« 教育新聞5月号 | トップページ | 早く気づかなければならない~荒れの基準~ »

「日常授業」の改善(4)~学力も上がらなかった~

  子供たちの学力も上がらなかった。

 これは当たり前。
  1,2時間の研究授業を精力的にこなしても、1000時間以上の「日常授業」がお粗末なのだから子供たちの学力があがるはずはない。

 それだけではない。
 10点、20点、30点を毎回テストで取っている低学力児は、そのままに放置されている。
 昔なら「落ちこぼれ」「落ちこぼし」として問題になさ、教師は何とかしようとがんばったものである。

 今は、ほとんど放置されている。
 忙しいのである。
 とてもそんな低学力児のめんどうまで見る余裕はない。

 「ぶっつけ本番授業」をやっていて、低学力児が50点、60点、70点を取れるようになるはずはない。
   ★
 福山憲市先生も、私も、今最も学校現場の授業研究で最も必要なのは「日常授業」の改善なのだと考えている意味が分かってもらえただろうか。

 私は、早くここに学校現場は気づかなければ、大変なことになると考えている。   
 このままでは、公教育の意味がまったくなくなっていく。
                                                                 (完)
 
 

 

|
|

« 教育新聞5月号 | トップページ | 早く気づかなければならない~荒れの基準~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/63563155

この記事へのトラックバック一覧です: 「日常授業」の改善(4)~学力も上がらなかった~:

« 教育新聞5月号 | トップページ | 早く気づかなければならない~荒れの基準~ »