« 相談事例に答える~現場は、原理原則より広く、深い~ | トップページ | 中2 いじめ自殺事件をどのように受け止めるか(1) »

毎日行っている授業を明日からすぐに「手応えのある授業」に変えていく方法教えます!

  鳥取へ行った。
 6月11日に1回目。今回の7月2日は、2回目になる。

 ちょうど12時に鳥取空港へ着き、M小学校の校長先生に迎えにきてもらう。
 
 まず、M小学校へ向かう。全校生徒27名。
 一昨年、この小学校へきて、5年生に授業をしたことがある。
 といっても、10名の子供たち。

 今回は、公開授業研究会で、3年生のT先生の国語の授業。
 7名の児童。
 
 授業が終わって、先生たちで話し合い。
 最後に、私が指導講評という形で締めくくる。
  ★
 次に、私の講座になる。
 45分。駆け足である。
 
 45分で先生たちに何を伝えるか。
 まず、最初に次のように伝えた。

 「毎日行っている授業を明日からすぐに『手応えのある授業』に
 変えていく方法 教えます!」

 すかさず、次のように続ける。
 
 「ほんとかな?
  ほんとなら、もうとっくに明らかにされているはずだろう!」

 私が今から伝えることは、次のこと。
 
 「『すごい!』と賞賛される『ごちそう』授業ではない。
  普通のいつもの授業をちょっとだけ変えていくだけです!」

 そこで、「日常授業」の改善というテーマを出した。

 ★
 今、多くの先生たちの普通の「日常授業」は、「ぶっつけ授業」になっている。

 「ぶっつけ授業」というのは、その場で教材研究をしながら、その場で授業をするという授業。
 教材研究といっても、単に指導書を見て、その通りに進める授業なのである。
 
 要するに、「ぶっつけ本番」の授業。
 初任者はとてもこんな授業はできないが、数年、教師をやっていると、ほとんど教材研究をしないままに、「ぶっつけ」になる。
 
 最初は、「まずい!」と思っているが、慣れてくるとこれが当たり前になる。
 誰も見ていない。
 子供も文句は言わないからである。

 確かに教材研究をする時間がない。
 学校の仕事がある。事務作業もある。これは手を抜けない。
 全体に関わってくるから。
 
 手を抜くのは、授業。
 まともに教材研究の時間が取れないのである。

 しかし、しかしである。
 学校できちんと教材研究の時間が保障されていけば、きちんと教材研究をする教師としての「姿勢」が残っていますか?

 そのように先生たちに問いかけたい。
  ★
 脱線をした。
 
 私は先生たちに明日の授業からどのように変えていけばいいか、シンプルに4つ示した。
 「これがきちんと実践できれば、必ず授業が変わります」
 そして、最後に伝えた。
 「明日、S小学校でこの原則を使って私が授業をします。
  うそか?ほんとか?確かめに来て下さい」

  ★
 その日、もう1つ 夜の7:30から9:00までの講座が控えていた。
 教師と保護者合同の講演会。
  テーマは、「今、学校で起こっていること。~いかに子供と関わるか~」。
 
 170名近くの方々が参加されていた。教師と保護者、だいたい半々。
 司会や講師紹介、最後のまとめなど全部PTA会長さんたちが担当されていた。びっくりするくらい若い会長さんたち。

 ほんとうなら家庭で団らんの時間。
 それをこうして参加されている。
 責任重大である。

 私の話は、きっと保護者の方にとっては初めて聞く、衝撃的なできごとだったかもしれない。
 真剣に耳を傾けてもらった。
 あっという間の90分。
 
 ホテルに帰り着いたのは、10時頃。
 忙しい一日であった。
 ★
 朝、ホテルまでS小学校の教頭先生に迎えに来てもらう。
 2時間目、初任のS先生のクラス(3年生)の授業。

 事前に子供たちについての打ち合わせ。
 5人のやんちゃな子供。
 1人の緘黙に近い子供。
 ………

 保護者会を3回行って話し合いをしていると校長先生から聞き、厳しいクラスだということが分かる。
  初任の先生は、このやんちゃたちに対抗していくことは大変なことなのである。
 ★
 教室へ行く。
 多くの先生たちが教室に入っておられる。
 子供たちにとっては、初めてのできごとで、緊張する時間。
 

  「おはようございます。」と挨拶。
 「自己紹介をしますね。野中先生です。横浜からきました」
 「えっ~~~」という歓声。
 

  「横浜を知っている人?」(多数の子供が手を挙げる)
 「手の挙げ方がうまい人がいるね。すごい!天井に突き刺さるように上げるんですよ」(学習規律を教える)
 

  「野中先生は、もなか先生と呼ばれていました。いやだったんです!」(いやな顔)(笑)
 「『もなか先生、もなかアイスちょうだい』と言われていました」(子供の物まねで言う)(笑)
 

  「野中先生は得意なことがあります。」
 「ものまねです」
 

  「このまえ、2年生にやったんですけど、だれも分かりませんでした。やってみますよ。『メエ~~~~』『メエ~~~~』これっ、何でしょう?」(「ひつじです」「ちがいます」「やぎです」「当たりです」)
 「さすがに3年生ですね。分かりましたね」
 

  「今度は、にわとりが鳴いて、最後に卵を産みます。卵を産む音がしますから、静かに聞きますよ。卵の産む音が聞こえたら、拍手です!」
 「拍手の練習をしますよ」(3回練習をする)
 

「行きますよ。『コケコッコ~~~』『ポン!』」(大きな拍手が出る)

 こんな調子で、まず緊張をやわらげる。
 ポイントは、笑わせたり、手を挙げさせたり、拍手の練習をさせたりして、体を動かして緊張をやわらげるのである。
 
 大切なことは、「インプット」の話を入れたら、すぐに「アウトプット」の活動をさせることである。
  これで全体が締まってくる。

 授業はとにかく楽しかった。
 やんちゃな男の子が活躍する様子が全体の笑いを生み、笑って、集中して、そしてあっという間に1時間が終わった。
 

  私の役割は、笑わせたり、フォローを入れたりすること。
 ★
 隣のT小学校の校長先生は、多くの先生たちを引き連れて参観に見えていた。
 その一人の先生に、「野中先生の授業はどうだった?」と聞かれた。
 「きちんとしたクラスなんですね!」と。
 
 その感想を聞かれたS小学校の校長先生は苦笑い。
  日頃の初任の先生の悪戦苦闘と大変さを目にしているからである。

 私が昨日約束した「『味噌汁・ご飯』授業の原則を使った授業」をしたのである。
 分かってもらえたであろうか。

|
|

« 相談事例に答える~現場は、原理原則より広く、深い~ | トップページ | 中2 いじめ自殺事件をどのように受け止めるか(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/61839839

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日行っている授業を明日からすぐに「手応えのある授業」に変えていく方法教えます!:

« 相談事例に答える~現場は、原理原則より広く、深い~ | トップページ | 中2 いじめ自殺事件をどのように受け止めるか(1) »