« ここが最後の砦ではないか! | トップページ | やなぎ先生へ答えます! »

保護者の方のコメントに答えて

  保護者の方のコメントをきっかけに、さまざまなやりとりがなされました。

 保護者の方から私にもコメントしてほしいということですので、改めで読み返しました。
  ★
 私のブログは、これから起こってくる教師たちの問題とどのように対処すべきかの方向を書いているものです。
 
  今、小学校は女性教師は6割、中学校は4割を占めています。
 だから、結婚し、妊娠し、子育てを中心に行う女性の先生の負担は大変なものになります。
 
  私はここ数年の間に、子育てをしているママさん先生は、睡眠を削り、もはやぎりぎりの状態で仕事と家庭を両立させている状態であり、もう両立ができない状態で辞職する以外にないという方が数多くいることを知りました。

 もう一教師の努力ではどうにもならない状態に追いやれていることがわかります。
 このままでは、学校は崩壊してしまうと何度もこのブログで言ってきました。
 崩壊してしまうというのは、学校で子供が育てられない状態に追いやれていくということです。
 
  ハコモノは、公立ですから残りますが、もはや収容所みたいになっていく可能性があります。すでに、そのようになっている学校はあるのです。
 
 教師は鬱病や入院などに追いやられて、退職していきます。
実際に知っている中学校では、4月から7月までの間にかなりの先生が辞めている状況があり、また、昨年ある小学校で6人の先生が辞めて、2年目の先生が療休に入るという学校の状況も聞きました。
  大変なことになっているわけです。

 こういう中で、さて私たち教師は何ができるのかと問いかけているわけです。
 そういう思いを先生たちと共有したいという考えです。
 
  私はもうすでに退職していますが、常に教師の立場で、教師の目線で、今も考えています。
 ★
 保護者の方はコメントされています。
 上の子供の体調不良や自分の体調不良(妊娠中)でしばしば休む先生がいる。
 それでいいのでしょうか、と。

 私の問いかけと、あまり正対していないコメントなので、忙しさに紛れてそのままにしておりました。
 そこからさまざまな方のコメントが出されて、やりとりが
交わされました。
 
  やりとりの一部は、不毛なものだと思いました
 学ぶものがないのです。

 私のブログで、こんなやりとりはしてほしくないと正直に思いました。
  ★
 私の37年の教師経験から言えば、このような先生はいませんでした。もちろん、休まれたりすることはありますが、それは特別な時です。
 
 がんばって一生懸命教師を続けておられました。
 私の女房も、同じようにして妊娠し、出産し、教師を続けました。

 学校の管理職は、このようなことには特に気を遣い、最優先のこととして取り組みます。
 だから、あまりにもひどい場合は、周りの教師も迷惑する訳ですから、当然その教師への指導が入るはずです。

 そのような甘さをもって、これから教師を続けようとしたら、続けられるはずはありません。
 学校現場は、もうそんな悠長な場所ではないのです。
  ★
 私のブログは、数多くの先生たち、保護者の方、各方面の方々に読んでもらっています。
 
  私の動向を記録したもの(つれづれなるままに)。講演をすることが多いので、そこで感じたことや思ったこと。それに何よりも大切にしているのは、困っている初任の先生や、クラスがうまくいかない先生たちへのアドバイスです。本を出しているという責任として、相談に乗っています。何とかがんばってほしいという思いを込めて、発信しています。

 コメントでも、私と同じ立場で相談に乗ってもらえる先生方があり、励ましてもらえる先生もあり、……ととてもうれしく思っています。

 だから、このブログはできるだけ門戸を広げて、自由に意見を発表できる場でありたいと願ってきました。
  ★
 私も、来年は古稀を迎えます。
 このブログも、そんなに長く続けることもないでしょう。
  止めどきはありますね。

 だから、これからは私のブログの趣旨に限定し、絞って続けて行けたらいいなと考えています。

 コメントも、私の判断で掲載できるかどうかを決めていきます。
 どうしても答えなければいけない場合は、個人的に連絡します。
 ★
 保護者の方からのコメントの、私なりの答えと、これからのことを書きました。

 
 
 
 
 

 
 

|
|

« ここが最後の砦ではないか! | トップページ | やなぎ先生へ答えます! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

保護者の方にも、学校の状況を分かっていただきたくてコメントを書きましたが、本当の状況はお互いに知らないので、分かり合えることは難しいと感じました。でも私はこれからも教師の仕事を責任を持って、誇りを持って続けていきたいです。そのために学び続け、子どもたちにもお家の方にも信頼して貰えるように誠実に仕事をしていきたいです。そして自分の家族も大事にして笑顔で過ごしていきたいです。

私がクラス経営で困ったとき、先生の公演を聴いて、大事なのはまずは学級経営だと知りました。それまでは研究授業などでだけ授業を取り繕っていたように思います。その後本を読んだり、研究会に参加したりして、先生の様々な方法をとにかく試すことで、クラスが軌道に乗り、授業も以前よりはだいぶ充実させられるようになりました。まだまだの点もたくさんありますが、前向きに学べるようになりました。本当にありがとうございます!
(((o(*゚▽゚*)o)))
野中先生はいつも先生の立場で先生たちを応援して下さるので、本を読んでもブログをみてもすごく元気がでます。先生が元気でなければ!とよくおっしゃっていますが、本当にそうだと思います。私も後輩が困っていたりしたら、少しでも元気になれるサポートがしたいです。

