« このシンプルな場所に戻ってくればいいのだ! | トップページ | かめこ先生へ~あと半年前へ進めますか~ »

人間らしい生活を送る権利をください!

   

niftyニュースで次のようなことが話題になっていた。

  ★ ★ ★
 教員の悲痛なツイートが話題「午後10時に保護者の電話で…」
「ブラック企業」なる言葉がすっかり定着した日本社会。
「名ばかり管理職」や「みなし残業」など、あらゆる手を使いサービス残業を横行させる企業が後を絶たない一方で、かつては安定・安泰の象徴だった公務員にも厳しい現実の波が押し寄せているようだ。
8日、中学校教諭を名乗るひとりのTwitterユーザーの投稿が大きな注目を集めた。
■「人間らしい生活を送る権利をください」
「私たち教員にも休む権利をください」から始まる痛切なツイートは、学校現場の過酷な状況を紹介している。
私たち教員にも休む権利をください。人間らしい生活を送る権利をください。一日16時間も学校にいる今の生活は異常です。午後10時に学校に電話かけてくる保護者さん、「なんで○○先生はもう帰ってるんですか?」と、何故怒るのですか?午後10時に電話が繋がることに疑問は抱かないのですか
― kaoru (@kaoru13375786) 2016年9月8日
たしかに、1日16時間も職場にいることや、日が変わる2時間前である22時に顧客が電話をかけてくることは、一般企業でもあまり見ない光景だ。
教師は公務員であるとともに、ときに「聖職者」として高いプレッシャーをかけられるというのはよく言われることだが、現実は想像以上に大変そうである......。
このツイートには多くの賛同の声が寄せられている。
@kaoru13375786 大変ですね。その場合は保護者に怒っていいのです。先生は聖職者かもしれませんが、生活が守られる権利があります。それを理解できない保護者には、校長ら管理職がピリシと言うべきです。県PTA本部役員や単P会長をしたものとして保護者の横暴は抑えねばと考えます。
― 赤熊 (@redbear2014) 2016年9月8日
@kaoru13375786 夫が教員をしていますが定時で帰ってくるなんて夢のまた夢。土日でも学校は休みなのに部活がある。
ご飯と入浴、睡眠を済ませに帰ってきている様な感じで見ていて心苦しいです。
家に帰ってまで仕事と各ご家庭からの電話対応、ブラックどころじゃない。
― ?すあま@28w?? (@ocutopaaas) 2016年9月8日
■ブラック企業に勤めている自覚がある人の割合は
ちなみに、「しらべぇ」ではブラック企業に関して、過去に多くの調査を行なっている。
たとえば、「自分が勤めている企業・組織はブラックだと思う?」という調査において、「そう思う」と答えた人は全体の19.5%。
年代別にみると、20代、40代に該当者が多いことがわかる。
子供たちへ適切な教育が行なわれるためには、教師たちの労働環境の整備は必須。
「子供に愛があればなんとかなる」「公務員なんだからそれで十分だろ」などと根性論で責めるのではなく、先を見据えた建設的な議論・改革が求められる。
 ★ ★ ★
 
 フェイスブックで「学び合い」の西川純先生が、以下のようなことを書かれている。
  ★ ★ ★
ここまで書く必要は無いけど・・・・
 仮に、顧問も部活指導をしたい。子どもも部活動をしたい。保護者もお願いしたい。という状況であっても、定常的な土日の部活は脱法です。
 だって、学校の教育活動は個人の趣味でやっているわけではありません。校長の管理下です。だから、校長が命じて土日に部活をやっていることになります。ところが、校長が土日に勤務を命ずることは出来ますが、例外的であると法に定めています。
 従って、校長は脱法をしているのです。
 それを子どものためだと正当化するのは、お客様のためだと正当化する、どこかのブラック企業と全く同じです。
★ ★ ★
 「脱法」とは、広辞苑を引くと次のようなことになる。
「法律に触れないような方法で、実際は、法が禁止していることを犯すこと。」
 
 部活指導をしている教師は、自分が「脱法」行為をしているという自覚はもちろんないであろう。校長にもないであろう。
 問題は、文科省である。
 「脱法」行為をしているということを分かりながら、放置していることになる(検討をしている段階らしいが)。
 脱法ドラッグが問題になったことは記憶に新しいではないか。
 「脱法部活」も何とかしなくては、中学校の先生たちの生活を守ることはむずかしい。
  ★
 勤務時間を過ぎて、学校に平気で電話してくる保護者はごまんといる。
 
