« なぜ多くの先生は授業がうまくならないのか?(3) | トップページ | これは驚くべきこと »

mota先生からの途中経過

  ひさしぶりのmota先生からのコメントである。
 ★ ★ ★
野中先生お久しぶりです。
motaです。
紆余曲折ありながら、学年やフリーの先生方に助けていただきながら、いよいよ残り50日をきりました。強いストレスか、疲れからか激しい耳の痛みに襲われたりもしましたが、メンタルクリニックの先生にも助けていただき凌いでいます。最近、ようやく、このクラスが自分のクラスだなと思えるようになってきました。相変わらずな行動や言動に涙がでることもありますが、休みたい、学級に行きたくない気持ちは減り、子どもたちが愛おしいと思えるようにもなりました
。私の体を心配してくれる暴れ者だった男子たちや、先生と一緒に卒業式を迎えたいといってくれている子、今のクラスの状態を少しでも良くしようと周りに声をかけてくれる子。少しずつみんないい顔がみせてくれるようになってきたことが、私の支えです。
けれど、この学級のように、一度崩壊した学級は、解体せず周りの環境が変わらないために、自分達の状況が当たり前で、私のように力無い担任ではなかなか変わることができないことも改めて実感する日々です。私が担任じゃなければもっと変われたのでは。子ども達に申し訳ない気持ちとの戦いは毎日続いています。
あと、50日。何とか凌いで卒業式を迎えたいです。 
  ★ ★ ★
 良くなっている。そのように実感できるコメントである。
 きっとこの子供たちは卒業していく時には、mota先生に対してさまざまな感謝の気持ちを抱くであろう。
 

  そのように私は思ってみる。

「私が担任じゃなければもっと変われたのでは。子ども達に申し訳ない気持ちとの戦いは毎日続いています」と書かれている。

 この問いかけにmota先生は苦しんできたのかもしれない。
 だが、次のような子ども達がいる。
 ★ ★ ★
 私の体を心配してくれる暴れ者だった男子たちや、先生と一緒に卒業式を迎えたいといってくれている子、今のクラスの状態を少しでも良くしようと周りに声をかけてくれる子。少しずつみんないい顔がみせてくれるようになってきたことが、私の支えです。
  ★ ★ ★
 この子供達は、mota先生と向かい合ったのである。
 そして、このような行為ができるようになったのである。
 

  精一杯の感謝の気持ちが、このような行為になっているのではないだろうか。
 おそらく、この子供達は、mota先生が苦しんだ姿を胸に抱いて卒業していく。
 

  それは充分にその子供達の未来に託すに値することである。
 ★
 教師の仕事は、子供達一人一人と「物語」を作ることである。 
 その物語は、いつかその子供たちの未来を支えていくことがある。

 mota先生との1年間の子供たちの「物語」。
 今はマイナス的に考えられているが、そんなことはない。
 

  精一杯闘ったmota先生の姿は、子供たちの胸の中で熟成され、いつかきっとプラスに転化していく。
 

  そんな子供たちの未来に託していいではないか。

|
|

« なぜ多くの先生は授業がうまくならないのか?(3) | トップページ | これは驚くべきこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生、あたたかいコメント、本当にありがとうございます。
泣きながら読みました。
学校の先生方からも、いつも励まし、助けて頂きながら何とかやってこれました。あと40日と少し。なんとかやり遂げたいです。

投稿: mota | 2015年12月23日 (水) 13時10分

野中先生、以前に励ましの言葉を頂いたyasuです。mota先生がクラスを立て直されてきたことを見て、すごく嬉しく思いました。ただ、私は秋頃からうつ病が悪化し、休みや遅刻が増え、担任でもなくなり、いろいろな学年学級の補助に入る役割となりました。担任していた六年生には申し訳なさやらで校内で出会っても気まずく話かけれず、女子からはキモいと言われ、避けられますが、自分みたいな教師だから仕方ないと思っています。ずっとこれまでどの学年担任や体育主任などの校務分掌、校外で頂いている仕事など三十代後半まで自分なりに頑張ってきたつもりですが、異動1年目の職場でのこんな状態に情けなさや悔しさ、しんどいクラスでも倒れず、立ち続けられなかった自分の力不足に、一時は教師を止めようかと本気で思いました。うつの時だから、その判断はよくないとこれまでお世話になった先生方に説得され、それは思い留まりましたが、今も時々マイナス感情で辛くなります。新年になり、4月からはまた担任として頑張れるよう、通院、服薬しながら少しずつ前に進みたいと思っていますが、やはり、時々朝体が動かない、体が震え、休むことも…。本当になんて自分は弱いんだろうか、こんな教師じゃ…、mota先生が耐え続けこられた、その姿に少しでも近づきたいです。なかなか自分の気持ちを出せず、野中先生のこのブログに書いてしまったことをお許し下さい。笑顔で子供たちの前にもう一度立ちたいです。

投稿: yasu | 2016年1月20日 (水) 12時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/62922894

この記事へのトラックバック一覧です: mota先生からの途中経過:

« なぜ多くの先生は授業がうまくならないのか?(3) | トップページ | これは驚くべきこと »