« また、現場は新しい課題を抱え込む(1) | トップページ | つれづれなるままに~お盆は九州である~ »

また、現場は新しい課題を抱え込む(2)

   諸富先生の本を読みながら、先日のコメントがあった「みみこ先生」のクラスの子供2人のことを思った。
 
 この子たちも、「愛着障害」の子供ではないかと。
  みみこ先生、ぜひこの本も読んでください。
 ★
 諸富先生の、次のような指摘が目にとまる。

  ★ ★ ★
 大切なのは、教師同士の連携、チームワークです。学校や、幼稚園、保育園、学童クラブ(放課後児童クラブ)を、子どもにとっての「心の安全基地」にするためには、スタッフ同士の連携がすごく大切なのです。
 かんしゃくを起こした子どもは、「この先生の言うことは聞かない」と意固地になるからです。
 「むこうへ行こうよ」と促されても、「いやだ、ここじゃないとダメだ」と、ばたばたして抵抗するばかりです。
 この場合、もしどなって説教したら、余計に子どもは緊張して、パニックになってしまいます。こういう子はむしろ、ゆるめてあげることが大切です。
  ★ ★ ★
 また、次のような指摘も目に止まる。

  ★ ★ ★
 子どもが荒れる原因が、発達障害であれ、愛着障害であれ、いちばん大事なことは、「学級が子どもたちにとっての安全基地」になることです。
 心が荒んでいる子どもが落ち着いていくために重要なのは、「安心安全な環境」を提供することです。
 覚えておいて損のない重要な法則は、「場所を変えると、気持ちが落ち着くことが多い」ということです。
  ★ ★ ★
  ここでぴったりと、諸富先生と私の「学級づくり」が一致する。
 今、「学級づくり」の第一のねらいを「安心・安全な居場所づくり」と設定している。
 
 これが、まず第一に取り組まなければならない課題である。
4月の1ヶ月は、「授業づくり」よりも優先されなければならない最優先課題。
 
 そのために必要になるのは、学級内ルールの確立である。
 このルールが学級で息づいていないと、「安心・安全」な基地にならない。
 治安がきちんとできていないところでは、住民が安心して暮らせないということと同じである。
 
 朝の会で「これはしてはいけない」「あれはしてはいけない」と伝えるだけではルールは学級に息づかない。
 子供たちが、自分たちで実践して、自分たちで「守れた!」という体験を経て、クラスのルールとして定着していく。

 そこで「目標達成法」や「個人目標達成法」(ハカセ方式)を提案している。
 軌道に乗ると、すぐにクラスは落ち着く。
 ぜひ試してみてほしい。
 


 
 
 
 
 

|
|

« また、現場は新しい課題を抱え込む(1) | トップページ | つれづれなるままに~お盆は九州である~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先日は、長々と相談に乗っていただきありがとうございました。

複数の先生方の文章を拝見し、気づいたことがあります。

私は保護者の立場から、授業授業とそのことばかり思っていましたが、その前に生活全般が落ち着いたクラス作りをすることに先生方が大変ご苦労をなさっているということです。
これはもう、先生方のみの責任ではないと思います。各家庭の保護者にもおおいに責任があります。

我が子のクラスにも隣のクラスにも、発達障害なのか愛着障害なのかわからないが問題行動の多い子供が何人もいます。いや十数人か?

我が子の通っている小学校では、子供の問題行動(特にお友達にケガさせた)を先生が保護者に教えてくれません。

子供が被害児童になった場合(ケガをした場合)は、先生から電話連絡があり数分間の説明があります。しかし、そこで加害児童の名前は教えてもらえません。また、加害児童の親には連絡をしていないそうです。子供に聞けば、保護者は加害児童が誰か分かるののに、、、。

それで、保護者の立場から教えていただきたいのですが、なぜ先生方は加害児童の保護者に連絡をなさらないのでしょうか?