 緊急の場合は仕方がないが、ほとんどが「子供が荷物を忘れたので取りに行っていいか?」ということから、苦情の連絡である。
 保護者は、教師の勤務時間が5時までだということの自覚がない。多分、9割以上の保護者はそうだと思われる。
 先日のブログでも書いたが、横浜市教育委員会は、8月の8日から12日まで学校閉庁日とした。その間の緊急ごとは教育委員会に連絡してほしいという措置。
 多分、教育委員会が取り組んでいる教師の仕事の軽減措置の1つと思われる。
 土日を入れると、9日間の休みになる。
 やれるではないか、ということである。
 今その気になれば、どこでも来年からやることができる。
  ★
 それから、これも何度も書いているが、学校は5時になったら、留守電に切り替えること。
 緊急の場合は、学校用の携帯電話(教頭が管理している)に電話すればいいようにすればいい。
 このことの効用は、3つある。
 1つは、どうでもいい連絡が減ること。
 2つ目は、保護者が教師にも勤務時間があることを理解できること。
  3つ目は、教師の負担がかなり軽減されること。
 教育委員会がきちんと決定し、学校へ周知すれば必ず実現できる。
 これは脱法でもなんでもない。当たり前のことである。
 でも、こんなことさえも実際には学校現場で決定することはむずかしい。それは教師たちの一部が「そこまでやることもないんじゃないですか!」という声をあげるからである。また、5時過ぎに保護者と連絡を取らなければいけないことも確かにあるからである。
 
 だから、教育委員会である。ここが決定すればいい。最初は「6時以降は留守電にしていく」ということでいいはずである。

 

|
|

« このシンプルな場所に戻ってくればいいのだ! | トップページ | かめこ先生へ~あと半年前へ進めますか~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の従兄弟は中学校の教員でした。部活の指導は土日は「地域のスポーツクラブのボランティア」と位置づけられ、まさに脱法状態で指導していました。
従兄弟は42歳の若さで倒れ、学校内で倒れたにも関わらず、公務災害としては認められず結局裁判で最高裁までいきました。
裁判では公務災害としては認められましたし、高度な障害が残りましたが補助的な教員として身分が保障され、今も教員を続けています。
それでも、もう担任をもてるような状態ではないです。本人も支援が必要なぐらいの状態です。
土日の部活、毎日遅くまでの勤務、こうしたことが彼の身体を蝕んだのは間違いないことです。

私自身も、夜10時過ぎに管理職の先生とともに学校の最後の施錠をすることも、極まれにとはいえ、年間にゼロになることはありません。
それでも、電話を早い時間に切ってしまうのに躊躇いを感じるのは、とってもいけないことですね。
まずは6時から、というのはとても良い案だと思います。

先生が元気じゃないと、学校や子どもも元気でない気がします。

投稿: さくらっち | 2016年9月24日 (土) 18時35分

はじめまして。ブログ読ませていただきました、現在小学校で初任者で5年生の担任を受け持つかめこと申します。
日曜の夕方ということで、先生方によっては、もちろん私も含め憂鬱な時間を過ごしております。
しかし野中先生のブログを読んで、少し元気をもらってコメントを書かせて頂きました。
今、先生と先生のブログに出会えたことに感謝しつつ、相談文を書かせていただきます。

私は今、辞めたらプライドが。という理由だけで仕事を続けています。でも本当はもうこの仕事を辞めたいと思っています。

私は地元ではなく結婚相手の住む別の県の小学校の先生になりました。
同じタイミングで地元で特別支援の先生になった妹がいるのですが、彼女が楽しそうに仕事をしているのを家族のグループラインに載せる姿を見るとどうしても辞めたくないのです。

あたしの職員室は環境としては本当に最悪だと思います。唯一の理解者である養護の先生と図書の先生を抜いたら、どの先生も敵だと思っています。自分中心な姿が見られ、初任者である私に対する言葉も本当にきついです。
管理職の先生方も私にはもちろん、周りの先生からも疑問の方々です。
学級も学校で一番荒れている学年を持たされて毎日てんてこ舞いです。もともとそんな学級だったのに、うまくいかないと私のせいだと周りの先生は言います。《うちの学校は単級です。》
先日運動会があったのですが、力仕事は全部5年生に回ってきました。おそらくお局の先生ばかりなので、教務主任の先生も私とあたしのクラスに頼みやすかったのでしょう。

