« みみこ先生に答える~ハカセ方式のこと~ | トップページ | つれづれなるままに~69歳の誕生日~ »

つれづれなるままに~とんでもない暑さであった~

  ●とんでもない暑さであった。
 12日から郷里(九州の佐賀)へ帰った。
 毎日37℃、38℃が続くのである。
 
 確実に体温より高い。
 外へ出ただけで汗が噴き出る。
 どこにも身の置きどころがない感じになる。
 
 退職後九州へ帰るという選択肢もあったが、一番の難題はこの夏の暑さである。
 寒さはそんなに嫌いではないが、この暑さはとても耐えられない。
 
 16日に横浜へ帰ってきた。
 そのさわやかさにほっとする。
 
 といっても17日の暑さは大変であったが…。九州から暑さを連れてきた心境になった。
 早く秋の訪れを待ち望んでいる。

●母の入院はさまざまに心配をかけてしまった。
 おかげで回復し、22日には退院できるようになった。
 暮らしている施設に戻ることになる。
  「ガンバレ!ガンバレ!」と願っていたわけである。

 だが、95歳の高齢。
 12日、佐賀の入院先で見舞ったが、もう昔の元気さはなかった。
 十分に生き長らえたはずである。
 覚悟はしておかなくてはならない。

●部屋の中を歩いていて、右足の小指が扉にぶつかった。
 その日はさほど痛みもなく、そのまま忘れようとしていた。
 ところが、次の日に強い痛みに襲われ、思うように歩けなくなる。

 もう完全に骨折を疑わなければいけない。
 あわてて整形外科へ駆け込む。

 早速レントゲンを撮る。
 先生曰く。
 「骨折はしていません。ただ、かなり腫れているので治るまでだいぶ時間がかかります。特に、小指は治りにくいのです」
 「先生、25日は愛知県にどうしても行かなくてはならないのですが…」
 「いいですよ。痛いですけどね」
 「…………」
  25日は、朝4時起きで愛知県愛西市での講演に向かう。
 それまでに何とか靴が履けるようになればいいのだが…。

●この夏、リオオリンピックで明け暮れた。
 同じ映像を繰り返し見せられて、うんざりすることもあったが、まあまあこんなものであろう。

 競技は、勝者と敗者が分かれる。
 勝者は、勝利の喜びだけでなく、敗者への気遣いも必要だ。
 また、敗者は、敗因の意味を語らなければいけない。
 ここにはアスリートの度量が現れる。

 一番印象に残ったのは、敗者の対応というもの。
 
 金メダルに輝く選手は、一様に輝いて見える。
 しかし、敗者の選手の対応は、さまざまであった。

 内村は「あなたが審判に好かれているからこんな得点が?」というような記者の質問を浴びていた。
 内村に敗れて銀メダルをとった選手。「いったん得点が出ればそれは公平な結果。質問は無駄だと思う」と弁護していた。
 そのさわやかさ。

 50キロ競歩。銅メダルの日本選手に負けた4位のカナダ選手。接触でカナダからのクレームが出て、一時は失格になった。しかし、抗議で覆った。
 4位の選手は、「抗議は上の方がやったことで、あんな接触はよくあることで、競技の1つ。私はこれ以上抗議することはしない」と。
  実にさわやかな対応。
 
 敗者の対応は、そのアスリートの度量と人間性がにじみ出る。
  
 ★
 誰でもが、成功ばかりはない。
 むしろ、失敗や挫折などが数多い。

 大切なのは、その時の対応である。
  その場面での敗者がいつまでも敗者を続けることはない。

 「この次だよ」と前へ前へと歩いていくことである。
 最終的な人生の勝者になればいいのである。

 

 
  
 

 
 

|
|

« みみこ先生に答える~ハカセ方式のこと~ | トップページ | つれづれなるままに~69歳の誕生日~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/64094734

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~とんでもない暑さであった~:

« みみこ先生に答える~ハカセ方式のこと~ | トップページ | つれづれなるままに~69歳の誕生日~ »