« つれづれなるままに⑤~本物の学校である~ | トップページ | キズのついた「りんご」は甘い! »

つれづれなるままに~今度は網走へ行く~

  ●函館から帰ってきたら、明治図書の雑誌『授業力&学級経営力』4月号の原稿依頼が来ていた。
 私が提唱した「3・7・30の法則」が特集される。
 

  ありがたいことである。
 私は巻頭論文で「『3・7・30の法則』で学級開きを」を書く。

●また、明治図書から校正原稿2つ届く。
 これも来春発刊される「新卒教師時代シリーズ」本である。
 

  書名が決まり、『小学〇年 新卒教師時代を生き抜く365日の戦略 担任ビギナーズの学級づくり・授業づくり』となる。
 私と共著となる先生の校正が終わり、私のもとへ届く。
 

  本格的な新卒シリーズ本になる。
 楽しみである。

●母校の高校より、記念品と感謝状が届く。
 佐賀の佐賀東高校。

 11月7日に、50周年の記念同窓会が開かれていた。
 私は、福山憲市先生とのコラボでの講座があったので、参加できなかった。
 

  この佐賀東高校の第1回の卒業生なのである。
 佐賀高校から分かれて、佐賀西高、佐賀北高、佐賀東高となった、第1回生というわけである。
 たまたま初代の同窓会長を私が務めたので、感謝状をいただいたというわけである。
 

  これまでに2万2千名の卒業生が出ているということ。
 50年経ったのである。

●12月4日の網走小学校の公開授業研へ向けての準備。
 講演をする。
 「これからの北海道教育に期待すること~全国・全道の実践から見えたこと」という遠大なテーマである。
 

  この日、この学校の本が明治図書から出版される。
 私の監修である。
 『「チーム学校」で学力アップする!日常授業&校内研修ガイドブック』。
 楽しみである。
 

  3日に網走へ入る。
 雪の網走なんだろうなあ。

|
|

« つれづれなるままに⑤~本物の学校である~ | トップページ | キズのついた「りんご」は甘い! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/62777695

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~今度は網走へ行く~:

« つれづれなるままに⑤~本物の学校である~ | トップページ | キズのついた「りんご」は甘い! »