« mota先生からの途中経過 | トップページ | なぜ多くの教師たちは授業がうまくならないのか?(4) »

これは驚くべきこと

      驚くデータに出会う。
 統計学者の舞田敏彦さんのブログである。

 http://tmaita77.blogspot.jp/2015/12/blog-post_20.html   
  ★
 「職業別の睡眠・仕事時間」である。
2013年の国際教員調査で、世界の教員の中で、日本の教員が世界一働いていることはニュースになったのでご存じであろう。
 ところが、今回のデータは職業別の仕事時間である。
 
 私の今までの予想では、他の職業は、ブラック企業などもあって 長い時間働いているところがあると考えていた。

 ところが、このデータを見ると、なんと教員が一番長く働いていることが分かる。これにはびっくり。

 全職業の平均睡眠時間は、439分(7時間19分)で、仕事時間は554分(9時間14分)。教員は、睡眠が410分(6時間50分)、仕事時間が612分(10時間12分)。
 教員は平均的な労働者よりも寝ておらず、日本の中で一番長く働いている。
 これはあくまでも平均だから。
 いつも9時、10時頃まで学校にいる若手教員は、大変なことになるのであろう。

 学校は完全に「ブラック企業」になり果てている。
  データで明らかになった。

|
|

« mota先生からの途中経過 | トップページ | なぜ多くの教師たちは授業がうまくならないのか?(4) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/62928680

この記事へのトラックバック一覧です: これは驚くべきこと:

« mota先生からの途中経過 | トップページ | なぜ多くの教師たちは授業がうまくならないのか?(4) »