唯一、保護者が私のような初任者に対して理解のある方が多いので、凄く救われています。
「先生、初任なのに大変だね」と声をかけてくれます。

地元ではない上に、こんな学校でこんな職員室でがんばれるわけもなく、今家に帰るところなのですが,憂鬱です。旦那も仕事やめなよ、と言ってくれています。旦那は異業種です。

身の回りにいる初任者の先生たちは地元の人ばかり、2クラス以上ある学校でクラスを受け持たされているのでとても楽しそうです。
みなさん地元の先生なので、私はアウェー感も半端なくあります。つまり、あまり誰に相談しても、「大変だね、私はあなたに比べたらまだらくな方だわ」と言われて終わりです。

話があちこちに飛んで申し訳ありません。
なんとか辞めずに、仕事を続ける方法はありますでしょうか?アドバイス頂けるとありがたいです。よろしくお願いします。

投稿: かめこ | 2016年9月25日 (日) 16時28分

かめこ先生のお悩み,初任者の頃の自分と重ね合わせて読ませていただきました。かめこ先生のお悩みに対する答えにはならないかもしれませんが、以下は、私の考えたことです。
 
 現在は、新卒、若手の教師にとっては苦境の時代です。原因は様々あろうかと思いますが、私の考えるところは、「学級経営の原理原則を大学の教員養成課程で十分に学べず、武器を携えずに現場に出て担任をせざるを得ない」ことと、「学級づくりの重要性を、現場が、中でもベテランとされる教師達が十分に理解していない」ことの2つにあると思っています。
新卒、若手の先生は、学級づくり、授業づくりのノウハウ、技術、経験はもちろん、子ども達への個別対応、発達障害の子どもへの対応など、あらゆる面で圧倒的に力量、経験が不足しています。これは、当たり前のことです。そして、それが普通です。
 しかし、「若さ」という、ベテラン教師にはどんな努力をしても持ちえないものを持っています。ずばり言い切ってしまうと、その「若さ」だけが取り柄です。しかし「若さ」だけでは、1年間の学級担任は勤まりません。いや、1年間どころか、最初の1ヵ月も危ういかもしれません。
ただ、どんなに困難を感じようと、どんなに苦境に陥ろうと、すべての経験は教師人生の糧となり、教師としての血肉となっていくものです。どんなに若手の教師でも、どんなにベテランの教師でも、子どもを相手にする以上、必ず困難に出会います。この困難に正面から立ち向かい、真摯に取り組むことで、教師としての力量はアップしていくのです。これは、担任をすることでしか身に付けられない力です。
ただ、かめこ先生のお悩みは別のところにもありますね。職員室での人間関係です。
私の場合、最初の配属先は、同じ県内でも、地元からはかなり離れた土地で、全校児童800人を超える大規模校でした。学年も4~5学級あり、先生の世代、経験も様々でした。そんな中、頼りになったのは初任者研修担当の先生でした。新卒で、何もかも分からない状況で、しかも、やんちゃな子どもが何人もいる荒れた学級を担任している状況で、何かあればその先生に頼り、聞きまくっていしました。しかし、実際には、日々の激務の中で、初任者指導の先生自身が他にも多くの校務分掌を抱え、私の指導に手が回らないことは多々ありました。そういうときは、学年主任やその他の周囲の先生方の力がモノを言います。私は、どちらかと言うと「頼り下手」で、自分の失敗を自分の責任と考え、相談せずにいる日々が続きましたが、周囲の先生方が声をかけてくれたり、サポートをしてくれたりしてくださったおかげで、這いつくばりながらも1年間を乗り切ることができました。ただし、先生の場合、そのフォロー体制もうまくいっていないのですね。
ただ、だからこそ、新卒教師であるかめこ先生は、どんどん「ヘルプ」を出していいのだと思います。むしろ、先生が最も心がけてすべきことは「一日中ヘルプを出すこと」と言っても過言ではないのではないでしょうか。逆に言えば、「ヘルプ」を受け止め、新卒、若手教師を育てることは、学校の地力を示すバロメーターと言えなくもありません。かめこ先生にとって、周囲の先生方がとてもキツい存在なのであれば、だめでもともと、どんどん頼って、助けてくれなければ、その先生はその程度だった、と割り切ってしまっていいのだと思います。しかも、先生が「ヘルプを出し続けた」という事実は残ります。
また、地域の力も欠かせません。「皆で新卒教員を育てよう」という姿勢は、学校に限ったことではなく、保護者にも言えることなのです。現在の私の学校もそうですが、地方の学校には、まだその雰囲気は根強く残っています。しかし、都市部に行けばいくほど、その雰囲気は薄らいでいると聞きます。それは、地域の連帯感の希薄化の裏返しでもあるのでしょう。その点、先生は保護者の方から好意的、肯定的なフォローを受けていますね。そういう保護者の存在は、大変ありがたいことですね。ぜひ、つながりを大切に、感謝して、ひたむきに子ども達と向き合い続けてください。その姿勢が、必ず先生への信頼となって現れます。
最後に、繰り返しになりますが、今、新卒、若手教師にとっては苦境の時代です。社会や子どもが質的に、目まぐるしく変化し、これまで通用した教育原理、指導手法が通用しない局面が続出しているのです。そして、それは中堅、ベテラン教師にとっても同じです。
「今までは何とかやってこられた。でも、今はどうにもならない。」
そう思う教師が、これからますます増えるのは間違いありません。しかし、だからこそ新卒、若手の教師の存在が必要なのです。この苦境の時代に、若さで立ち向かい、周囲の先生にどんどんヘルプを出し、サポートを受け、学級を組織していくこと。いつか必ず困難には出会うのだから、それをいかに受け止め、次につなげていくかを日々熟考し、全力で1年目を乗り切ること。それが、2年目以降に生きてくるのです。そして、そういう新卒、若手の存在が、周囲の教師をも質的に変えていく原動力になるのです。
それでも、「辞めたい」と思われたのであれば、そういう選択肢もあります。かめこ先生は、まだお若いでしょうから、他の道を模索されてもいいのだと思います。教職は、命をかけてまでするような仕事ではありません。
しかし、どうかこのブログに出会われ、前向きな気持ちになられたことを大切に、がんばってみられる価値は大いにあると思います。がんばってください。応援しています。