なかなかここまで先生の立場にたって元気のでることを言って下さる方はいないように思います。
また、取り組みも無理なくできるものなので、自分を追い詰めずにでき、本当に助かります。学校も批判されることも多いので、最近ではどんどん先生たちが疲れてしまっていると思います。なので野中先生のブログはとっても貴重で、読んで元気になったり励まされて日々頑張っている先生が、私を含めたくさんたくさんいると思います。

本も好きなので、先生の紹介して下さる本なども全部ではないですが、読んでみたりし、楽しんでいます。ぜひこれからもブログを続けてください。よけいなことかもしれませんが、このやりとりで先生がブログを嫌になってしまわれたら、嫌だなぁ.と思ってしまいました。・°°・(>_<)・°°・。もちろんご無理のないようにですが、野中先生はいつもとても元気!なのでまだまだこれから!と思ってしまいます!応援しています、そして私もがんばります!*\(^o^)/*

これはファンレターなのでコメントには入れて下さらなくて大丈夫です。北海道お疲れ様でした!

投稿: 普通の教員のうちの1人 | 2016年9月11日 (日) 21時26分

こんばんは。
以前相談させていただいたやなぎです!
僕のような初任者の人のことを
思ってくださっていてありがたく思います。

2学期が始まって1週間は経ちました。
子どもたちも最初の3日日間くらいは
非常に頑張っていたのですが
最近だれてきている姿があります。

テキパキ博士という博士を作っていて
タイマーを使って◯分でできたら
テキパキ博士!といってしています。
1学期のころは帰りの用意など
本当にけたたましいぐらいのすばやさで
できていたのですが
最近は時間内にできる子どもが
減ってきています。

クラスの雰囲気なども関係あるのでしょうが
そのことに困っています(>_<)
何か一助いただけたら幸いです。

投稿: やなぎ | 2016年9月12日 (月) 22時08分

初めて野中先生のブログに投稿します。このブログからたくさんのこ
とを学び、学級づくり学校づくりに役立たせてもらっていました。
4年前、校長職を退職し現在は、初任者指導5年目を迎えています。

 保護者と教師は対立するものなのですか?。
野中先生の悲しみ、憂いがにじみ出ている文章に感動しました。

 私は、40年前に初任でした。その頃は、母親は全員が先輩でした。若い先生を大目に見て、多少は失敗するものとおおらかでした。

「先生、子どもたちを45人も見てくれて、いつもありがとう。」
と会うたびにお礼を言われたものです。

 私には、25歳で長女が、27歳で次女ができました。
当時妻は、看護師をしていて、夜勤も月8回ありました。

 子育てをどのように乗り越えたかを書きます。

保育園に通っているときは、保護者会長を引き受けました。
保育士の先生と保護者が手を取り合い協力して子育てにかかわる
必要を感じているからです。

長女が2歳の時に学童保育を作りました。友人の家を提供してもらい
放課後、指導員を雇って子どもたちを観てもらうのです。

 保育園時代から、学校の勤務は一度も休んだことがありません。
子どもは、熱も出します。遠足、その他の行事もたくさんあります。

何かあったらお願いできる、近所のお母さんを複数お願いしていました。4人の方にお願いしました。
 小学校に入るまでは片方の給料は、子育てだけに使うつもりでいました。

 妻は、我が子にどんなことがあっても仕事は休みません。
患者さんは、命がけの闘いをしているからです。

 家庭訪問などは、話し込んで遅くなると保育園に迎えに行ってから
訪問したものです。
 私の場合、クラスの母親に我が子を見てもらい、仕事をしたこともあります。

 2016年の現在は、とても考えられない出来事です。

校長時代、「30年前担任だった先生に嫌がらせを受けた。
その先生に会って、話をしたい。住所を教えてくれ。」

こんな電話を受けました。私は、30年前の出来事を聞いて
担任になり変わり、謝罪をしました。
3時間校長室の電話で話しました。
 彼は、気持が晴れたらしく、お礼の言葉で受話器を置きました。

保護者や卒業生からの苦情がたくさん来ました。

その時、私は、基本的に対立する間柄ではないと思い、話をしまし

た。必ず分かりあえました。忍耐力は必要です。

 
初任担当になった時、こんな現象が起きました。

4クラスのうち妊娠された担任がいました。

他の学年も含めて3人の妊娠者が出ました。
 
つわり、体調不良、その他でお休みする先生も出ました。

教師の代わりは、すぐには見つかりません。

管理職、専科の先生、空き時間がある先生、フル回転です。

3日も自習が続くと子どもも荒れてきます。

大人の目はどうしても必要です。

そこで、私は考えました。学校を助けるNPO法人を作り

困っている学校に派遣できたらいいなと思っています。


 
職場の子どもたちがまず第一に大切です。我が子も大切です。

大切なものを大切に扱うことが愛です。

学校に必要なもの、それは損得を越えた児童愛、子どもの成長を

純粋に喜ぶことができる感性です。

 お金は、二の次ではないですか?。

一人の子どもの背景には、10人の熱烈なファンがいます。

大切にするように、と若いころ、言われました。

野中先生の憂いが伝わってきたので、私のことを伝えることで

補足になればと思い投稿しました。

大変失礼しました。

 保護者と教師は、昔から子どもを真ん中に挟んで

双方から見合い、パートナーとして育てていくものです。

 


投稿: 髙橋定雄 | 2016年9月12日 (月) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/64188972

この記事へのトラックバック一覧です: 保護者の方のコメントに答えて:

« ここが最後の砦ではないか! | トップページ | やなぎ先生へ答えます! »