« 幸運なことであった~童神先生へ再び~ | トップページ | 童神先生のその後 »

つれづれなるままに~大忙しの日々~

  ●横浜走友会の一員である。
 レースに出ることはもうないのだが、一応メンバーには入れてもらっている。
 ぼちぼちジョギングをしているだけである。
 
 60歳以上のメンバー8人と一緒に湯河原の一泊旅行に出かけた。来年70歳の古稀になるメンバーが3人(私もその1人である)含まれている。
  
 最初から温泉に入り、飲み、喰い、しゃべり、…を繰り返して盛り上がった。もう20年来の友人たちなので、気兼ねがないところが良い。楽しかった!
 
●「チワワを探しています!」という貼り紙。
 こんなチラシが掲示板によく貼ってあるものだと思いつつ、さっと眺めて通り過ぎた。
 
 ところが、ところが、そのチワワがいた!
 隣の家の軒先に、私の方を向いて座っている。
 「あのチワワだ!」とぴんとくる。
  探し主に電話をしたら、旦那さんと奥さんが2人でとんでみえた。
 
 奥さんは涙を流しておられた。
 我が子同様に育ててきたのであろうから。
 
 良かった!
 あんな貼り紙で、連絡が行くなどというのはめったにないだろうが、今回は偶然が重なって運が良かったことになる。
 
 私は、そのチワワを救出しようとして、噛まれて負傷してしまった。トホホ!

●7,8月の講演へ向けての準備で大忙しの日々。
 3時間講座が2つ。これが大変。しゃべるだけの講座ではもたないので、演習形式でなければならない。そこがむずかしい。
 
 一番今回の講演でむずかしいのが、福井県の坂井市での講演。天下の福井県である。学力、体力ともとび抜けている。何を話したらいいのかと呆然となる。
 引き受けなければよかったのだが、……。
 
 というのは、私が今まで考えてきたのは、困難な現場をどうしたらいいかという提案。
 ところが、困難な現場など福井県にはないのである。 
 
 こちらだって40年前には、今の福井県のような現場は数多く存在したわけである。
 
 福井県だけがいまだに守り育てている。
 そこである。
 
 私なりに分析した考えを示さなければいけない。
 一度たりとも現場を見ていないのである。それができるのかどうか。苦労している。

●まだ、梅雨明けではないという。
 横浜では、暑い日と涼しい日が交互にやってくる。
 
 学校は、もう少しで終わり。
 こんな時、いつも思い出す詩がある。
 高田敏子さんの詩。

  空の下
 梅雨の晴れ間の/空を見ながら/みんなが待っている
 子どもには子どもの夏が/若者には若者の夏が
 年よりには年よりの夏が/待っている

 毎日何かしら/悲しいことが起こったり
 さびしいことがあったりする
 それでもみんな待っている

 梅雨の時間の/空を見あげて/新しい夏を待っている
 近づくものを待っている


|
|

« 幸運なことであった~童神先生へ再び~ | トップページ | 童神先生のその後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/63885734

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~大忙しの日々~:

« 幸運なことであった~童神先生へ再び~ | トップページ | 童神先生のその後 »