« どんな学力をあげたいのか?~また、また、北海道北見へ行きました~ | トップページ | 大曲小学校の公開研修会が開かれる! »

壁の前でうろうろすること~mota先生へ~

    このコメント欄で何度も登場してもらったmota 先生が、次のようなことを書かれている。このコメントを読んで、すぐに北海道へ行ったために、その返事がそのままになっている。
 また、スイちゃん先生から暖かいコメントが書き込まれている。

   ★ ★ ★
 野中先生、いつもブログ楽しみに読ませていただいています。motaです。
学級の状態は、1学期よりは少しましになってきているようです。私は渦中にいて、よくわからないのですが、同僚の先生方には、そう言われます。けれど、良くなってきたからなのか、今まで心身に溜め込まれたストレス、不安要素が噴き出し始め、体がザワザワしたり、子どもの前でも涙が止まらなかったり…。ひどくなりそうなのがこわく、パニック障害気味で投薬治療をし始めました。ちょっとした子どもらとのやりとりでスイッチが入り、涙がとまらないのです。
私は、3月まで、なんとか子ども達と一緒に凌ぎたいと思っているのですが、不安定な担任と一緒にいても子ども達にも良くないかな…担任が変わった方が、のびのびやれるのではないかと後ろ向きになってしまいます。コメント欄に書かせていただく内容とはずれていることをお許しください。
 ★ ★ ★

 mota 先生は、十分に闘ってこられました。
 普通の先生たちが想像できない世界で闘ってこられたと思っています。
 私はそう認識しています。

 その結果、パニック障害気味になられています。
 当然のことです。
 そんなに人は強くないのですから。

 その闘う姿を教室の子供たちは見ていたはずです。
 教室が少し落ち着いてきていると書かれています。
 分かるような気がします。理解している子供がいるのですよ。

 ★
 mota 先生は後ろ向きになっていると言われています。

 私は、毎日学校へ通っていける体調があれば、ぜひとも続けてほしいと願っています。薬を飲みながら、涙をぽろぽろ出しながら、そのまま子供と対応していただきたい。そのままのmota先生で対応していただきたい。

 ほとんどいい加減でいいのです。
 担任がそこにいてくれるというだけで、子供たちは安心します。  それだけでいいのですよ。
 
 しかし、体調が無理であれば、潔く休むのですよ。
 
 ★
 哲学者鷲田清一さんが、朝日新聞の「折々のことば」(9/9)に次のようなことを載せている。

 大きな壁にぶつかったときに、大切なことはただ1つ。壁の前でちゃんとウロウロしていること。   玄田有史

 ●越えられない壁に直面したとき、うずくまっていないでその前でうろつくこと。すると壁の下に小さな穴が見つかり、トンネルが開くかもしれない。ヘリコプターが上空から見つけてくれるかもしれない。「希望は、無駄とか損とかという計算の向こうにみつかったりするもの」だと、労働経済学者は言う。「希望のつくり方」から。
 ★
 人生は何度もつまずきがあり、失敗があり、停滞があり、挫折がある。
 そんなことがない人なんていない。

 でも、次のことを自分の「考え方」の中に持っておけば必ず耐えていける。

 私は『必ずクラスを立て直す教師の回復術!』(学陽書房)に書いたことがある。

 Q7 野中先生は「人生の本質は繰り返しだ」と言って、繰り返すことの大切さを強調されていますが、どんなことを言いたいのですか?

 この問いかけの答えになる。
 一日の時間も、毎日の生活も、学校の授業も、……自分の人生も、その共通点を探していけば、「繰り返し」に行き着く。
 だから、この「繰り返し」に耐えて、少しずつ前へ進み出ていくことがその本質になる。

 毎日を規則正しく、できるだけ生活を変えないで過ごすこと。
 その平凡さに耐え続けること。
 mota先生、日常の中でこれを身に付けて下さい。

 ★
 そして、もう1つだけ。
 精神科医の中井久夫さんがどこかで書いておられたことがある。
「家に帰ってまでも、患者のことが思いだされたら、患者の担当を変わらなければならない」と。
 
 精神科医という仕事の過酷さは、尋常ではない。
 それでも、この言葉が教師の仕事にも当てはまる。
 
 これからものすごく必要になる言葉でもある。
 クラス担任を変わることはできないが、早く家に帰って、すっかり学校のこと、子供たちのことを忘れていくことは必要なことだ。
 すぐにはできない。
 
