« 凌いだ人にしか見えない風景がある! | トップページ | 毎日行っている授業を明日からすぐに「手応えのある授業」に変えていく方法教えます! »

相談事例に答える~現場は、原理原則より広く、深い~

  私のブログには、さまざまな相談事例がのる。
 現場で悩んでいて、ネット検索し、私のブログに行き着いたという先生たちが、相談を寄せられる。
 
 できる限り、答えていく。(もちろん、ブログでは書けない事例の先生もおられる。その時はメールでの相談になる。kazenifukarete●hkg.odn.ne.jp  ●には@を入れる)
 
 私が答えていく原則は、37年間の現場経験から自分なりにまとめた方法論からのものである。
 
 どんなものか?
 一言で言えば、「ひき算発想による『学級づくり3原則』『授業づくり3原則』」になる。

 今、現場で闘う最低限の原理・原則は、これでいいと自分では思っている。
 「最低限」と断っているのは、<あれもこれも>やってもとても対応できないからである。
 現場はそれほどに混迷を深めている。
 
 だから、時々「野中先生の方法論ではうまくいきません!」と言われる先生がおられる。
 それは当然である。
 
 これはあくまでも1つの方法論であり、通用しない場合は出てくる。
 現場は、原理・原則よりも広く、深い。
 
 だから、「うまくいかない場合は、押したり、引いたりして試行錯誤する以外にありません」と言っている。
 
 その場合、「なぜだろう?」と自分で調べて考えてほしい。 
  自分のやり方がまずいのか?
 そのやり方そのものがまずいのか?
 
 さまざまに検証をする必要がある。
 原理原則を盲信しないことが大切だ。

  ★
 げんちゃん先生からこんなコメントもついた。
  辛い初任の時代が書かれている。
 ★ ★ ★
motaさんのコメントを読んでいて、自分自身の初任者時代を思い出します。
授業も学級づくりも成り立たない日々。学年集団の中で、ベテランの先生達のクラスに追いつこうと必死になるものの、すべてが空回り。興味を引こうと教材研究、ネタ収集に走るものの、膨大な時間をかけた割にはよくて単発、ほとんどは見向きもされずにいつもの日常が繰り返される…。しかも、私のクラスには5,6人のやんちゃな子がおり、彼らの反抗的な態度、けんか、毎日のトラブルに振り回されていました。
そんな日々を送っていると、「いろいろな先生に迷惑をかけている」、「すべては自分の力不足のせいだ」としか思えなくなり、更なる教材研究やミニネタの収集に走るのですが、次第に自分自身が閉塞的になっていったのを思い出します。

今思えば、努力の方向が間違っていたのだし、経験や力が圧倒的に不足しているのに周囲のクラスと同じことをしようとした事が、結果的に自分もそうだし、子ども達をも苦しめたと思います。

しかし、幸運にも、その子ども達を卒業までの3年間担任し、凌ぎきった経験が、今に生きています。そして、その過程で野中先生の「学級づくり3原則」を実践し、学級づくりの土台の必要性を痛感することもできました。

とても辛く、大変で、よく1年間凌ぎ続けられたなぁ、という初任のクラスでしたが、初任校を異動する時、一番やんちゃだった男の子は、両親とともに私にあいさつに来てくださいました。「先生には、本当に迷惑をかけました。」と笑顔で彼が話した時には、胸が熱くなりました。凌いで本当に良かったと、そしてそのおかげで今があるのだと、強く実感しました。

どんなに経験を積もうと、どんなに年数を経ようと、謙虚に子ども達の前に立ち続ける姿が、何よりも一番子どもに伝わってしまうのだと思います。

「凌いだ人にしか見えない風景が見える。」
今、改めてそう思います。

投稿: げんちゃん | 2015年6月30日 (火)
 ★ ★ ★

|
|

« 凌いだ人にしか見えない風景がある! | トップページ | 毎日行っている授業を明日からすぐに「手応えのある授業」に変えていく方法教えます! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

凌いだあと、見える風景。
今は渦中にいて、全く見えない世界が
開けるといいなと思います。
1日1日凌いで、どうにもこうにも
できず、泣きながらもがく日々は
継続中ですが、たくさんの方々に
支えていただきながら、やっていこうと
思っています。この経験が必ず自分の糧になると信じて。

投稿: mota | 2015年7月 4日 (土) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/61820641

この記事へのトラックバック一覧です: 相談事例に答える~現場は、原理原則より広く、深い~:

« 凌いだ人にしか見えない風景がある! | トップページ | 毎日行っている授業を明日からすぐに「手応えのある授業」に変えていく方法教えます! »