« 保護者の方のコメントに答えて | トップページ | つれづれなるままに~9月も忙しかった~ »

やなぎ先生へ答えます!

  新潟へ行っていました。

 やなぎ先生、返事が遅くなりました。
★ ★ ★
 こんばんは。
以前相談させていただいたやなぎです!
僕のような初任者の人のことを
思ってくださっていてありがたく思います。

2学期が始まって1週間は経ちました。
子どもたちも最初の3日日間くらいは
非常に頑張っていたのですが
最近だれてきている姿があります。

テキパキ博士という博士を作っていて
タイマーを使って◯分でできたら
テキパキ博士!といってしています。
1学期のころは帰りの用意など
本当にけたたましいぐらいのすばやさで
できていたのですが
最近は時間内にできる子どもが
減ってきています。

クラスの雰囲気なども関係あるのでしょうが
そのことに困っています(>_<)
何か一助いただけたら幸いです。
投稿: やなぎ | 2016年9月12日 (月)
★ ★ ★

 はかせ方式を使い、最初はがんばっていたのがだれてきているという状況なのですね。
 考えられる原因は、2つありますね。

 ①「はかせ」の設け方に問題がある。
 ②方向性をどのように示しているか。

 ①について
 はかせ方式には、時間を競うというようなものは、最初はやらない方がいいですね。
 やなぎ先生のクラスは、多分スピード感がなくなっている。何でもだらだら過ぎていくという状況。そこで、「てきぱき博士」ではやくしようという発想だったのでしょう。
 でも、これは時間内に間に合わないという経験を何度かしていけば、「もうだめだ!」ということになりますね。
 こういう子供たちには、他のハカセで、「できる」という成功体験をもたせることを何度かやって、それから「これは難しいかも知れないけど、今はできないかもしれないけど、挑戦してみるかな?」という感じで、提出した方がいいです。
 彼らには成功体験を積み重ねさせることが大切です。
 てきぱき博士がうまくいっていないならば、さっさと引き上げることが大切です。
「これはむずかしいようですね。じゃあ、これはとっておきましょう。」とさっさと引き上げることです。
 決め手は、目の前の子供たちの状況です。
 こだわることはないのです。

 ②の方向性です。
 このハカセになることによって、どんないいことがあるのかを語らなければいけないですね。
「これができるようになると、ほかのこともすばやくできるようになってきます。楽しみですね。がんばりましょう」と。
 そして、盛んにフォローを加え、大げさに喜んであげることが必要です。
 
 できるようになったハカセが増えていけばいいですね。
 常時どのくらいのハカセに取り組んだがいいかは、クラスの状況によって違ってくるのでしょうが、私が指導した初任者のクラス(2年生)は、5つぐらいでした。
 
 

|
|

« 保護者の方のコメントに答えて | トップページ | つれづれなるままに~9月も忙しかった~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ごぶさたしています。以前相談させてもらったみみこです。
やなぎ先生と同じように、ハカセ方式にチャレンジしています。今やっているのは、朝の用意、姿勢バッチリ聞き名人、 給食の用意、用意バッチリの四つです。できない子ではなく、出来ている子を見つけるスタンスでこちらも見られるので、こちらも子どもたちも雰囲気が前より良くなりました。
ただ、前から気になっている二人の子は、授業になると必ず、気持ち悪い、体が痒いと訴えて来ます。養護教諭とも相談して、保健室行ってきますカードを作りました。保健室へ行くときは担任が理由と時間を書き、それを持って行かないと見てもらえません。保健室では、養護教諭もどう処置したかを記録してもらっています。そのカードのおかげか、勝手に行ったり1時間戻ってこないことは減りました。ただ、毎時間訴えて来ます。何時には帰っておいで、と約束していかせるんですが、毎時間それが続くとこちらも結構心が疲れてきます。
ハカセ方式で、前よりも周りのスピードは上がっていますが、やる気が出なくて何もしない子、突然切れて机を蹴り倒す子もいたりして、なかなか落ち着いて1時間の授業が進まないことが多いです。
一生懸命やっている子を見つけて褒めるスタンスを忘れないように頑張ります。かき乱す数名の子だけでは崩壊は起こらない、残りの8割の子を味方につけることが大事だと心に留めて。運動会も終わったので、これからはクラスで過ごす時間がぐっと増えます。入ってもらっている支援の先生とも連携をとりながら頑張ります。
やなぎ先生お互い頑張りましょう(^^)

投稿: みみこ | 2016年9月18日 (日) 12時04分

こんにちは!
お忙しい中、
一つの記事にして回答してくださって
本当にありがとうございます!!