子供の問題行動は、先生と保護者が協力しないと解決しないと思います。

我が子の学年の問題行動の多い子の保護者には、発達障害や愛着障害について十分な専門的知識を有する職業についておられる方が数人います。
きちんと担任の先生が客観的な子供の行動を保護者に連絡すれば、その数人だけでも問題行動が改まるのにと思うのですが。
そんな簡単な話ではないのでしょうか?

加害児童の保護者に連絡をしない学校の方針について教えていただければと思います。
我が子の学校の先生方にもお考えはあると思います。

切実に悩んでおります。どうかよろしくお願いします。

この掲示板は、先生方同士で勉強会の連絡や悩み相談をする場所であることは十分認識しております。

どうか乱入をお許しください。

投稿: ある保護者 | 2016年8月10日 (水) 23時20分

ある保護者様
乱入失礼します。教員をしております。
ご質問の件ですが、私はその状況でしたら加害児童の保護者にも連絡をすると思います。被害児童と同様に保護者にも報告する必要は十分あると思うので。
何か理由があるのかもしれないので聞いてみるといいと思います。考えられるのは、保護者の方が正常に対応できる状態ではないという状況でしょうか。その場合はかなり教員側の指導に委ねられるところがありますが・・・。
大きな理由がない場合には改善すべき点だと思うので、その担任の先生とお話ししたうえで、管理職の方にご相談してみてはいかがでしょうか。
ある保護者様のご意見、もっともであると思います。

投稿: スイちゃん | 2016年8月11日 (木) 11時46分

保護者の方へ
 コメントありがとうございます。
 このブログは誰でもが参加してもらっていいですので、どうぞ遠慮なく参加してください。

 質問されていることについては、スイちゃん先生が言われるとおりだと私も思います。

 普通、学校は、加害者の保護者にも連絡します。
 これは当たり前です。
 電話連絡だけではなく、学校へ来てもらうか家庭訪問して話します。
 だから、加害者に学校が連絡しないなんていうのはありえません。

 ありえるとすると、その加害者の保護者に連絡した場合、かえって学校の方が大変になるという事態です。
こういう場合は確かにあります。
 いろんな場合が想定できます。
 よくあるのが反対に居直られて、学校の責任ではないかと問い詰められる場合です。そういう保護者は確かにいるのです。
だから、学校はびくついて連絡しないのです。

 いずれにしても、おかしいことです。
 どこかで問題にしなくてはならないですね。
 
 

投稿: 野中信行 | 2016年8月11日 (木) 15時48分

 皆様、お世話になっています。
 さらに乱入!?させてもらいます。

 大原則はお二人の先生の通りです。
 あえて連絡しない(できない)親について。
 
 最近では、常識では考えられない親が存在します。
 突然、学校を介さずに教育委員会に担任の少しの短所を連絡したり。(匿名を使って)
 いじめを連絡すると逆切れしたり。
 ほんのわずかのミスに上げ足をとって、訴えるぞとおどしたり。
 私は、今では超末端教師ですが、そういうこともあってもいいように、安いTOSSの保険に入っています。
 
 本当に何でもないところから、突然危機がやってくるのです。
 私は、そういう話を聞いていたので、TOSS保険に入っていました。
 もめだしてから訴えられるまでが非常に苦痛なのですが、その期間でも相談可能です。ほかの保険は、訴えられてからしか、相談できないそうです。しかも料金は安い。(詳細は検索してください)

 詳しい話は書くことは控えますが、私の場合もありました。
 でも、TOSS保険に入っていたので、安心感はありました。
(結局、訴えることも訴えられることもなかったですが。)

 しかし、そういう保険に入っている人はまれです。
 組合で無料弁護士相談はありますが、教員数に対して弁護士が少なすぎると思えます。

 非常識な対応をとる関係者にくぎをさすためにも、TOSS保険のような相談できる組織が必要です。しかし、ない(非常に少ない)のが現状です。

 ということで、今できる方法としては、学校・教育委員会などが連携して問題にあたる。
 あるいは、信頼できる親組織(PTAがのぞましい)とも連携して、変な親(たち)を心理的に孤立させるしかありません。

