
 それはきこ先生のキャラクターに合わせて考えればいいのですが、例えば次のようなことです。1つの例です。
 
 ①堂々として歩く。
 ②にっこりほほえみながら子供たちに話す。
 ③指示する時は、きっぱりと指示し、確認をきちんと
  する。
  「すわりなさい」と指示したら、全員が座っている
  かどうか確認をして、次の指示を出す。
 ④やんちゃな子供が、学校や学級のルールを破ってい
  たり、やってはいけないことなどをしたら、きっぱ
  りと「やめなさい!決めたことをまもっていない
  でしょう!」ときっとなって叱る。
 
 ①から④まで全部練習をするのですよ。
 鏡を見ながら、練習をするのです。
 
 それが「態度づくり」なのです。
 要するに、最初は「演技」をすることから始まるのですよ。 
 ★
 
 こんなことをやって「教師」になっていくのです。
 きこ先生は、今まだ「教師」になれていないのですから、これからその準備をしていくことです。
 
 その準備の場が、今の講師としての場なのです。
 少しずつ自分のできることをやっていけばいいのです。
 
 良かったですね。
 最初から担任として踏み出していれば、大変なことになっていたかもしれません。
 
 実に幸運な踏みだしですよ。
 
 最後に読んでほしい本を上げておきましょう。
 『必ずクラスがまとまる教師の成功術』(学陽書房)
 教師になるための縦糸、横糸の張り方が書かれています。
 
 『新卒教師時代を生き抜く学級づくり3原則』(明治図書)
 2人の初任者がどのような学級経営をして、うまくクラスを作っていったかが書かれています。
 
 きこ先生、またコメントくださいね。
 きこ先生の、これからの教師人生の幸運を願っています。

 

|
|

« かめこ先生へ~あと半年前へ進めますか~ | トップページ | つれづれなるままに~松山千春の母校を訪れる~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

返信ありがとうございます。初任の先生の学級担任としての質問が多い中このような質問にも目を向けて返信をくださりとても嬉しいです。ありがとうございます。
環境についての指摘、ごもっともです。特に授業をしていないというのは非常に大きいと思います。そのような中での態度づくりというのは今の私にとって必要なことだと思います。②や③は補欠で入ったクラスにはしていますが、他はまだ不十分ですので実践したいと思います。また、自分のキャラクターに合うか否かということもいかに大事かということもわかりました。書籍も何冊か読みましたが、今一度振り返ってみたいと思います。
これから進路に向けて大変になる中学校ではありますが中学校で実践出来れば小学校への自信になると思うので頑張ります。希望でない中学校で不遇だと思っていましたが、そんなことないということも実感できました。
お忙しい中返信ありがとうございました。

投稿: きこ | 2016年10月 4日 (火) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/64298568

この記事へのトラックバック一覧です: きこ先生へ~これから準備をすればいいのです~:

« かめこ先生へ~あと半年前へ進めますか~ | トップページ | つれづれなるままに~松山千春の母校を訪れる~ »