« メンターチームが頑張っていて~Y小学校へ行く~ | トップページ | 横藤雅人校長の式辞 »

mota先生から~幸福は最初不幸の形をして現れる~

  このブログで何度も登場してもらったmota先生から、卒業式が終わったというコメントが入った。
 
 ご苦労様でした。
  大変な1年であった。
 
 よくぞ頑張り抜かれた。
 ★ ★ ★  
 motaです。
野中先生、何とかこの土曜日に卒業式終えました。この一年、つらいこと、たくさんありましたが、なんとかこの日を迎えられて良かったです。たくさんの励ましのコメントありがとうございました。
この経験をしっかりこれから活かしていきたいです。これからの時代、このようなクラスを担任することが多くある気がします。不思議と、もう高学年は無理という思いはなく、今度は5年から持ちたい気持ちです。
また4月から、油断せず、しっかり子供達と向き合っていきたいです。
  ★ ★ ★
 「不思議と、もう高学年は無理という思いはなく、今度は5年から持ちたい気持ちです」と書かれている。
 
 すごいなあ。
 只者ではない。

  この1年で、このような気持ちになられたのだと思う。
 ★
 今、『若き友への人生論』(森信三著 致知出版社)を読んでいる。
 我が尊敬する森信三先生が、人間はどのように生きるべきかを論じておられる本である。
 
 この本の中に、永海佐一郎博士という方の言葉が引用されている。

 「幸福は最初は不幸の形をして現れるのがつねである」と。

 森先生は、この言葉を解釈して言われる。
 ★ ★ ★
 即ちわれわれ人間が、不幸に対処する態度としては、不幸を回避しようとしないで、あくまでそれに耐え抜くことによって、やがてそこには、全く思いも設けなかったような大きな幸福が与えられるということであって、このことの示す真理性については、わたくし自身もその永い生涯の上に、これを身証体認してきたといってよいのである。
 即ちわたくし自身の生涯をかえりみても、この永海博士の語られるコトバのもつ真理性は、一度として例外のないまでに、その深い真理性は実証せられているのであって、ここにわれわれは、われわれ人間がこの世において出逢うもろもろの不幸や逆境に対処する態度を教えられるわけである。
 ★ ★ ★
  まさにmota先生は、苦しみながらもこのことを実行されている。

 人は、弱いもの。
 その弱さを踏まえること。
 
 ただ、弱いながらも、「不幸や逆境に対処する」、その態度を身につけているかどうか、それが問われる。

 幸福は最初不幸の形をして現れるものなのであるから。

|
|

« メンターチームが頑張っていて~Y小学校へ行く~ | トップページ | 横藤雅人校長の式辞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

motaです。
野中先生、本当にありがとうございます。4月から、また元気に子供達と頑張ろうという思いでいっぱいになりました。
けれど、がんばりすぎず、夏ぐらいまでは自分の体調と向き合いながらいきたいと思います。

投稿: mota | 2016年3月25日 (金) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/63388610

この記事へのトラックバック一覧です: mota先生から~幸福は最初不幸の形をして現れる~:

« メンターチームが頑張っていて~Y小学校へ行く~ | トップページ | 横藤雅人校長の式辞 »