« 今までの指導は間違っていたのではないか~初任者の授業DVDを見て~ | トップページ | 善意の指導は、崩壊の道に続いている »

つれづれなるままに~H小学校で授業をしました~

  ●福山憲市先生が、次のようなことをフェイスブックに書かれていた。
 ★ ★ ★
5/29 55歳 今の条件で
沢山の誕生日メッセージありがとうございます。55歳になりました。教師人生も残り少なくなってきました。改めて思います。今の条件で出来ることを毎日真剣に考え、希望を持って、多くの『事実』という「実」を創り上げていきたいと思います。少しでも《自分磨き》をし、少しでも《今よりも一歩前》に進みたいと思います。その《道》で、一人でも多くの方と《出会い》たいと思います。自分を磨くためには、人と出会わなくてはいけないと思います。一人でも多くの方と出会い、話を聞かせていただき、自分の知らない世界の扉を開きたいと思います。これからも末永くよろしくお願いいたします。(*^_^*)
  ★ ★ ★
  「人生二度なし」とは、森信三先生の言葉である。
 私は自分の本にサインを求められたら、この言葉を書く。
 
 自分の人生は一度しかない。今の時間は二度とこない。
 この真実をほんとうに知っているのは、福山先生だろうなあと思ってしまう。
 
 この福山先生とコラボで11月7日(土)に講座を持つ。
 「日常授業の改善」がテーマ。
 東京明日の教室である。
 
 私にとっては、今訴えているテーマであるが、福山先生がどんなことを話されるのか興味があるでしょう。
 ぜひ参加してほしい。

●6月3日、横浜のH小学校に行く。
 この学校は、以前私が7年間勤めていた学校である。なつかしい。
 
 初任の3年生のクラスで「味噌汁・ご飯」授業をする。
 実に良くしつけられている学級。初任者指導の先生の指導が徹底しているのであろう。
 
 事前に初任の先生とちょっとだけ打ち合わせをする。
 「やんちゃな子供はいますか?」
 「緘黙の子供はいますか?」
 
 「この子供が授業中落ち着きません」
 「この子供が最近登校をしぶっています」と。
 
 その子供たちの名前を覚えて、教室へ行く。
 おもしろい授業だった。
 
 なかなか授業に乗ってこない女の子も、必死になって授業についてきた。みんなの前でフォローをした。
 最近、登校をしぶっていた男の子は特別にフォローをして持ち上げる。明日から元気に登校してくれるだろうか。
 
 放課後、メンターの若い先生方に「なぜこのような授業をするのか?」「授業の腕を上げていくには、どんなことをすればいいか?」について話をする。1時間ばかり。

|
|

« 今までの指導は間違っていたのではないか~初任者の授業DVDを見て~ | トップページ | 善意の指導は、崩壊の道に続いている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/61696970

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~H小学校で授業をしました~:

« 今までの指導は間違っていたのではないか~初任者の授業DVDを見て~ | トップページ | 善意の指導は、崩壊の道に続いている »