先生が答えてくださった2つのことが
自分の中でも盲点でした(>_<)
試していく中でアドバイスが
いただけるのは本当に嬉しいことです。

また子どもたちに話してみます!!

投稿: やなぎ | 2016年9月18日 (日) 15時23分

 野中先生、ご無沙汰しています。

 二学期が始まり、日直や係といった学級システムについて、野中先生の本を参考に修正を施しました。
 その結果、朝会等への教室移動は、一学期と比べるとスムーズにはなってきました。また朝の会も、僕がいなくても自分達でできるようになってはいます。

 ただ、なかなか「友達先生」からは抜け出せません。

 一学期の時に手を焼いていた男子三人が、ますますワガママになってきています。授業中に席を立ったり、注意されたり何か気に食わないことがあると、露骨にふれくされた態度を取ってきたりします。

 また、掃除がうまくいきません。その男子三人が、どうしても遊んでしまいます。先週は二日連続で、かなりきつく叱ったのですが、それでも伝わっている感触はありません。

 やはり「優しそうに見える先生」だと、際限なく甘えてくる様子があります。距離感の取り方が、今一番の課題だと感じています。

投稿: 童神 | 2016年9月18日 (日) 17時29分

野中先生、こんにちは。

先生のおっしゃる「設定の仕方」と「方向性」。まったく、その通りだと思います。

私も現在、前年度まで荒れていたクラスを担任し、立て直しを最重要課題に掲げて半年間やってきました。
彼ら彼女らにフィットする方法は徹底して継続し、そうでないものは「なぜ合わないのか」を考え、手立てを再検討し続けてきました。
また、何をするにも「意図説明」は欠かさずにやってきました。子ども達はこれまで、「もっと伸びたい」、「みんなで力を合わせたい」と思ってきたものの、それを実現するために不可欠な学級の土台、基盤が揺らいでいて、日々、自分達のダメな部分を見せつけられてきたのだと思います。だからこそ、「これをすることで、絶対に前に進めるよ」、「今の自分を超えていけるよ」と、励まし、フォローし続けてきました。

今後も、学級づくりに対して意図的、計画的、継続的に取り組みますが、この2つの視点は欠かせないと再確認した次第です。
そして、そういう担任の姿勢が、もしかしたら「隠れたカリキュラム」として、子ども達に大きな教育効果を及ぼしているのかもしれません。

強く、強く自覚的でいたいと思います。

投稿: げんちゃん | 2016年9月18日 (日) 18時06分

 野中先生、皆様、お久しぶりです。PN・TOSS超末端教師です。
 TOSSを名乗りながら、最近全くTOSSのことを見ていないので、超をつけさせてもらいます。3連休中なので、何とか読めています。


 みみこ&童神両先生、お疲れ様です。

 お返事をみる限りですが、2学期は学級全体としては相当状況はよくなっているのではないでしょうか。まずは、それでよしとしましょう。
 学級の80~85パーセントが上向きになれば、いいのです。80~85パーセントの中でも、こぼれる子が時々いるのが普通です。ベテラン教師ですらそうです。だから、経験の割に(失礼!)大成功というレベルだと思います。
 学級担任としては、8割レベルが落ち着けば、十分責任は果たせていると思います。(10割が無理な理由は次にて)


 さて、お困りの児童たち、すなわち、みみこ先生の2人&童神先生の3人について、私の考えを申し上げます。
 見ていないので断言できませんが、私(経験年数28年)でも手を焼くレベルでしょう。
 おそらく、前学年から要注意とされていた子、特別支援かそれに準ずる子だと思われます。
 仮に前学年にそうでなかったとしても、いずれ“爆発”したであろう子だと思います。


 こういう子たちは、学級が落ち着いた(ている)からといって同様になる確率は(極めて?)低いです。
 次年度、その子たちはクラス替えが可能ならば、バラバラになるようにクラス編成されます。もちろん、その情報は次年度以降に引き継がれます。
 しかし、言葉は悪いですが“類は友を呼ぶ”ごとく、同じような傾向の子はくっつくことがあります。
 そうなると、いかに公的な場でこの子たちの影響を少なくするか、です。私的な場では、普通では難しいです。大喧嘩して、「もうあの子と一緒になるのはいやだ!」と心の底から思うことがあればしめたものですが。


