« 1ヶ月が勝負だ!(1) | トップページ | 1ヶ月が勝負だ!(3)~秩序ある教室にすること~ »

1ヶ月が勝負だ(2)~安心・安全な居場所づくり~

「勝負の1ヶ月」で実践すべきコアとは何か?
そのように問いかけた。

さまざまな課題があり、その中から選び取ってくる必要がある。
 私は、このコアの課題を次のように考えてきた。

 「安心・安全な居場所づくり」
 
 誰が安心・安全なのか?

 「それは子供たちに決まっているでしょう!」と言われるかも知れない。
 でも、そんなに簡単ではない。
 
 だって、クラスにいるやんちゃたちは、安心・安全なんて考えてはいないからである。
 だが、多くの子供たちがこのことを願っていることは確かなことである。
 教室が安心・安全な居場所になることは、最上級に多くの子供たちの願いと言ってよい(決して言葉にすることはないが)。
 ★
 「2:6:2の法則」というのがある。
 組織についての法則である。

 この法則に当てはめれば、クラスはまず「2」割の真面目派の子供たちがいて、「6」割の中間派がいて、「2」割のやんちゃがいる。普通のクラスはだいたいそうなっている。
 「2」割のやんちゃの中の2,3人の超やんちゃに教師たちは、手を焼いている。
 
 クラスには一般的な「子供たち」がいるわけではない。
 構成する子供たちは、それぞれに違っている。
 組織原則の視点から分析すれば、一応このように区分けできるのである。

 「安心・安全」な秩序を願っているのは、真面目派の「2」割と中間派の「6」割 。いわゆる「8」割の子供たちが願っていることである。

 「2」割のやんちゃの多くは、自分たちに都合が良い「雰囲気」のクラスを願っている。勝手に、自由に過ごせる環境。
 そのために、その一部のやんちゃは、担任と「権力争い」をする。
クラスの雰囲気を自由に支配したいために、担任よりも優位に立ちたいのである。

「野中先生、それはあまりにも決めつけているのじゃないですか。やんちゃの子がそんなことを意図的にやるとは思えません」と言われるかも知れない。

 今都市圏で進んでいる学級崩壊の事態を知っている先生なら、きっと納得してもらえる。
 時代はこのように進んでいる。

 だから、クラスの多くの子供たち(8割)が願っている「安心・安全な居場所づくり」が緊急な実践すべきコアになってくる。
 

|
|

« 1ヶ月が勝負だ!(1) | トップページ | 1ヶ月が勝負だ!(3)~秩序ある教室にすること~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/63464136

この記事へのトラックバック一覧です: 1ヶ月が勝負だ(2)~安心・安全な居場所づくり~:

« 1ヶ月が勝負だ!(1) | トップページ | 1ヶ月が勝負だ!(3)~秩序ある教室にすること~ »