« 「日常授業」の改善(4)~学力も上がらなかった~ | トップページ | 特別学習会セミナー~横浜市教職員組合青年会主催~ »

早く気づかなければならない~荒れの基準~

   「魔の6月」と言われてきた。
 クラスがまず荒れるのは、決まってこの6月に起こるからである。
 
 でも、最近はそうでもない。
 もう4月の終わりにはクラスがおかしくなっていく。
 そんなクラスがある。
 よく耳にするようになった。

 忙しさに紛れていると、自分のクラスがどうなっているのかどうか判断していない。
 ただ、時間の流れに身を任せているだけのクラスはあるのである。

 特に、初任者のクラスは多い。
 判断の基準がないからである。
 
 早く気づかなければ、手立てが遅くなる。
 荒れまくってしまってから、手を打とうとしてもどうにもならない。
 
 これはクラスの担任だけの問題ではなく、学年主任や管理職などの課題でもある。
 ★
 そのクラスが荒れの兆候を示しているかどうか、判断する基準が必要である。

 その基準を、私の本で示している。
 ただ、2003年の本(『困難な現場を生き抜く教師の仕事術』学事出版)。もう13年前のもの。

 この基準が、現在の現場状況に合うのかどうか。
 それは確かめようがないが、とにかく示しておこう。

 <レベル1> ほころびの状態
 1 机を隣の子と話す。
 2 チャイムがなっても、学習の用意ができていない。
 3 ノートに落書きが目立つ。
 4 朝自習ができない。
 5 学級文庫や靴箱が乱れている。
 6 給食の残りが多い。

 <レベル2> すでに崩れかかっている状態
 1 1週間友だちから話しかけられない子がいる。
 2 朝礼時に遅れる子供が、3人以上いる。また、朝礼時に私語があったり、列が乱れたりしていることが多い。
 3 掃除をさぼるものが多く、教師がいない所では真面目に掃除をしない。
 4 教師の指示に対して、反応が遅く、行動がとても緩慢になる。
  5 教室にゴミが落ちていて、いかにも雑然としているのに誰も
   片付けようとしない。

 <レベル3> 荒れてしまっている状態
 1 特定の子に触れた後、○○菌と他の子にタッチを回すことが
   平気で行われる。
 2 集合時刻にすごく遅れても平気である。
 3 前に禁止したはずのルールが、いくつか破られる。
 4 授業中、私語が絶えず、指示が通らない。
 5 休み時間などに窓から物を次々と落とす。

 <レベル4> 騒乱状態
 1 特定の子へのいやがらせや命令が隠れたところでなく、白昼堂々と行われる。
 2 チャイムがなっても、外で平気で遊んでいる。
 3 誰が注意しても、冷笑、口答えが返ってくる。
 4 参観日でもぐちゃぐちゃで授業にならない。
 5 教室の備品が、次々に壊され、なくなったりする。  
 
  ★
 改めて書きながら、今でもそんなにはずしてはいないかなと思っている。

 今は、<レベル1>を気をつけなければいけない。
 もしかして、<レベル2>に進んでいる場合も考えられる。

 ★
 このようにクラスがなっている。
 そう思われるならば、早速連休明けから手を打つ必要がある。

 <レベル1>の段階で手を打てれば、クラスの回復は早い。
 <レベル2>に進むと、ちょっとやっかいになる。
 
 <レベル3>以上が学級崩壊と呼ばれる状態である。
  こうなると、なかなか立て直すことはむずかしくなる。

 さて、どうしていくか?
 このブログの4月に「1ヶ月が勝負だ!」(1)~(5)を書いている。
 これを読んでほしい。
 とりあえず、このことを5月から始めることである。

|
|

« 「日常授業」の改善(4)~学力も上がらなかった~ | トップページ | 特別学習会セミナー~横浜市教職員組合青年会主催~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/63568250

この記事へのトラックバック一覧です: 早く気づかなければならない~荒れの基準~:

« 「日常授業」の改善(4)~学力も上がらなかった~ | トップページ | 特別学習会セミナー~横浜市教職員組合青年会主催~ »