« 特別学習会セミナー~横浜市教職員組合青年会主催~ | トップページ | クラスが軌道に乗っているかどうか(1)~点検をしよう~ »

「日常授業」の改善(付け加え)~良い授業とは何か~

   フェイスブックに連載した「日常授業の改善」について以下のようなコメントがのった。ありがとうございます。
 「なにがいい授業なのか」ということがわかりにくくなっているというコメントである。
 なるほどなあ、というところである。
 
 自分がどのようなレベルの授業をしているのか、自分で判断できていない。
 ひどい授業をしているという自覚もない。
 だから、これではいけないという考えもないわけである。

  ★ ★ ★ 
研究授業か日常授業かということもありますが、「なにがいい授業なのか」ということがわかりにくくなっているのではないかと思います。「相変わらず初任者」のような授業をされている方にお話を聞いてみると、これでいけないと思っていないことが多いです。1時間のスタンダードが共有されている必要があると思いました。(例えば東京都なら、ちょっと「盛って」いますが、東京方式1単位時間の授業授業スタイルなどがあります)
  ★ ★ ★

 「初任者のような授業」というのを、私は次のような授業だと考えている。

 ①ずっとしゃべる授業をする(これを「おしゃべり授業」と名   付けている)。
 ②全員参加の授業にならない。特定の、いつもの子供の発言
  で済まされていく。傍観者が多い。
 ③子供たちが授業に集中していない。
 ④学力保障がほとんど考えられていない。 
  ★
 では、「良い授業」というのは、どういう授業なのか。
 上の「初任者のような授業」を超える授業と考えればいい。

 A 指導言(発問・指示・説明)が明快で、きちんと区別して
  発せられる。
 B 全員参加の授業。
 C 子供たちが授業に集中している。
 D 学力保障がきちんとなされている。

 まだ付け加えたい項目はもちろんある。
 しかし、そうなったら「あれも、これも」になってしまう。
 とりあえず、これでいいだろう。
 
 これは、「味噌汁・ご飯」授業の立場から選んだ視点である。
 あくまでも「日常授業」として必要な基本条件と考えてよい。 

|
|

« 特別学習会セミナー~横浜市教職員組合青年会主催~ | トップページ | クラスが軌道に乗っているかどうか(1)~点検をしよう~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/63604957

この記事へのトラックバック一覧です: 「日常授業」の改善(付け加え)~良い授業とは何か~:

« 特別学習会セミナー~横浜市教職員組合青年会主催~ | トップページ | クラスが軌道に乗っているかどうか(1)~点検をしよう~ »