 結局のところ、学級経営は80~85パーセントをいかに安定させるか、残り20~15パーセント(特別支援か準ずる)の爆発させるのをいかに小さくするかにかかっているのです。
 最近は、保護者のクレームをいかに最小限にするか、ということもあります。(ほとんどは後者の親。これも特別支援系だったりする)


 ということで、担任なので(しかたなく?公的に)みていかなければなりませんが、内心は担任外に頼ってもいいと思います。管理職、特別支援教育コーディネーター、特別支援学級担任、養護教諭、相談員等々です。外部機関と連携できる状況ならそこも含めて、です。


 つまり、この子たちは、担任だけで対処できるレベルを(はるかに)超えているものと推測します。
 「(公的には)担任の力が及ばず申し訳ありません」と言って、実際には(悟られないように)担任外に頼りまくるということでいいのではないでしょうか。 

投稿: TOSS超末端教師 | 2016年9月19日 (月) 11時11分

 みみこ先生へ 追伸です。
 
 先の2人以外で、「やる気が出なくて何もしない子、突然切れて机を蹴り倒す子」について。

 まず、「やる気が出なくて何もしない子」について。
 どういう状況かにもよりますが、漢字練習や算数の計算で、ちょっとやる気だせばやれるじゃん、という時。
 私だったら、そっと声掛け。それでも動かなかったら、ノートに赤鉛筆できっかけになるところを薄く書く(子供によっては鉛筆で書く)それでもうごかなかったらかなり書いてしまい、あと一歩で完成まででとめる。書くようになったら、大いにほめる。(次は多分自力でできる。はず)
 話し合いなどのやや要求の高いことを求めている時。
 モデルが示せればモデルを示す。それも無理なら、無理にさせない。やれる気になったら、やらせる。
 
 こういう子は、やることがわからない、エネルギーが続かない子であろうと思われます。頻度が多いと特別支援・準ずるレベルでしょう。

 「突然切れて机を蹴り倒す子」について。
 こういう子は、けんかが絶えない、多動、ぎりぎり席には座っているが何か安定しない、が伴っているはずです。落ち着きある子がいきなり、というのはほとんどないでしょう。
 私なら1回でもあると、(どういう理由があれ)特別支援・準ずるにピックアップします。ほぼADHD系でしょう。

 みみこ先生が書かれた通り、「あの学校は大変だね」といわれているところですと、80~85パーセントは高すぎる数字なのかもしれません。
 参考までに、底辺校などといわれている学校・地域では、「80パーセント近くが発達障害・特別支援かそれに準ずる」というのもあるそうです。

 まあ、無理なくいい意味で適当にやることでしょう。
 「学級だけの責任じゃない」(状況により「学校だけの責任じゃない」)と割り切ればいいと思います!!

投稿: TOSS超末端教師 | 2016年9月19日 (月) 11時37分

TOSS超末端教師さんの記事を読み、しみじみ思いました。


「無理なくいい意味で適当にやることでしょう。「学級だけの責任じゃない」(状況により「学校だけの責任じゃない」)と割り切ればいいと思います!!」


そういう心の在り様に辿り着くまでが、なかなか大変なのだと思います。真面目な先生ほど「きちんとやらなければ!」という使命感にかられ、学級の荒れの原因の所在を、自らの技量不足に求めます。初任、若手の先生は、中堅、ベテランの先生に比べて、まだまだ技量が不足していて当たり前なのですが…。
その意味で、学年、学校としてのチーム力も問われるのだろうし、若手の先生方への指導や、日常的なフォローも問われてくるのだと思います。


自分は、現在の学級経営の核として「崩壊学級の特徴を出さない」ことを肝に銘じています。中村健一先生の主張です。やんちゃな子どもとの「横糸張り」も日々続けています。
教室のちらかり、薄汚い黒板、椅子のはみ出た机などは、見つけ次第清掃、整とんし、「荒れ」が視覚を刺激しないようにしています。
また、授業中に離席したり、大声を上げるような子どもとは、休み時間に思いっきり遊び、その後に気持ちの落ち着きを見計らって「さっきの授業、友達へのちょっかいが多かったなぁ。あれじゃ、友達が困るよ。君もそうだしね…。」と肩を組んでぼやくようにしています。もちろん、叱るときは勢いよく叱ります。夕立のように、短く、サッと。そして、叱った分、褒めます。やんちゃな子でも、必ず他の子にはない”キャラ”があると確信しているので、それを見つけて、笑いに変えて、彼らの居場所づくりに努めます。

