« つれづれなるままに~大忙しの日々~ | トップページ | 授業がうまくならない! »

童神先生のその後

  TOSS末端先生からのコメントで、もう十分に答えになっている。少し付け加えたい。

●童神先生からの返信 

 野中先生、TOSS末端教師さん、返信ありがとうございました。
 あれから良くなったり悪くなったりの繰り返しです。特に良くないのが、朝会があったりパソコン室等で授業を行う教室移動がある時で、どうしても子供たちが落ち着かず騒然としてしまいがちになってしまいます。

 頭では「フォローを」と思っているつもりでも、あまりに騒々しいとつい怒鳴ってしまうこともよくあります。その度に、なんてひどい実践をしているんだろう……と落ち込んでしまいます。

 原因を自分なりに考えてみますと、やはり野中先生の言われる「仲良し教師」になろうとしてしまっていたと思います。

 クラスのやんちゃな男の子達が、休み時間によく「抱っこして」「おんぶして」と甘えてきて、可愛いのですが、その感覚で授業を受けたり色々な活動をしてしまうので、どうしてもけじめが付けられません。

 今はなるべく、子供達との距離を「離す」ことを意識しているのですが、やはり一度できてしまった関係はそう簡単には変わりません。気づくのが遅かったでしょうか……。

 正直苦しい日々ですが、今日新たに「遊びハカセ」というものを設置しました。子供達同士の喧嘩・トラブルが多いので、「喧嘩せず仲良く遊べたらハカセ一個」と決めました。昼休み時間が終わる頃、口々に楽しかったと言いながら名簿表に丸を付けていく子供達の姿を見て、まだまだ担任の自分が諦めてはいけないな、という決意を新たにしました。
 ★ ★ ★
 童神先生は、とても正直である。
 また、怒鳴ってしまうことにも落ち込んでいる。 
 

「いいんですよ。力量がないから怒鳴っているのであって、それに慣れなければ怒鳴ってもいいんですよ」と言うことになる。
 やはり、「仲良し友達先生」から出発している「つけ」がこういうところで出るのである。
 

  最初から「距離」を意識して子供たちと関係を結んでおけば、現在の苦しさはなかったのかもしれない。

 それにしても、「遊びハカセ」は、うまいことを考えたものである。
 これだったら、やんちゃたちがハカセになっていけるはずである。
 

  2学期は、さらに「給食ハカセ」(給食をぜんぶぺろりと食べる)とか「遊び汗だらけハカセ」(外で汗をかいて遊べる)とかを考えて作ったらどうだろう?
 やんちゃがハカセになれるはずである。
 ハカセは、真面目な子供だけでなく、こういうやんちゃな子供でも登場できるものも欲しい。
 
●猫楽先生からのコメント
 ★ ★ ★
 はじめまして!
私は、今年度の4月から講師として教員生活をスタートさせた者です。
ハカセ方式について質問なのですが、多くの児童を指名してシールを貼りに行かせることで授業時間が足りなくなったりすることはないでしょうか。悲観的ですみません汗
投稿: 猫楽 | 2016年7月14日 (木)
 ★ ★ ★
 私の実践や、初任者の実践では、まったくそんなことはありませんでした。
 そのハカセはほとんどが授業の最初が多かったので、最初の5分間ほどです。
 

  TOSS末端先生もコメントされているようにシールを貼るなどはさせません。時間がかかります。
 鉛筆で○をつけさせることです。
 ○をつけにいく間にも、授業は進めます。
 

  そんな子たちは、聞いているのですから、すばやく授業に入ってきます。
 
 ただ、校長先生や他の先生たちが授業を参観しに来られるときは、やってはダメですよ。誤解されますから。
 
  ★
 連載の教育新聞7月号にも、この「ハカセ」方式について書いた。
 その記事もここに載せておきたい。

 ★ ★ ★
  初任者のクラスがよみがえる!
 2年生の初任者のクラスがみるみるよみがえった。
 当の初任者(男性)はびっくり。心配して授業訪問を続けていた校長もびっくり。「野中先生、あのクラスは何があったのですか?」と尋ねられたほどである。
 私は、初任者指導としてこのクラスに1週間に一度訪れていた。1年生の時、片方のクラスが崩壊し、そのクラスの半分の子供たちが2年生の初任者のクラスに来ていた。5,6人の男の子が落ち着きなく、うろちょろを繰り返していた。だから、毎日初任者は彼らを叱りつける。しばらくは静かになるが、また同じようにうろちょろ。モグラ叩き状態が続いていた。様子を見ていた私は、「どうですか?叱りの効果はありますか?」と聞いてみた。「ほとんど効果がありません。同じことの繰り返しです!」と。「何か、うまい手立てはないですか?」と反対に質問が返ってきた。「手立てはありますよ!」と教えたのは、個人目標達成法。目標達成法の低学年版になる。
 ①今、クラスで困っていることをいくつか上げる(このクラスは「話の聞き方」「給食」「勉強の始め」「そうじ」「かたづけの仕方」の5つを上げてきた)。②その5つに「○○ハカセ」と名付ける。③子供たちに「○○ハカセになりましょう!」と呼びかける(それぞれのハカセの条件を話す。『べんきょうハカセ』は勉強の始めに机の上に教科書、ノート、筆箱を置き、膝に手を置いて待っていられる状態になっていること)。④勉強が始まる時、「Aさん、すばらしい!べんきょうハカセ1回」と声をかける。⑤Aさんは、鉛筆を持って、掲示板に貼られている名簿に○をつける。⑥10個○がついたら、「べんきょうハカセ」になる。
 1ヶ月で、この2年生のクラスはみるみる甦っていった。あの5,6人のやんちゃたちも、きちんと席に着き、勉強を始めるようになっっていた。この個人達成法に半信半疑であった初任者自身が驚いたのである。何が起こったのだろうか、と。給食もきちんと食べるようになり、掃除も時間内に終わることができるようになった。何よりもほとんど「叱る」ことがなくなり、「Bさん、いいね!○○ハカセ1回」とほめて、声をかけるだけ。これだけで教室に「秩序」ができあがり、勉強していく雰囲気が成立したのである。
 要するに、「ルールづくり」(学習規律を含めて)をやったのである。彼らは、「叱る」という『北風』よりも「ほめる」という『太陽』に動かされたわけである。
 詳しくは、『新卒教師時代を生き抜く学級づくり3原則』(明治図書)の「個人目標達成法」を参照してほしい。
   ★ ★ ★

 

|

« つれづれなるままに~大忙しの日々~ | トップページ | 授業がうまくならない! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 童神先生のその後:

« つれづれなるままに~大忙しの日々~ | トップページ | 授業がうまくならない! »