« つれづれなるままに~H小学校で授業をしました~ | トップページ | 学級崩壊したクラスを受け持って!~凌ぐことである~ »

善意の指導は、崩壊の道に続いている

  昨年初任者だったというK先生からコメントが入る。
 こんなクラスからよくぞ立ち直り、2年目を迎えられているなと思い、感心した。
 

  普通なら辞めているところだ。
 ほとんどトンチンカンなフォローをされ、人格否定までされて、なおもここまで立ち直っているすごさ。
 

  よくぞ、よくぞ、がんばったと感動する。

  ★ ★ ★
 昨年、初任者だったKと申します。
私は小学校に赴任して2年生の担任になりました。1年目は2年生になりやすいということだったのですが、クラスには暴れて物を投げたりベランダに出て飛び降りようとしたりする子、突然大声で叫んだり歌ったりする子、すぐ殴ったりする子がいてケンカやトラブルが絶えませんでした。それだけでなく、話を聞けない、ごそごそ、立ち歩きをするような幼い子が何人も控えており、ほぼ学級崩壊の一年間でした。今振り返っても初任者に持たせるクラスではなかったと思います。役職からは「子どもにサービスしろ」「もっと子どもを喜ばせる授業をしろ」「若さで勝負」など曖昧で抽象的なアドバイスしかなく、なんのフォローもないどころか、人格否定され続け絶望の一年間でした。悔しくて色々調べた結果、このサイトにたどり着き、野中先生の著書を読ませて頂きました。また、著書やブログに紹介された、野口先生や中村先生の著書も読みました。そのおかげで、今年は四年生を担任しているのですが、学級がとても充実しています。本当に感謝しています。
私の学校の役職もそうですが(私のような新米が言うのも失礼ですが)、初任者に指導する観点がずれている方が多いと感じます。味噌汁、ご飯授業の考え方がもっと広まることを願っています。
  ★ ★ ★

 初任者に指導する観点がずれている指導者が多い。
 その通りである。
 

  昔自分がされたような指導を、初任者に指導をしている。うまくいくはずはない。
 子供が変わっているのだ。理不尽な親たちがいるのだ。
 昔通りやれるはずはない。
 

  そのことが分かっていない初任者指導者が多すぎる。
 ★
 始業式の次の日から指導案を書かせることを課した指導者がいた。
 指導者は、「授業さえうまく軌道に乗せればクラスはうまくいくはずである」という善意の指導であろう。
 

  あんな研究授業用の指導案を毎日書かせて、しかも何時間分も、むちゃくちゃな指導である。

 ちょっと初任の立場に立って想像力を働かせれば、すぐにでも分かろうというものだが、それができない。


 しかし、初任者は、従う以外にない。
 

  最初は、クラスの土台を作る「学級づくり」をしなければいけないのに、そんなことはそっちのけで指導案作りをする。
 

  A4一枚の指導案でも、初任者は1時間以上かかる。それを何時間分もである。
 結局、その指導者が指導するクラスは、4クラス中3クラスが学級崩壊になった。あとの1クラスも、4,5月は危うかった。
 

  その時の初任者は、今でも休職を繰り返していると聞く。
 人生を変えてしまう。
 ★
 あきれる指導である。
 自分もやったことがないことを初任者にやらせる。
 拷問みたいな指導になる。
 
 だから、このブログを読んでいる方は、そんなことをやっている初任者指導がいたら、校長に話し、すぐに止めさせなくてはならない。
 

  初任者指導の教師がよく陥るパターンなのだ。
 善意でやっているからよけいに始末が悪い。
 ★
 何度もブログで書いてきたが、ここでも繰り返す。
 
 最初は「学級づくり」を教えるのだ。
 一緒に学級を作るのである。
 授業づくりより優先しなければいけない。
 
 子供との付き合い方を教えなければいけない。
 「仲良し友だち」先生にはならないように指導しなければいけない。
 縦糸と横糸をバランス良く張れるように教えなければいけない。
 
 クラスにきちんとしたルールが位置付くように教えなければいけない。
  ルールがきちんとしておけば、教師の味方をしてくれる「2」割の子供たちが、クラスを引っ張っていける。
 
 1ヶ月が勝負だ。ここで1年間が決まってくる。
  1ヶ月は必死になることだ。

 ①「学級づくり」を土台にする。
 ②子供たちとの「関係づくり」は縦糸・横糸張り。
 ③きちんとしたルールづくりを。
 ④1ヶ月が勝負。

 この4つを意識するだけで、クラスは軌道に乗る。
 こういう指導を初任者指導はしなければいけないのである。
 

|
|

« つれづれなるままに~H小学校で授業をしました~ | トップページ | 学級崩壊したクラスを受け持って!~凌ぐことである~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。5月末にこちらのブログに辿りつき、バックナンバーから読ませていただいています。10年ぶりの高学年で、昨年5年で崩壊したクラスで自分だけ担任変えになり、力不足は否めませんが6年の担任をしています。学級の荒れはかなり根深く、担任不信の子どもたちにかなり威圧的に4月をスタートさせてしまい、今もほとんど指示が通りません。スピード感も落ちていることをこのブログを読んで気づきました。5月はとにかく自分の力の無さを責め、かなり鬱状態になりました。今はその精神状態からは多少脱出しましたが、クラスの荒れは相変わらずです。日常で今からやれること、また目標達成表は、6年ではどのように取り組めるか、アドバイスいただけたら幸いです。 授業中の私語がひどく、めんどくせー、こんな勉強将来役に立たねーからやる意味ねー、うるせーババァと暴言をはかれる日々です。ダメな日は担任外の先生や教頭にきてもらい、授業を進めている状態です。荒れる男子との対峙は止めました。まとまらない文章ですみません。とにかく1年間繋いでいきたいと思っています。

投稿: mota | 2015年6月 7日 (日) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/61707140

この記事へのトラックバック一覧です: 善意の指導は、崩壊の道に続いている:

« つれづれなるままに~H小学校で授業をしました~ | トップページ | 学級崩壊したクラスを受け持って!~凌ぐことである~ »