« 保護者の方からのコメントに答えて | トップページ | つれづれなるままに~夏休み明け1週間の法則~ »

つれづれなるままに~講座は続く~

  ●7月25日、大阪寝屋川へ行く。
 夏期一日研修の午前の部。
 授業講座である。
 2年目の先生と初任の先生が参加している。
 120名ばかり。
 
 テーマは、「日々のクラスが豊かになる授業づくり」。
 課題を私の方で設定し、グループで話し合い、最後に私の方で考えを述べるという形式で進める。

 課題は、3つ。
 ①どうしてもしゃべりすぎてしまう。
 ②挙手をする子供が固定している。
 ③子供がいつもつまんなさそうにしている。

 この3つは、若い先生が共通に悩んでしまう課題である。

 最後に、この3つの課題を克服する授業を模擬授業で行う。もちろん、私が行う。 
  ちょっと時間がオーバーする。
 ★
 担当の指導主事の先生からは、翌日すぐに感想が届く。
  ★ ★ ★
 今回の研修では受講者(初任者)からは
 ・自分は「おしゃべり授業をしてしまっている」ついつい子どもたち皆に伝えようと意識してしまい、ついついしゃべりすぎてしまっているので、二学期からは意識していきたい。
 ・初任者にある課題を具体的な方策を示して、講義を行っていただき、大変勉強になりました。自分自身の二学期の課題として取り組んで行きたい。 
 ・先生のフォローの多さにびっくりしました。自分が発言した後に、一言言ってもらえると、ついつい嬉しくなりました。子どもの発言をしっかりと聞いて、フォローが出していけるようにチャレンジしていきます。

 など、どの受講生からも前向きな発言が多く、大変有意義な研修会になりました。
 ★ ★ ★

●7月28日、三重県の松阪に行く。
 朝7:30にタクシー。
 新横浜から名古屋まで新幹線で行き、そこから松阪まで1時間ばかり。
 
 三重県教育委員会主催の学級経営研修。
 90名近くの参加者。
 すぐに満席で埋まってしまったと聞く。
 
 びっくりしたのは、30名以上の方が高校の先生。
 「えっ~~~、どうして?」と。
 
 講座の最初に「何か間違われたのではないでしょうか?」と話す(笑)。
 小中高と特別支援の先生方。
 一番難しい講座。

 でも、小学校の実践を話す以外にないわけである。
  テーマは、「学級経営力を高める教師の仕事術」
 ★
 講座は、3つの課題を出して、それぞれグループで話してもらい、発表し、そして最後に私の考えを話すというパターン。
 最後に、講座で印象に残ったこと、これから2学期に取り組んでみたいことなどを3点にまとめて、グループ代表が発表。
 
 こんな演習形式で進む。
 ★
 実に私にはおもしろかった。
 さまざまな先生方がいて、それぞれの先生方の意見を聞くというのはなかなかのものである。
 

 講座が終わって、今年初任者という先生が私に話しかけてきた。
 「今年初任者で大学出たてです。クラスを持っています。大学の時の卒論が学級経営で、ゼミの先生からの参考文献の紹介は野中先生の本でした!」
「いい先生だね!」(笑)
「先生が言われる『仲良し友達先生』にはならず、7月までのクラスは何とかうまくやれました!」
 

 なんともうれしいこと。
 ★
 参加されていた先生の一人から中林先生の『教室はドラマ27』という合冊版をもらう。
 中林先生というのは、三重で校長をされていて、退職後初任者指導をされている。
 
 初任者指導をされていて、毎日A4一枚の新聞を発行される。初任者の授業の感想である。
 メールでいつも送ってもらう。私も愛読者の1人である。
 今は「教室はドラマ28」になっている。
 
 この合冊版は218号。
 毎日初任者の授業を見られての発行。
 
 私は中林先生を校長時代から「三重の巨人だ」と称してきた。書かれる量が半端でない。
 指導されている初任者は、これによってどれほど自分の授業を反芻できるか、すばらしいことだと思ってしまう。
 
 指導されていたという3人の先生たちも、私の講座に参加されていた。
 ★
 三重は遠い。
 その日、家に帰り着いたのは夜の9:30になっていた。

|
|

« 保護者の方からのコメントに答えて | トップページ | つれづれなるままに~夏休み明け1週間の法則~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 暑い中、三重まで来ていただき、ありがとうございました。日帰りでしたか。お疲れ様でした。
 3人の参加者(昨年度の初任)は口をそろえて「おもしろかった」「勉強になった」と言います。研修会がおもしろいということは大事なことですね。
 野中先生の著書などから私は学ばせていただいていますから、私の話が野中先生の講演と重なるところもあったようです。野中先生の主張は一環していらっしゃいます。それが私が惹かれるところです。
 ブログでは大胆にご自分の意見を発信されています。曖昧さのない、野中先生の本音が聞けるので、とてもありがたいです。

投稿: 中林 則孝 | 2016年8月 1日 (月) 15時07分

中林先生、野中です。コメントありがとうございました。
 3人の先生にはお会いしました。
 3人とも中林先生に指導してもらい、ありがたいことです。
 三重はまだまだ初任者の方々ががんばればやっていける風土があるようでなによりです。横浜などはこれからどうなるのか、とても心配しています。若い有能な先生たちが心配です。中林先生、またどこかでお会いしたいです。

投稿: 野中信行 | 2016年8月 6日 (土) 10時22分

 野中先生、コメント、ありがとうございます。
  
 初任者研修についてぜひ野中先生のお話を聞きたいことがあります。
 授業を見たその時限りの指導だけではなく、授業を通して、いわば普遍的な指導方法を抽出したいと考えています。名人芸や教材研究だけに頼らない指導法です。そのキーは「教科書読解」だと思っています。教材研究と教科書読解を区別して考えています。
 
 いつかお会いできる機会を探したいと思っています。
 

投稿: 中林 則孝 | 2016年8月 8日 (月) 14時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/63986327

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~講座は続く~:

« 保護者の方からのコメントに答えて | トップページ | つれづれなるままに~夏休み明け1週間の法則~ »