« 福山憲市先生とのコラボ講座(1) | トップページ | 福山憲市先生とのコラボ講座(3) »

福山憲市先生とのコラボ講座(2)

   福山先生は、算数1時間目の再現授業をされた。
 驚くべき授業であった。
 皆さんは圧倒されたのだと思う。

 今、日本で授業をさせたら、きっと五本指に入るであろうと思われる教師の、驚くべき授業なのである。
 その授業を見たのである。
  ★
 割合の授業で、140人、平均99.8の授業を作られたと聞く。
 その再現の授業を講座で設けられるということで、かつて福山先生の講座に申し込んだことがある。
  5時間をかけて下関までかけつけた。
 
  なぜかけつけたのか。
 平均99.8というのは、130人以上が100点を取っていることになる。どんなに下の子供でも、90点以上。
 
 でも、公立の小学校で140人もいるならば、4年生の時、きっと10点や20点を取っていた子供も何人かいたはずである。
 その子供たちを満点を取る子供たちに仕上げていく。
 
 これはすごいことである。
 その子供たちの人生を変える。

 かつてこのような子供たちを「落ちこぼれ」「落ちこぼし」と名付けて問題にされたことがある。
 
 今はまったく問題にならない。
 常態化しているはずである。
 
 ほとんどの教師が「分からないのはもう仕方がない!」と諦めている。授業中、時間をかけて教えようとはするが、それだけ。
 そのまま分からない常態で、上の学年に上げていく。
 
 しかし、福山先生はこの常態を変えている。
 それがどのようにして可能なのか。
 
 それを知りたいためである。
 それが分かれば、「味噌汁・ご飯」授業の中に込められるはずである。そんな思いであった。
 ★
 福山先生の再現授業を聞きながら、これでいいのだと確認したことがある。
 私たちが「味噌汁・ご飯」授業の授業法として提案した「授業づくり3原則」である。
 「指導言―活動―フォロー」の3原則。
 福山先生はテンポ良く、この3つをくり返される。
 1つ指導言を入れたら、即座に子供を活動化され、そしてフォロー(福山先生はこの言葉を使われないが)を入れられる。
 小刻みにとんとんくり返される。
 それで子供たちを引き入れ、集中させ、定着される。
 ただ、我々と違うのは、その3原則の1つ1つがハイレベルなことである。
  このテンポは、普通の教師が絶対にできない領域の指導力だと言った方がいい。

|
|

« 福山憲市先生とのコラボ講座(1) | トップページ | 福山憲市先生とのコラボ講座(3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/62649572

この記事へのトラックバック一覧です: 福山憲市先生とのコラボ講座(2):

« 福山憲市先生とのコラボ講座(1) | トップページ | 福山憲市先生とのコラボ講座(3) »