 教師の"安全保障”ではありませんが、”力の対抗”も考えなければいけない時代になってしまっています。本当はしたくないですが。やむをえず、です。

投稿: TOSS末端教師 | 2016年8月11日 (木) 21時05分

ある保護者さまへ
加害者児童になぜ連絡しないのでしょうか?という話ですが、
私も連絡はすると思います。ただ、連絡するときはいつも悪いことで連絡してしまうことです。やんちゃな子どもの場合、その保護者の方は学校以外からもいろいろ言われていることがあります。学童から、登校班の上級生から、近所の大人からなどです。その一つひとつに謝ったり、家で子どもを叱ったりし、(家でのこと以外でも叱るので怒ってばかりのようになり、子どもとの関係も悪くなってしまう)疲れきってしまっている方も多くいます。そういった場合、学校から連絡が来るとまたかという気持ちでシャットアウトしてしまい、あまり聞いてもらえないことがあります。また、逆に自分の子どもがやっていないことまでこの子のせいにされて言われた、というような相談を受けることもありました。叱られる→自己肯定感が下がる→よけいにイライラして手を出す、などの悪循環になってしまっています。やはりそこから脱けだすには良い面を見つけてフォローを入れ、良い面を伸ばすことで問題行動を減らしていく必要があるのだと思います。そいいったやんちゃな子どもの場合は、悪いことだけでなく、良い面もその保護者に伝えて信頼関係を作らなくてはいけないのだと思います。
実際には、そのような余裕がなく、連絡するときには悪いことばかりになってしまいそのときになって反省です...

投稿: 普通の教員のうちの1人 | 2016年8月16日 (火) 23時48分

乱入をお許しいただき、皆さまありがとうございます。

とんでもない親が存在するには一票です。
運動会の日、ある保護者が連れて来た幼稚園児が、よその子をビシビシたたいていました。その保護者はビデオ撮影に夢中。でもその保護者の前で行われていたことなのでビデオ画面に映りこんでいると思います。で、ビデオ撮影が終わったら、その保護者はよその子に謝りもせずに、平然と立ち去っていきました。衝撃を受けました。
そんなにビデオ撮影が大事なの?

 もちろん、私も含めその場にいた他の大人が止めに入らない希薄な人間関係もおおいに問題があったのではと反省しています。

 普通の教員のうちの一人様がおっしゃるように、保護者も何回も先生から連絡が来るのに嫌気がさしているのだと思います。
 先生とその保護者の間で微妙な雰囲気が流れているのかもしれません。自己肯定感云々とか〇床〇理士の保護者だったら言いそうです。先生が何か言っても煙にまかれそう、、。

 TOSS保険についても拝見しました。実例の中で、保護者とのトラブルについてはマスコミ報道でよく知っていましたが、管理職や先輩教員とのトラブルについては衝撃的でした。本当に先生同士でこんなことあるのですか?

 ちなみに、私も子供が学校でケガをさせられてから保険に入りました。ケガをさせられて裁判になった時の弁護士費用特約(2つの保険で合計600万まで)と、ケガをさせられて加害者側に弁済能力がなかったとき保険会社が立て替えて払ってくれてから、保険会社が加害者から回収する保険です。例えば、イジメでケガをさせられた。危険とわかっていながら組体操をさせられてケガをした等の学校生活でも保険は適用されるそうです。
 日本スポーツ振興センターの保険は治療費+微々たる金額しか出ません。
 交通事故の保険のように通院慰謝料や保護者の付き添い費やタクシー代や後遺障害慰謝料や逸失利益を払ってもらえるわけではありません。
 払ってもらおうとすれば、裁判するしかないのです。

 先生方も保護者対策に備えられていますが、保護者も危険な学校生活に備えています。

投稿: ある保護者 | 2016年8月17日 (水) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/64033254

この記事へのトラックバック一覧です: また、現場は新しい課題を抱え込む(2):

« また、現場は新しい課題を抱え込む(1) | トップページ | つれづれなるままに~お盆は九州である~ »