« クラスが軌道に乗っているかどうか(2)~軌道に乗っていない原因~ | トップページ | つれづれなるままに~今までの価値観がゆさぶられている~ »

クラスが軌道に乗っているかどうか(3)~目標達成法~

   初任者指導で見事に「学級づくり」を成功させた先生のルール作りは、「目標達成法」である。
 この方法を使ってクラスをまとめていった。
 
 その実践は、すでに『新卒教師時代を生き抜く学級づくり3原則』(明治図書)に明らかにしている。
 
 この「目標達成法」は、私が提唱したもの。
 この方法も、いくらか手直して進化させている。
  それを提案しておこう。
 ★
   「目標達成法」の進め方                   
  <ねらい>                                           
   ○ルールを作り、秩序ある、安心・安全なクラスを作り 
    上げる。                                          
  1 導入                                           
   黒板に画用紙に書いた1つの目標を貼り付ける。       
   ┌──────────────────────┐      
   │授業が始まったら(チャイムがなる場合は「チャ│      
   │イムがなったら」とする)、すぐに席につく。 │      
   └──────────────────────┘      
   そして、伝える。                                    
   「この目標がうまく守れていません。先生はすぐに勉強 
    を始めて、勉強の終わりもきちんと守りたいのです(趣
    旨説明)。そのために、この目標をぜひとも守れるよう
    になってほしいです。挑戦してみましょう!」(例)   
    このような話をして導入する。                        
                                                       
   (1)確認(チェック)                                 
   <低学年>                                          
    低学年は、2時間目から1時間ごとに確認する。      
      この確認がとても大切である。                     
                                                       
    2時間目が始まったら、                            
      ①この目標が守れた人は起立します。               
    ②人数を数える。                                 
    ③目標の紙の下に記入する。                        
          5/24 2時間目…○人             
    ④そして言う。                                    
   ┌───────────────────────┐    
   │2時間目で、もうこれだけの人数の人が目標を守れ│    
   │ました。いいですね。でも、おしいなあ。残念!ま│    
   │だ、何人か守れない人がいます。3時間目はがんば│    
   │ってほしいです。                             │    
   └───────────────────────┘    
    3時間目が始まったら                               
      ①②③を繰り返して、そして言う。                  
   ┌───────────────────────┐    
   │ 3時間目になったら、もっと増えました。       │    
   │ さすが、2年1組、すばらしい!                │    
   └───────────────────────┘    
     ┌─────────────────┐              
     │「おしい、残念」→「素晴らしい、さすが」│             
     │を繰り返す                        │             
     └─────────────────┘              
   このフォローは、福山憲市先生から学んだものである。 
   <中学年以上><中学校>                           
   ○朝の会で目標を確認し、終わりの会で目標チェックを 
    行う。挙手で確認をする。                         
   ○あとは、同じように行う。                         
                                                       
  (2)確認の終了                                       
   ○次のように話をしたらどうだろうか。               
  ┌──────────────────────┐       
  │ この目標は、このクラスの人が35人いますので │      
  │ 32人以上(人数は子供たちと確認すればいい) │      
  │できるようになったら合格というようにしましょ│      
  │う。何人かはうっかりする人がどうしてもいます│      
  │ので、全部できるまでというのは止めましょうね。│      
  └──────────────────────┘       
    ○合格になったら何かの印をつけるようにする。       
     (折り紙で花を作って貼るなど)                     
                                                       
  2 本格的に「目標達成法」を始める               
   最初、導入で1つか2つの目標が合格になったら、本格的
  な目標達成法を始めていく。                           
  (1)手順                                             
   ①朝の会で、日直が全員復唱させてその日の目標を      
    確認する。1つか2つの目標にする。               
   ②終わりの会で、再び日直が「目標確認をします。全員顔
    を伏せます」と指示をする。そこで、担任が「この目標
    ができなかった人は手を上げます」と指示。         
    できなかった人が、目標達成(32人以上)以内だったら
   「今日は達成しました。すばらしい、さすがです」と。 
   ※顔を伏せさせるのは、できない子供たちに挙手させるた
    めである。その場合、全員の前で「できない」という挙
    手はなかなかできない。できた子供を数えるのは時間が
    かかるので、そうしている。終わりの会を早く終わらせ
    る試みの1つである。                              
  (2)合格基準                                        
   クラスの状態に合わせて考えればいい。               
     例                                                
    1,2年生…1日か2日                              
    3,4年生…2日か3日                              
    5,6年生…4日か5日                              
      (中学校)                                        
  (3)どんな目標がいいのか                              
   どうしても必要になる目標から始めていけばいい。      
   たとえば、次のような目標があげられる。             
    ○当番の仕事を忘れずにしっかりやろう。             
   ○友達へのあいさつをしっかりやろう。               
   ○朝自習をおしゃべりしないでやろう。               
   ○机の中の整理整頓をきちんとしよう。               
   ○ロッカーの整理整頓をきちんとしよう。             
   ○名前を呼ばれたら、「はいっ」と返事をしよう。      
   ○手は天井につきささるようにあげよう。             
   ○給食を食べ終えたら55分までに片付けよう。         
                                             など      
   クラスがうまく軌道に乗っているどうかを測る目安は、次
  の目標が合格したときと判断すればいい。               
   ┌────────────────────┐          
   │○席をはなれるとき、きちんといすをいれる│         
   │ ようにしよう。                        │         
   └────────────────────┘          
  (4)目標選びで考えること                              
   教師の指導方針やクラスでどうしても徹底していないこ
  と、困っていることなどから目標を選んでくればいい。   
                                                       
   ①目標は、~しよう、~気をつけよう、~かたづけよう 
    などの表現をすればいい。教師が基本的には目標を作る。
   ②完璧主義(全員できるまで)にしないこと。         
   ③目標は、チェックできる数字やタイムなどが入ったもの
    がいい。                                          
  (5)ごほうび                                          
   この目標達成法は、掲げた目標(ほとんどルール)を数多
  く合格させることで子供たちの達成感や成功感を高めていく
  試みである。                                          
    小学校の場合は、「ごほうび」を用意すると子供たちは意
  欲的になる。                                          
   例                                                 
   ○5個合格したら、席替えにする。                   
    ○10個合格したら、「10個合格パーティをする」など   
  (6)目標選びで気をつけること                         
    目標を考えていくとき、次のような手順を踏む必要がある。
   ○目標づくりは、「個人達成目標」から「助け合い目標」
    の順番にする必要がある。「個人達成目標」は、個人で
    がんばれば達成できる目標、「助け合い目標」は、班の
    人たちやクラス全員で助け合わなければ達成できない目
    標である。                                       
    ○「助け合い目標」には、「班で協力して……」「みんな
    で協力して……」というような目標にすればいい。   
                                                       
      ・班で協力して、13時14分までにそうじを終わらせる   
    ようにしよう。                                    
    ・みんなで協力して、おおなわ大会で新記録を出そう。
                                                  など
                                                       
                                                       

|
|

« クラスが軌道に乗っているかどうか(2)~軌道に乗っていない原因~ | トップページ | つれづれなるままに~今までの価値観がゆさぶられている~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/63625852

この記事へのトラックバック一覧です: クラスが軌道に乗っているかどうか(3)~目標達成法~:

« クラスが軌道に乗っているかどうか(2)~軌道に乗っていない原因~ | トップページ | つれづれなるままに~今までの価値観がゆさぶられている~ »