« つれづれなるままに~素晴らしい6年生が育っていた~ | トップページ | つれづれなるままに~初めて幼稚園で講座をもつ~ »

日常の授業を豊かにしたいということ~N小学校で授業をしました~

  15日(月)に神奈川県A町N小学校へ行く。
 この学校へは、7月の29日に訪問することになっている。
 

  ユニバーサルデザインの研究をしている学校で、全国的に有名なN先生やK先生などを呼んで研究を深めている学校でもある。
 こんな学校へ行くことは恐れ多いこと。
 
 全員の先生たちの授業を見せてほしいこと。ついでに私が「味噌汁・ご飯」授業をやりましょうということ。そんなことで「味噌汁・ご飯」授業研究会の秦先生と一緒に訪問した。

 このN小学校は、外国籍の子供たちが多く、学力的には大変な苦労をしている学校である。
 先生たちは、悪戦苦闘をしているのではないかと予想していったが、先生たちの授業レベルは高く、子供たちに食い込んでいっている様子がよく分かった。

 5時間目、4年生のクラスでいつもの国語の詩の授業をする。
 事前に、担任の先生から子供たちの様子をうかがう。

 2人。全て言葉にする児童が目の前に座っている。
 2人。学習が遅れていて、ひらがなさえもきちんと読めるかどうか分からない。

 5時間目。15分ぐらいはやく教室へ行く。
 自己紹介。
 「得意なことは、怖い話に、汚い話に、おもしろい話だ」ということで、5分ぐらいで怖い話をする。

 授業はおもしろかった。
 ずっとぺらぺらしゃべる2人をテキトウにあしらいながらテンポ良く進んで行く。
 

  学習が遅れている2人も、私が「それでいいよ。うまい!」とフォローすると表情がみるみる変わって明るくなっていく。
 「味噌汁・ご飯」授業は、全員参加だから、どんどん指名され、どんどん音読し、発表していくことになる。
  ★
 おそらく、参観されている先生方にとっては、「こんなにフォローを入れるんだ!」とびっくりされたのかもしれない。
 
 こんなにどんどん書かせて、列指名やペア相談を入れて、活動が多いことに驚かれたのかもしれない。
 
 ペアで相談する時間は、20秒。
「ペアで相談する時間は15秒か20秒。それ以上に1分も2分もこのくらいの相談にかけたら授業のテンポが悪くなります」

「私が知っている福山憲市先生なんかは、ペア相談は3秒なんです」
 
 発問は最初と最後に1つだけ。
 あとは、指示と発表とフォローだけ。

 シンプルな、簡単な授業なのである。

 私たちが主張している「小刻み授業法」である。

 「1指示(1発問)」―「1活動」―「発表(確認)」―「フォロー」
 これを繰り返している。ただ、それだけ。
 これで子供たちは普通に授業に乗ってきているではないか。
  ★
 今まで遠大なテーマや教育技術の追求こそが教師の修業であると考えられてきた。私たちもそのように考えてきて、挫折を繰りかえしてきた。
 
 しかし、「味噌汁・ご飯」授業を考えていって分かるのは、子供たちを授業に乗せていくのは、そんな大げさなものではないこと。 目の前の普通の日常に転がっていることを意識的に拾い上げ、それをつなげていけば何とかなるなという実感である。

 そんなに教材研究なんかしない。
 大げさな準備もしない。
 日常の授業を豊かにしたいという、そのことだけである。
  ★
 「ごちそう」授業 を決して否定はしていない。
 ただ、「ごちそう」授業 から「日常」授業へのベクトルの転換を主張している。日頃の授業をもっと豊かにしようということ。
 
 日頃やっていない授業を「研究授業」にして互いに見せ合って、それにどんな意味があるか、それで先生たちの授業は変わるのか、それで子供たちの学力は向上するのか、…そのように指摘している。 
 

  どうせ研究授業をするなら、日頃やっている授業をよりよく変えていく話し合いを先生たち全員でしましょうと、呼びかけている。

 そんな地についた研修があまりにも今までおろそかにされてきたのである。
 
 

|
|

« つれづれなるままに~素晴らしい6年生が育っていた~ | トップページ | つれづれなるままに~初めて幼稚園で講座をもつ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 以前コメントさせて頂いた横浜の一教師です。
今年度は、昨年度、学級崩壊(学年崩壊)した6年生を担任&学年主任をしています。

 昨年度はベテラン教師と初任校の二人で受け持っていた学年(3クラス)だったのですが、夏休み以降ぐらいから、一つのクラスが崩壊し、あっというまに学年にその影響が伝わり、学年全体が崩壊してしまいました。

 「今年度、その立て直し」にと指名され、現在まで奮闘しています。当初は、雰囲気もマイナスなものが伝わりましたが、おかげさまで野中先生の縦糸、横糸理論を実践し、テンポの良い授業(を心がけ取り組み、他の先生からも「大変落ち着いた」と評価を頂ける学級ができました。

 一方、悩んでいるのが学年のつながりです。残念ながら他の1クラスが昨年度の雰囲気を引き継ぎやんちゃをしている児童がおり、私もフォローに入るのですが、どうしてもトラブルの場面で接する指導が多くなり、私へも反抗するのが当たり前となっています。

 学年主任という立場上、自分のクラスだけでなく他の2クラスへも関わりを持ち、学年を組んでいる2人の担任にも自分の力を役立ててもらえるよう努力しているのですが、力不足を感じています。

 ありがたいことに、一緒に組んでいる2人の先生は私を信頼してくれているのですが、トラブルや反抗的な態度が起き、担任の先生が落ち込む姿を見る度に、心痛めています。

 学年主任という立場に対してのご助言を頂ければ、幸いです。
なお、私は30代後半。男。学年主任は6度目ですが、毎回力不足を感じてます。特に今年度は…。

 

投稿: 横浜の一教師 | 2015年6月21日 (日) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/61763040

この記事へのトラックバック一覧です: 日常の授業を豊かにしたいということ~N小学校で授業をしました~:

« つれづれなるままに~素晴らしい6年生が育っていた~ | トップページ | つれづれなるままに~初めて幼稚園で講座をもつ~ »