« 福岡講座近づく!~7月25日(土) | トップページ | つれづれなるままに~台風が来ている九州へ行きます~ »

、「絶対凌いで、その先にある景色を見る」

   あらゆるところで、異動がらみの大変な状況が広がっている。
 ブログにコメントした先生もまた以下のような状況に追い込まれている。
 ★ ★ ★
凌いだ先に。
私もこの四月の異動で、崩れた六年担任を受け持ちました。体育主任も任されました。学級は落ち着かず、学習も生活もガチャガチャ。体育主任として、まだ子どもたちや学校の様子もわからぬ状況で、学年や高学年全体の前に立ち指導することも多いのですが、目の前の子どもたちはガチャガチャ。前任校とのギャップに自信を失い…、それでも期待に応えようと、縦糸横糸張りながら学級を、思考錯誤しながら全体指導をしていました。ただ気持ちが入りすぎ、無理したからか体調崩し何日か休み、やるべき仕事がたまり、焦りからパニック状態になり、心身おかしくなり、一学期後半を病休してしまいました。夏休み中に、前任校での実践を大きな大会で発表する予定でしたが、代わりに前任校の同僚に発表してもらうことにもなってしまい、頑張ってきたことは何だったのかと悔しさやら情けなさやらで鬱的にもなりました。夏休みに入り、何とか復帰し、水泳指導しましたが、子どもたちのガチャガチャな様子に愕然。休んだからか、同僚には、入れ替わりで異動した前体育主任の話題をいつも聞かされ、悔しい気持ちに。前任校での自分の実践の方が全然上なのにと心の中で…。異動して、いきなり崩れた六年を持たされ、全体の前に立たされ…という気持ちもしますが、motaさんの記事から勇気いただき、自分も絶対に凌いで、その先にある景色を見てやる、そして、今の学校を子どもたちにとって、良い学校に変えていきたいと思えました。ありがとうございました。
 ★ ★ ★
 しばしばこのブログで、学校の終わり現象を訴えてきた。
 異動してきた先生を、高学年経験があるというだけで一番大変な学年とクラスを持たせていくということ。
 

  これは末期的症状だ。
 以前ならそういう人事は、ありえなかった。
 

  どんなに力量がある先生でも、事情をしらないのでやれるはずはない。
 私が知っている先生たちでも、ことごとく失敗している。
 
 この責任を管理職に押しつけるのも酷である。
 その学校の先生たちは、絶対に持ちたくないと逃げるのであるから、どうしようもなく異動してきた先生を持たせることになる。
  ★
 コメントしたyasu先生も、自他共に力量があると考えられていたことであろう。コメントを読めば、それがよく分かる。
 こんなケースは、ほとんどが失敗する。
 
 私も失敗してきたのでよく分かるが、どうしても今までの成功経験を引きずる。
 だから、目の前の子供に合わせて、今までの自分の経験をなげうっていくということにはなかなかならない。
 
 どうしても子供たちを、自分のやり方に強力にひきずっていこうとする。
 そうすると、必ず一部の子供たちが反発する。
 
 その一部は、周りを巻き込む力があるから、どうしても担任の方が負けてしまう。
「今度の担任よ~~ダセヨ~~。従うのやめようぜ~~」となる。
  ★
 異動して最初の学年担任(とくに高学年担任)は、とりあえず最低限の「学級づくり」(私は「学級づくり3原則」と言っている)から始めなくてはならない。
 

  縦糸・横糸張りも、「2:8」「3:7」という比率で子供たちの様子を見なければいけない。
 絶対に強引に出たらダメだ。
 

  邪魔になるのが、力量がある先生たちの成功体験。
 前の学校で、先生をよく知っている子供たちとの間で作り上げた成功体験にしか過ぎない。
 

  私は、「力量がある」なんて,今ではまったくあてにならないと思っている。
 新しい学校では、また最初からだと思った方がいい。
 ★
 それにしても、yasu先生は、次にように書いてある。
「motaさんの記事から勇気いただき、自分も絶対に凌いで、その先にある景色を見てやる、そして、今の学校を子どもたちにとって、良い学校に変えていきたいと思えました。ありがとうございました。」
 

  ただものではない。
 短期間で、このように考えられるようになったのである。
 
 mota先生も、yasu先生も、そして同じような境遇で苦しんでいる先生たちも、「絶対凌いで、その先にある景色を見る」こと。
  このように生きることである。

|

« 福岡講座近づく!~7月25日(土) | トップページ | つれづれなるままに~台風が来ている九州へ行きます~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 、「絶対凌いで、その先にある景色を見る」:

« 福岡講座近づく!~7月25日(土) | トップページ | つれづれなるままに~台風が来ている九州へ行きます~ »