« 指導がずれている~初任者指導教諭研修会~ | トップページ | 1ヶ月が勝負だ(2)~安心・安全な居場所づくり~ »

1ヶ月が勝負だ!(1)

  新学期が始まった。
 私は「1ヶ月が勝負だ!」と繰り返し主張してきた。
 1年の「学級づくり」の80%がここで決定してしまう。
 
 中村健一先生などは、100%と言われている。
  とにかく勝負の1ヶ月なのだ。
 ここを安易に過ごしてしまうなんて考えられないわけである。

 何をするかについては、さまざまな本が出ている。
 私も出している。
 あれをやれ、これをやれと目移りしてしまう。
 
 決め手は何ですか?
 そのように問いかけてしまいたいところである。
 
 確かにやることはうずたかく積まれている。
 でも、その中で「これだけは絶対にやらなければいけない」という課題は何だろう?
 
 そのように考えてみる。
 それは何だろう?
 ★
 経済学者で著名な野口悠紀雄さんが、『「超」集中法 成功するのは2割を制する人』(講談社現代新書)という本を出された。

 ★ ★ ★
 本書で述べるのは、「さまざまなことに『コア』と呼びうるものがあり、努力をそこに集中すべきだ」ということです。
 「コア」とは、「核」という意味です。コア機能、コア商品、コアメンバーなどというように使われます。
 全体の中でコアが占める比率は量的には2割程度であることが多く、他方で、「コア」によって全体の成果や価値の8割程度が生み出される場合が多いのです。このことは、「2:8法則」と呼ばれます。
 したがって、努力をコアに集中させれば、仕事の効率は飛躍的に高まります。これを意識するかどうかで、結果に大きな違いが生じるのです。
 ★ ★ ★
「2:8法則」と呼ばれている。
 その2割のコアをいかに見つけ出し、そこに努力を傾注していくか。それで8割を制してしまうことができる。
 そのように物事を考えていくべきだという主張である。
 ★
 そう考えるならば、「勝負の1ヶ月」で実践していくべき「2割」(コア)とは何だろうという発想が成り立つ。
 ★
 私たちは、今まで「たし算発想」であまりにも数多くの「あれも」「これも」で膨れあがって身動き取れなくなっている。
 
 今肝要なのは、「引き算発想」で、そのテーマの核(2割)は何かと考え、そして、その核にエネルギーを注いでいく発想を選ぶことである。
 
 私は常々このように考えている。
 「勝負の1ヶ月」で実践すべきコアとは何か?
 それについて考えたい。(続く)
 

|
|

« 指導がずれている~初任者指導教諭研修会~ | トップページ | 1ヶ月が勝負だ(2)~安心・安全な居場所づくり~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/63460700

この記事へのトラックバック一覧です: 1ヶ月が勝負だ!(1):

« 指導がずれている~初任者指導教諭研修会~ | トップページ | 1ヶ月が勝負だ(2)~安心・安全な居場所づくり~ »