投稿: げんちゃん | 2016年9月25日 (日) 18時48分

 野中先生、こんばんは。

 九月も、もうすぐ終わろうとしています。今月は、自分の力のなさを嫌というほど思い知らされました。
 大きな行事があったのですが、自分のクラスは集団行動のできない子が多く、周りの先生に迷惑をかけてしまいました。

 また、行事ともなると職員で様々な準備作業があるのですが、私はほとんど勝手が分からず、右往左往してばかりでした。

 悔しくて、情けなくて……自分は本当に何もできないのだなと。

 ここ最近は、仕事そのものに意欲が上がらず、毎朝体を引きずるように出勤しています。初担任なのに、こんなことではいけないと思うのですが……体がついていきません。仕事もたまっていく一方です。

 もともと、真面目すぎる性格だとよく言われます。変なプライドがあるのかもしれません。こんな弱いメンタルでは、教員をやめた方がいいんじゃないかとも思ってしまいます。


 仕事がうまくいかない時、どうすれば少しでも前向きになれるでしょうか。相談とも愚痴ともつかないような内容で、申し訳ありません。

投稿: 童神 | 2016年9月26日 (月) 22時56分

童神先生へ、コメントを見ました。
 今回の大きな行事での経験で、自分のことが分かったと書いてありました。
 自分が何もできないのでショックを受けたというのですね。
 私はそんなことにショックを受けることがおかしいと思います。初任者は、分かっている先生たちと同じようにできません。当たり前です。
 私も初任の頃は、そうでした。慣れていないし、やったことがないからです。
 初任者は、誰でもが最初はそうじゃないですか。
 自分はこういうことが苦手なんだなと分かって、かえって良かったじゃないですか。
 気にしない、気にしない。
 できないことは、まだいっぱいありますよ。
 でも、自分ができることもあるのです。
 そこで、自分を発揮すればいいじゃないですか。
 

投稿: 野中信行 | 2016年9月27日 (火) 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/64243871

この記事へのトラックバック一覧です: 人間らしい生活を送る権利をください!:

« このシンプルな場所に戻ってくればいいのだ! | トップページ | かめこ先生へ~あと半年前へ進めますか~ »