« 授業がうまくならない! | トップページ | 大学3年生の水準以上の授業 »

つれづれなるままに~トークのうまい人は3つの輪を使いこなす~

  ●いつも買い物の途中でよく見る掲示板がある。
 信号の側なので、ついつい目につく。
 
 T小学校の掲示板。学校便りなどが貼ってある。
 娘が通った小学校である。
 
 今日学校便りを読んでいると、ふとその最後に書いてあることが目に止まった。
 「8月8日から12日まで学校閉庁日であるから基本的には学校には職員がおらず、緊急の場合は教育委員会の事務所に連絡をお願いします」という連絡である。
 
 帰ってカレンダーを見ると、土日を加えたら9日間の休みになる。
 これは、これは画期的なこと。
 大変良い措置である。
 
 多分、横浜市全体での取り組みであろう。
 横浜市は、教育長の陣頭指揮のもと「教師の忙しさ」を何とか軽減しようと取り組んでいる。その様子が、毎日新聞で取り上げてあった。
 
 その結果、このような措置が出てきているのであろう。
 やろうと思えばできるではないか。
 
 もちろん、土日を除けば教師は勤務日であるので、夏期休暇や年休を使っての休みになるのであろう。
 忙しい教師たちに一番必要なのは「ぼっ~~~」とする時間なのだ。

●Tシャツでは寒い。
 そんな気温。長袖を出して着ている。
 
 北のオホーツク高気圧からの北風が吹いているためだという。
 関東だけなのだ。
 
 まだ梅雨があけない。
 2,3日前までは「暑い!暑い!」と騒いでいたことを思えば「こんな日もあっていいね!」となる。
 いやいや勝手なものである。
 
 私の家のささやかな庭にもブルーベリーの実がなり、茗荷がまたあちこちに出ている。
 それを毎日取る。ささやかな楽しみ。

●来週からいよいよ夏の講演活動に入る。
 その準備に追われた。
 
 何を訴えるかということも大事だが、時間調整が一番大変である。
 最近は、場数を経て、超過しても5分~10分ぐらいまでに収めることができるようになった。
 
 ほんとうなら時間内に収めたいのだが、なかなかそうはならない。ここがもっともむずかしい。
 
●知り合いである俵原正仁先生の『全員をひきつける「話し方」の極意」(明治図書)を読んだ。
 
 なかなかの本であり、学ぶところが多かった。
 よく考えてみると、教師は「言葉」で仕事をしているのである。ところが、このことを意識していない。
 
 つまんない話し方をしている(私もそうだった!ごめんなさい!)。
 
 私も最近話し方に行き詰まっている(笑)。

 俵原先生の本を読んでいて、注目したのは「トークのうまい人は、この3つの輪を使いこなす」というところ。
 
 3つの輪とは、ロシア・ソ連の演劇人スタニスラフスキーが紹介したもの。
 私も初めて知ったことである。
 これを読んで、私も最近この3つの輪を授業で使っているなと思ったものである。
 

 

|
|

« 授業がうまくならない! | トップページ | 大学3年生の水準以上の授業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/63953521

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~トークのうまい人は3つの輪を使いこなす~:

« 授業がうまくならない! | トップページ | 大学3年生の水準以上の授業 »