 でも、そのように自分を変えていく訓練を自分に課していくことはしなくてはならない。 
   ★
 こんなことを思いました。
 mota先生、がんばらなくていいんですよ。
 そのまま、そのままでうろうろしてほしいというのが、私の思いです。

|
|

« どんな学力をあげたいのか?~また、また、北海道北見へ行きました~ | トップページ | 大曲小学校の公開研修会が開かれる! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

mota先生、以前コメントを書かせていただいたyasuです。わたしも一学期体調崩し、一週間ほど休んだ後に、目の前の六年生の子どもたちのグチャグチャな様子、体育主任などの業務のたまりにたまった状況、異動したてで休んだ申し訳なさ…、どうしたらよいか訳分からなくなり、ほんとにパニックになりました。子どもの前で何話せばよいかわからない、管理職にも何を相談したか、今も覚えていません。薬も飲むようになりました。管理職がとても配慮をして下さり、いつでも休めるように、授業も減らして下さり、何とか今、運動会の準備、組体操の全体指導ができています。時々、しんどくなり、休みながらですが…今年度はもうこうやっていくしかないと思えるようになりました。mota先生もしんどい時は休んで下さい。悔しさや情けなさ、申し訳なさ、いろいろな気持ちでいっぱいだと思います。お互いゆっくりゆっくり凌いでいきましょう。

投稿: yasu | 2015年9月13日 (日) 20時29分

野中先生、スイちゃん先生、yasu先生、あたたかいお言葉、ありがとうございます。無理はせず、自分の身体、ココロの状態と相談しながら、できれば3月までいきたいと思っています。毎日ココロはゆれますが、大半の子どもたちは、担任は私で大丈夫だよといってくれています。不安定な気持ちを少なからず子ども達になげかけています…良くないなーとおもいながら、ガマンできずに。今のままでいいんですよね。決して良くならなくても、今の状態を受け止め、一緒にその教室にいるだけしか、いまの自分にはできません。みなさんのコメントのあたたかさに、涙がとまりませんでした。ありがたいことに、学年団もまわりの先生方も、管理職も、とても配慮してくださり、毎日行くことができています。
がんばりすぎず、助けてもらいながら、いられるだけ一緒にいてみようと思います。ありがとうございました!

投稿: mota | 2015年9月14日 (月) 18時38分

野中先生、以前に投稿させていただいたyasuです。野中先生からいただた励ましの声に大変勇気をいただき、感謝しています。一学期後半の病休から復帰した2学期。やはり、スタート時は心身辛い時も度々ありましたが、体育主任として、まず運動会をやり遂げることが、休んだ分を先生方と子どもたちへのお返しになると思い、何とか終えることができました。異動1年目でしたので、勝手が違い、いろいろ分からず、先生方にも気を遣い…何とか終え、ほっとしています。上学年の組体操の全体指導も、前任校と全く違う雰囲気、子どもたち…葛藤し苦心しながら何とかでき、本番も子どもたちの頑張る姿を見ていただけたと感じています。ただ終えた後、長年おられる先生とその先生と親しい若手から「練習のもっていき方がよくなかった、子どものためにならない」と言われました。異動1年目で様子分からない、聞いても曖昧な返答、変えればいいと言う先生も。目の前の6年生は相変わらずぐちゃぐちゃ。厳しい雰囲気だと不貞腐れ、やる気をなくすことから、頑張りやできたことをできる限り見つけ、ほめながら指導することにしました。その方法がよくないと言われたのです。今は仕方ないと黙って聞いてました。自分だって何回も指導してきた中で、こんなに優しい指導は…でも、実態が。同じ異動1年目の先生からは「厳しくしたいけどできないよね。だって、子どもたちのレベルが…と。4年生はほめてもらって、すごくやる気になっていたよ」と自分の気持ちを察し、声かけてくれました。病休したことや管理職から配慮してもらっている自分をよく思っていない人がいるのはしかたないと思います。自分のせいで負担をかけてしまっている先生がいるのも事実です。ただ異動1年目の自分に、市内でも有名で困難な六年の担任、体育主任など最前線に立たせて、また、心身壊して復帰したばかりの自分に、全体指導を渋ったり、指導経験がある人がいないと言ったりして、組体の全体指導をさせる学校に腹ただしい気持ちも出てきました。一学期の自分なら、六年の学級の様子を含め、全部自分のせいと思っていたかもしれません。腹ただしく思えたのは、前任校までの自分に少し戻れたからと感じています。今年度の残りは、今は我慢、我慢、仕方ないと自分に言い聞かせながら、ひとつひとつできることを頑張っていきたいと思います。motaさんをはじめ、自分よりもっと困難な状況の中で闘っておられる先生が多くおられると思います。休んでいる時に、たくさんの先輩や仲間から励ましてもらいました。自分には仲間がいます。今の学校、子どもたちのために、自分に何ができるか常に考え、頑張ります。野中先生、まず大きな行事を凌ぐことができました。一歩一歩先に見えるものに向かっていきたいと思います。大変長くなり、申し訳ありません。

投稿: yasu | 2015年9月23日 (水) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/62271811

この記事へのトラックバック一覧です: 壁の前でうろうろすること~mota先生へ~:

« どんな学力をあげたいのか?~また、また、北海道北見へ行きました~ | トップページ | 大曲小学校の公開研修会が開かれる! »