« 、「絶対凌いで、その先にある景色を見る」 | トップページ | 九州へ行ってきました! »

つれづれなるままに~台風が来ている九州へ行きます~

●北海道から帰って、またもや虚血性大腸炎になる。
 2回目である。鳥取へ行ったり、北海道へ行ったりの忙しさがたたったのであろうか。
 
 病院へ行ったら入院騒ぎになるから、家でじっと安静にする。
 一過性のものなら、1週間ほどで回復するからである。
 
 ひたすら安静にしていたら、回復は早い。 
 これから仕事の仕方を考えなければいけない。 

●大曲小本が明治図書より届く。
 待ちかねた本。
 
 早速ざっと読み進む。
 「日常授業」の具体が、そのまま実践の息づかいと共に書かれている。 
 
 ここには「あたらしさ」がある。
 今までの学校教育が惰性とならわしに縛られて踏み切れなかったことが、確かに打ち破られている。
 私は、「これからの日本の『授業研究』のあり方を指し示す、1つの狼煙が上がったのである」と監修の言葉で表現した。

 困難校が、何をやればこれだけのことができるようになるか、それを確実に提起されている。
 この中心に、「味噌汁・ご飯」授業があったという事実に、私は誇らしさを感じる。
 
●京都府のM市のK小学校へ行く。
 日本教育新聞に「味噌汁・ご飯」授業が取り上げられ、それを読んだ学校からの招請である。
 90分「味噌汁・ご飯」授業について話し、30分の模擬授業をする。
 京都は暑い、暑い。

●今日から九州の福岡へ行く。
 体調が回復したばかりだから、用心しなければいけない。
 残念だが、酒はだめだなあ。
 
 それよりも九州には台風12号が近づいている。
 講座がある25日は大丈夫だろうが、羽田へ帰る飛行機が飛ぶかどうか、それが心配になる。
 

|
|

« 、「絶対凌いで、その先にある景色を見る」 | トップページ | 九州へ行ってきました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/61946255

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~台風が来ている九州へ行きます~:

« 、「絶対凌いで、その先にある景色を見る」 | トップページ | 九州へ行ってきました! »