« 「日常授業の改善」(1)~あれはあれ、これはこれ~ | トップページ | 「日常授業」の改善(3)~なぜ、授業の技量が上がらないのか~ »

「日常授業」の改善(2)~ぶっつけ本番授業~

   研究授業が終わると、いつもの「日常授業」に戻る。
 その「日常授業」はお粗末。
 ほとんど「ぶっつけ本番授業」をしている。

 何の授業準備をすることなく、そのまま教室へ行き、「今日はどこから?」とか言いながら進める。
「先生、23ページからです」「おおっ、そうか、そうか、はい、23ページ開いて!」「○○さん、そこを読んでください」と。

 その間に、赤刷りの指導書をさっとななめ読みして、今日のだいたいの進め方を確認する(慣れてきたらそれさえもやらない)。

 子供たちの誰も、文句は言わない。
 だから、このようなことに慣れ親しんでいる。
 
 忙しいのである。
 学校の仕事に忙殺されている。
 授業の準備なんて忙しくてできない。

 ところが、こんなことに慣れてしまって、時間があっても、毎日の教材研究(私たちは授業準備と言っているが)なんてしないようになる。 
 ★ 
 研究授業は、日頃の「日常授業」でやっていないことを互いに提案し、そしてそれを検討しあっている。

 だから、日頃の授業に生かされることはほとんどない。
 「あれはあれ、これはこれ」の論理だから。

 「これはおかしい」と疑うこともほとんどの教師はしない。
  なにせ学校行事なんだから。
 
 運動会や学習発表会と同じ。
 1年に1回、研究授業をすればいいんだから。
                                              (続く)

 

|
|

« 「日常授業の改善」(1)~あれはあれ、これはこれ~ | トップページ | 「日常授業」の改善(3)~なぜ、授業の技量が上がらないのか~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/63554790

この記事へのトラックバック一覧です: 「日常授業」の改善(2)~ぶっつけ本番授業~:

« 「日常授業の改善」(1)~あれはあれ、これはこれ~ | トップページ | 「日常授業」の改善(3)~なぜ、授業の技量が上がらないのか~ »