« また、現場は新しい課題を抱え込む(1) | トップページ | つれづれなるままに~お盆は九州である~ »

また、現場は新しい課題を抱え込む(2)

   諸富先生の本を読みながら、先日のコメントがあった「みみこ先生」のクラスの子供2人のことを思った。
 
 この子たちも、「愛着障害」の子供ではないかと。
  みみこ先生、ぜひこの本も読んでください。
 ★
 諸富先生の、次のような指摘が目にとまる。

  ★ ★ ★
 大切なのは、教師同士の連携、チームワークです。学校や、幼稚園、保育園、学童クラブ(放課後児童クラブ)を、子どもにとっての「心の安全基地」にするためには、スタッフ同士の連携がすごく大切なのです。
 かんしゃくを起こした子どもは、「この先生の言うことは聞かない」と意固地になるからです。
 「むこうへ行こうよ」と促されても、「いやだ、ここじゃないとダメだ」と、ばたばたして抵抗するばかりです。
 この場合、もしどなって説教したら、余計に子どもは緊張して、パニックになってしまいます。こういう子はむしろ、ゆるめてあげることが大切です。
  ★ ★ ★
 また、次のような指摘も目に止まる。

  ★ ★ ★
 子どもが荒れる原因が、発達障害であれ、愛着障害であれ、いちばん大事なことは、「学級が子どもたちにとっての安全基地」になることです。
 心が荒んでいる子どもが落ち着いていくために重要なのは、「安心安全な環境」を提供することです。
 覚えておいて損のない重要な法則は、「場所を変えると、気持ちが落ち着くことが多い」ということです。
  ★ ★ ★
  ここでぴったりと、諸富先生と私の「学級づくり」が一致する。
 今、「学級づくり」の第一のねらいを「安心・安全な居場所づくり」と設定している。
 
 これが、まず第一に取り組まなければならない課題である。
4月の1ヶ月は、「授業づくり」よりも優先されなければならない最優先課題。
 
 そのために必要になるのは、学級内ルールの確立である。
 このルールが学級で息づいていないと、「安心・安全」な基地にならない。
 治安がきちんとできていないところでは、住民が安心して暮らせないということと同じである。
 
 朝の会で「これはしてはいけない」「あれはしてはいけない」と伝えるだけではルールは学級に息づかない。
 子供たちが、自分たちで実践して、自分たちで「守れた!」という体験を経て、クラスのルールとして定着していく。

 そこで「目標達成法」や「個人目標達成法」(ハカセ方式)を提案している。
 軌道に乗ると、すぐにクラスは落ち着く。
 ぜひ試してみてほしい。
 


 
 
 
 
 

|

« また、現場は新しい課題を抱え込む(1) | トップページ | つれづれなるままに~お盆は九州である~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: また、現場は新しい課題を抱え込む(2):

« また、現場は新しい課題を抱え込む(1) | トップページ | つれづれなるままに~お盆は九州である~ »