« その人たちにある”共通のこと” | トップページ | つれづれなるままに~大忙しの日々~ »

幸運なことであった~童神先生へ再び~

  童神先生から再びコメントがついた。
 大切なことがいくらかあるので、再び書くことにする。

 ★ ★ ★
 野中先生、先日はありがとうございました。まさか記事にてお返事をいただけるとは思ってもみなかったので、とても感激しています。

 年齢的にはそれほど若手ではないのですが、学級担任を受け持つのは今回が初めてになります。それまではヘルパー等で子供達と関わる仕事はしてきたのですが、やはり学級担任はまるで世界が違っているように感じました。
 先生の著書を書店にて、購入させていただきました。『必ずクラスを立て直す教師の回復術!』『新卒教師時代を生き抜く2W仕事術』『新卒教師時代を生き抜く学級づくり3原則』の三冊です。
 今日さらっと目を通しただけで、「自分はこんなことも分からず三か月も担任を続けてきたのか」と、恥ずかしい気持ちになりました。
 不安がないかと言えば、嘘になります。学級づくりに大切なことが何も分からないまま、三ヶ月がすぎてしまった。今から取り返すことができるだろうか……と、どうしても考えてしまうことがあります。
 しかし、今できることをやっていくしかありません。夏休みを前に、少しでも良い方向へ子供達を近づけられるように、打てる手立ては打っていこうと思っています。
 喫緊の課題は、「スピード・テンポ・リズム」です。
 ①授業の初めと終わりの挨拶で、だらっとする子供がいるので待ってしまい、遅れがちになっている。
 ②配布プリントの枚数が多い時に、時間がかかってしまう。

 野中先生の著書に、手立てが載っていましたので、早速次週から取り入れてみます。
 記事中の先生のアドバイス、「フォローを入れる」ということも意識するようにしてはいるのですが、そう簡単ではありませんね。この辺り、やはり力不足だと痛感しました。しかし、めげずに続けていこうと思っています。
 これからも、日々学んでいきます。
 投稿: 童神 | 2016年7月 2日 (土)
 ★ ★ ★
 なんとも快いコメントである。
 
 私の本を買って(1冊は秦安彦先生の本なのだが)、読んでおられる。
 そこで何も知らずに3ヶ月を過ごしてしまったと不安になっておられる。
 
 ほとんどの初任者は、そうなのであるからここは仕方ないことである。
 
 でも、私のブログにぶつかり、そして私の本に巡り会っておられる。
 これは幸運であった(笑)。
 これから童神先生は教師人生が変わる。
 ★
 私が冗談を言っていると思われるだろうが、本気である。
 
 私の本は、ハウツー本である。
 このハウツーを批判する人がいる。
 「大切なのは、教師の信念や志だ!」
 「ハウツーばかりを詰め込んではならない!」と。

 言わんとすることは分かるが、現場教師がどのようにして一人前の教師になっていくかを分かっていない。

 最初は、現場教師はハウツーから入るのである。
 「モノマネ」の時代。
  人や本から学んで、マネをしてマネをして自分の実践を確かなものにしていく。
 誰だってここから入る。
 「学ぶ」というのは、「マネる」なのである。
 ★
 ただ、気をつけておかなくてはならないことがある。
 ハウツーはあくまでも方法にしか過ぎないので、うまくいかないこともある。
 
 方法は、あくまでも方法にしか過ぎない。
 目の前の子供たちに合わないならば、さっさと止めなくてはならない。決め手は目の前の子供。
 方法を過信してはならない。
 このことである。

 だから、童神先生がハウツーという実践の世界がいろいろあるのだと気づかれたことは大きなことであった。
 ★
 童神先生は、初めて担任をされている。
 今まではヘルパーなどの仕事だったらしい。

 担任とヘルパーとは大きな違いがあることに気づかれている。
 こういう仕事をして担任をされる先生たちに共通なことがある。
 最初「仲良し友達」先生になろうとされる。
 甘く、優しく接しようとする。友達みたいに。

 ところが、子供というのは残酷なところがあって、まず最初に「甘いか?」「厳しいか?」で値踏みをする。
 甘いと分かると、勝手な行動を取る。

 予測だが、童神先生もこのパターンに嵌まったのではないだろうか。
 絶対に「仲良し友達」先生なんかになってはいけない。
 それは、担任も困るが、子供たちも困るのである。

 毅然として、子供たちの前では「教師」として振る舞わなければいけない。子供がやってはいけないことをしたら、毅然と叱る。そういうことである。
 ★
 童神先生は、不安があると。
「不安がないかと言えば、嘘になります。学級づくりに大切なことが何も分からないまま、三ヶ月がすぎてしまった。今から取り返すことができるだろうか……と、どうしても考えてしまうことがあります」と。

 結論から言うと、取り返すことはできる。
 まだ、1学期中。
 4月の金の時間を逃しているが、「夏休み明け1週間」という銀の時間がくる。
 ここで勝負することである。

 今までうまく行っていないところをマークして、夏休みの間に十分に検討、吟味して(私の本を読めばいい)、夏休み明け1週間に勝負するのである。
 ここで一気に変える。 
  
  ・朝の会は1時間目に食い込まないで済んでいるか?
 ・終わりの会は、すばやく終わっているか?
 ・給食は、時間内にちゃんと終わっているか?
 ・給食で守るべき3条件は大丈夫だろうか?
 ・掃除は時間内に終わっているか?みんなサボらないで済 ませているか?  など
 ・授業は日課表に従ってきちんと45分で終えているか?
                     などなど

 こんなことを検討するのである。
 ぜひ、がんばってクラスを立て直してほしい。
 童神先生、期待していますよ。
 どうなったか途中経過を聞かせてください。
 

|

« その人たちにある”共通のこと” | トップページ | つれづれなるままに~大忙しの日々~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 幸運なことであった~童神先生へ再び~:

« その人たちにある”共通のこと” | トップページ | つれづれなるままに~大忙しの日々~ »