« 早くやってくれ! | トップページ | つれづれなるままに~「数学」をやっている!~ »

つれづれなるままに~あそこが痛い、ここが痛い~

  ●6月4日に、横浜の教職員組合青年局から呼ばれて「学級経営」講座。
 40名ほどの先生たちが集まってこられた。
 
 大変熱心に聞いてもらえた。
 最近は、教育委員会だけでなく組合からも声をかけてもらうことが多い。

 話すことは「学級回復の処方箋」。
 「魔の6月」なのである。

 クラスの「荒れ」が目立っている先生たちがいるはずなのである。
 「私が提起する方法は、絶対的なものではありません。方法に絶対的なものなんかないのです。決め手は目の前の子供たち。効果がなかったら、さっさと止めなくてはならない。別の方法を探さなくてはならない」と話して、今までうまく行った方法を提起する。

●6月5日「教育と笑いの会」に参加するために新宿まで行った。
 今教育界は暗く、せちがらく、沈んでいる。
 「笑いが必要だ!」と野口芳宏先生の発案で、玉置崇先生が主催してやられている。

 おもしろかった。
 野口先生の「教育漫談」は絶品だった。
 玉置先生(「愛狂亭三楽」という)の教育落語もおもしろい。玉置先生は、とにかく笑わせるコツを知っているのである。
 
 本格的な落語は、プロの落語家桂雀太さん。
 プロとはこんなにも違うものなのかという技芸を際立たせてくれる。

 実は私も、2回目の愛知の会で誘われたことがある。
「野中先生が教室でやられている『怖い話、汚い話、おもしろい話』をやってくれませんか」ということであった。

 本当なら断らないところだが、あまりにも「子供だまし」の下ネタなので、とても皆さんの前で披露できないと断ってしまった。
 昨日の会に参加しながら、やれば良かったかなとちらりと思った。
 
●北海道で行方不明になった小学2年生の男の子が発見されて、世界的なニュースになった。
 6日間を水だけで生き抜いていた。

 全ての幸運が重なっていた。
 それにしても、6日間も1カ所で頑張り抜く生命力が、あの男の子にあったこと、それだけの子育てをしたということ。

 たいしたものだと、私は感じ入った。

●急に首が回らなくなった。
 借金のせいではない(笑)。
 
 寝ちがえたのではない。ちょっと様子がおかしい。
 急ぎ整形外科に行く。

 レントゲンを撮る。
 先生曰く。
「老化現象の一つですけど、ここの骨が狭くなっていて、神経がやれています。だから、痛みが出てくるのです。何かやられたのですか?」

「別にないのですが、今日初めてラジオ体操をしたのですが…」
「ラジオ体操ぐらいでは、こんなことにはならないんですがね……」 

 痛み止めの薬を飲んだら、2日ぐらいで収まってしまった。
 要するに老化現象なのである。
  ほんとに困ったものである。あそこが痛い、ここが痛い、となってしまう。


|
|

« 早くやってくれ! | トップページ | つれづれなるままに~「数学」をやっている!~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 野中先生
 6月4日の「学級経営」講座、ありがとうございました。

 野中先生の実践は御著書やブログなどで拝見していました。
 今年は担任していろ3年生で4月の最初から目標達成法を実践しております。子供たちはお楽しみ会目指して、がんばっています。
 実践していなかったときと比べると、みんなが意識すれば達成できる小さな目標にむかって日々、積み重ねていく姿が見られ、その行為が群れを集団にしていくのだと実感しています。

 直接お話を聞くのは初めてでした。元気をいただきました。ありがとうございました。

投稿: Ryo | 2016年6月 8日 (水) 04時11分

Ryoさん、コメントありがとうございます。6月4日の学級経営講座におられたのですね。 目標達成法を実践されているようで、ありがとうございます。良いクラスになることでしょう。がんばってくださいね。

投稿: 野中信行 | 2016年6月 8日 (水) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/63739771

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~あそこが痛い、ここが痛い~:

« 早くやってくれ! | トップページ | つれづれなるままに~「数学」をやっている!~ »