そうして半年が経ちました。
野中先生がおっしゃる「物語を紡ぐ」過程こそが、安定、安心した学級づくりそのものであることを信じて、これからも紡いでいきます。
時間はかかっても、それが本当の子どもの変化であり、成長であることを信じて、励みます。

もしかしたら、そうしているうちに、「無理なくいい意味で適当に」、子ども達との時間を過ごせる「自分自身」を発見してこれたのでしょうか。

投稿: げんちゃん | 2016年9月19日 (月) 17時33分

みなさん、ありがとうございます。色々アドバイスしてもらったことを心に留めて、来週からやってみます。
前任校では、20分休みはほぼ毎日子どもと遊んでました。ただ、今年度から、宿題忘れの子や、授業中にやらなければならないことが終わらない子への対応に追われ、ほとんど遊べていません。口やかましいお母さん的な先生になっているんだろうなあ、と思います。
げんちゃん先生の言われるように、手のかかる子とこそ遊んで横糸を張ることを明日から少しずつでもしていけたらと思います。これからも色々教えてください。新しい職場になってから、なかなかまだ心を開いて苦しい心境をじっくり聞いてもらえる同僚が見つけられていないので、このサイトは私の今の応援団的な存在です。しんどいのは自分だけじゃないと思えるだけで、ずいぶん気が楽になります。明日からまた頑張ろうという気持ちになります。本当にありがとうございます^o^

投稿: みみこ | 2016年9月19日 (月) 22時33分

みみこ先生へ

コメント欄でお邪魔します。知的特別支援学校の教員です。いつも読ませていただいています。
やんちゃな子が気になり、特別支援から見た提案をしてみますね。
TOSS末端教師さんのご指摘のように、なんらかの発達障害を抱えている子にも見えますが、定型発達の子でも「目の機能がまだ未発達」「体幹が弱い」「椅子や机がその子に合っていない」ことでも立ち歩きや学習の遅れに影響が出ます。
元々発達障害やその傾向にこれらの要素が加われば尚更でしょう。

ビジョントレーニングで学級崩壊が治まったと言うレポートもあるぐらい、目の機能は大切です。一度ビジョントレーニングについて是非学んでみて下さい。今は分かりやすい本が沢山出ています。
また、そわそわと立ってしまうのは、その子自身に自分の身体を支える力がないときにも起こります。遊びの中で体幹が鍛えられるようなことができるといいかも知れません。本人にも、やる気やその子のせいではなく、身体鍛えると勉強を頑張る力がつくよ!というのが伝わるといいなと思います。
椅子や机の高さが合っていなくても同様です。また、靴は最近は運動会で早く走れる靴を皆履いていますが、あの靴の裏側を見て下さい。ぞっとします。重心がどちらも同じようにかかる作りになっています。小さい頃からあれを履いていると、当然背骨は歪んできます。歪んだ姿勢で集中して勉強しろと言うのも無理な話ではないでしょうか。

簡単に触れましたが、「身体」に注目するのは我々特別支援の人間でも見落としがちな観点です。立ち歩いてしまうある子の椅子に滑り止めシート(100均などでよくあるやつです)を敷いたら「足が勝手にブラブラしなくなってとってもいい」という感想が出たそうです。その子は自分の意志ややる気やメンタルな部分が弱いのではなく、椅子に長時間座っていられるだけの身体能力が弱かっただけなのです。そして本人もとても困っていた訳です。

一度、こうした視点からもやんちゃな子たちを見ていただき、僕たちは先生から見放されていると感じないような、少しでも、その子なりに学級についていこうと思えるような支援が実現したらよいなと思います。

お互い頑張りすぎず、頑張りましょう!

投稿: さくらっち | 2016年9月24日 (土) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/64219564

この記事へのトラックバック一覧です: やなぎ先生へ答えます!:

« 保護者の方のコメントに答えて | トップページ | つれづれなるままに~9月も忙しかった~ »