« つれづれなるままに~台風が来ている九州へ行きます~ | トップページ | 学校で一番大変な学年を持てるようになりたい! »

九州へ行ってきました!

    福岡へ行ってきた。
 台風が心配だったが、何の影響もなく、一安心。

 昔、横浜から佐賀へ帰るとき、寝台特急さくらでは、16時間かかった。
 関門トンネルを抜けて、九州へ入ると九州の匂いがした。
 あの感じは今でも懐かしく思いだす。

 今は、飛行機で1時間15分ぐらい。
 あっという間についてしまう。
 九州の匂いなんてまったく感じなくなってしまった。
 ★
 講座では、50名ほどの先生たちが見えていて、ほぼ満席。
 ありがたいことである。

 長崎の佐世保からY先生が見えていた。
 ぜひとも一度はお会いしたいと思っていた先生で、Y先生の方からわざわざJRで駆けつけてこられた。大感激。
 ゆっくり話せなかったことが心残り。
 
 大曲小の本が19冊売れた。(20冊持っていったもの)
 私もじっくり今回読んだのだが、とにかくすごいという感想。

 感動することが書かれているわけではない。
 すごい授業が披露されているわけではない。
 
 でも、学校ぐるみで取り組めば、こういうことが可能になるのだという、そういう試みが書かれている。
 
 明治図書のオンラインでは、発売4日で27位にランクイン。
 多くの先生たちに読んでほしい本である。
 ★
 講座に呼んでくれたのは、福岡市の若い先生たちが中心の会「つなぐ」。
  うらやましくなるほどの若さがある。
 
 多くの人から学んでいこうという好奇心がいっぱい。
 こういう若い先生たちが、明日の日本の教育を背負っていく。

  私の若い頃のことが質問に出た。
 私は、現役の時代は一度も組織に所属したことがない。
 
 ほとんど一人で勉強をした。
 時々友人たちとの学習会を設けたぐらい。
  志をもっていれば、一人だってやれるわけである。
  ★
 志をもって生きようとしたら、人生には「往路」と「帰路」がある。
 もちろん、教師人生にも、「往路」と「帰路」がある。
 若い20代、30代のときは、とにかく自分の力量をつける「往路」の時代である。
 
 こういう時には、あまり周りに色気を出さない方がいい。
 「現実」を変えようとしゃかりきにならないことである。

  「現実」はあまりにも理不尽で、疲弊していると若さは強く感じる。

 でも、できることは限られている。そんなに簡単に「現実」は動かない。
 
 ひたすら自分の力量をつけること。
 これが中心の命題になる。

 そして40代、50代のときは、いよいよ「帰路」の時代。
 現実の「学校現場」へ戻って来なければいけない。
 
 今まで身に付けた力量で、周りを変えていくことになる。
 自分の身の丈にあったことでいい。
 
 仕事のスタンスが大きく変わらなければいけない。
 惰性や習慣、慣わしに染められている「現実」を自分の力量で変えていく。
 
 同じ学年の先生、同僚の先生たちが、元気でがんばれる職場を作り上げることである。
 
 そのために、自分は力量をつけてきたのである。
 自分が光り輝くために、力量をつけてきたのではない。
 
 志を忘れないことだ。
 
 残念ながら、若いときにはあれほど志を持っていたのに、歳をとるにつれてすっかり忘れ去り、ひたすら自分のためだけで生きる人がいる。
 確かにそれも1つの人生ではあるが、悲しいではないか。

 教育界は、あまりにも惰性と慣わしがはびこっている。
 前に一歩進もうという気運がまったく感じられない。
 
 その中で、多くの先生たちが疲弊している。
 これからこの状況を変えていくのは、若い志をもった先生たちである。
  ★
 横浜へ帰ってきた。
 福岡も暑かったが、横浜もものすごい暑さ。
 35℃を越えている。
 
 夏は始まったばかりなのだが……。

|
|

« つれづれなるままに~台風が来ている九州へ行きます~ | トップページ | 学校で一番大変な学年を持てるようになりたい! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/61972396

この記事へのトラックバック一覧です: 九州へ行ってきました!:

« つれづれなるままに~台風が来ている九州へ行きます~ | トップページ | 学校で一番大変な学年を持てるようになりたい! »