« 2年生の担任の先生、がんばってほしい!~ルールの確立を~ | トップページ | つれづれなるままに~H小学校で授業をしました~ »

今までの指導は間違っていたのではないか~初任者の授業DVDを見て~

  北海道の北広島市立大曲小学校から3人の先生の授業DVDが送られてきた。早速見てみた。
 この学校は、私が提唱している「味噌汁・ご飯」授業を学校ぐるみで取り組んでいる。
 
 初任のH先生の算数の授業を見る。1年生のクラス。
 見ながら驚いた。
 
 これが初任者の授業なのか?
 初任者のレベルをはるかに超えている。
 
 私は、初任者の授業を見るとき、次のような観点から見るようにしている。

 ①子供の前で自然に話したり、歩いたりしている。
 ②子供たちの顔を見て授業をしている。
 ③ノートを見ないで授業をしている。
 ④にこやかで、元気に授業ができている。
 ⑤テンポ良く進めている。
 ⑥発問・指示・説明が区別して明確になされている。
 ⑦指示が明確である。
 ⑧指示したことをきちんと確認している。
 ⑨子供の「活動」する時間がきちんと保障されている。
 ⑩子供たちをほめたり、認めたりすることができている。

 もはや、H先生は、このような観点で見る必要がなくなっている。 どうして1年間(2月の授業)で、このように腕をあげてきたのか。
 
 ここには、「味噌汁・ご飯」授業が大きく関わっているのではないか。
 
 橫藤雅人校長は、次のように言われていた。
  「このような実践が安定的に示せれば、『やっぱり味噌汁・ご飯授業のポイントは、的を射ているんですね。』と、誰の目にも明らかになることでしょう」と。
 
  私も、そう思っている。
 「味噌汁・ご飯」授業には、キーワードがある。
  たとえば、「全員参加」、「フォロー」、「小刻み授業法」、「ユニット法(分割法)」、「ノート指導」、「学習規律」、「一人研究授業」など。
 
 これらを自分の授業に繰り込んでいければ、安定的な授業が成立してくるはずである。
  むずかしく考えることはない。
 ★
 今まで初任者に教えていく「授業づくり」は、教材研究であり、発問計画であり、板書計画などであった。(もちろん、これらの指導も必要である。)
 たとえば、分厚い指導案の作成をさせて、綿密な指導案の書き方などを指導している。初任者はものすごい時間をかけて作成する。
 ところが、今一般的に使っている指導案なんて、研究授業用のものである。
 
「日常授業」では、指導案なんか作らない。いや、作れない。あのような指導案を作って、毎日の授業をやっている教師がどこにいるのか?いるはずがない。「日常授業」にはそぐわないからである。


 だから、初任者に最初に教えていく「授業づくり」は、毎日の授業を乗り切っていく「基礎体力」的なものでなければならない。

 今日も6時間、明日も6時間の授業をこなさなければいけない。
 その基礎体力を養うためにはもっと違うキーワードが必要だったのである。

 私たちは「味噌汁・ご飯」授業としてそのことを提起している。
 ★ 
 大曲小でこのような初任者が育っている。
 これはとてもうれしいことである。
 7月には、この学校から「味噌汁・ご飯」授業本が出版される。
 新しい問題提起がなされていくはずである。
 楽しみに待ちたい。

|
|

« 2年生の担任の先生、がんばってほしい!~ルールの確立を~ | トップページ | つれづれなるままに~H小学校で授業をしました~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨年、初任者だったKと申します。
私は小学校に赴任して2年生の担任になりました。1年目は2年生になりやすいということだったのですが、クラスには暴れて物を投げたりベランダに出て飛び降りようとしたりする子、突然大声で叫んだり歌ったりする子、すぐ殴ったりする子がいてケンカやトラブルが絶えませんでした。それだけでなく、話を聞けない、ごそごそ、立ち歩きをするような幼い子が何人も控えており、ほぼ学級崩壊の一年間でした。今振り返っても初任者に持たせるクラスではなかったと思います。役職からは「子どもにサービスしろ」「もっと子どもを喜ばせる授業をしろ」「若さで勝負」など曖昧で抽象的なアドバイスしかなく、なんのフォローもないどころか、人格否定され続け絶望の一年間でした。悔しくて色々調べた結果、このサイトにたどり着き、野中先生の著書を読ませて頂きました。また、著書やブログに紹介された、野口先生や中村先生の著書も読みました。そのおかげで、今年は四年生を担任しているのですが、学級がとても充実しています。本当に感謝しています。
私の学校の役職もそうですが(私のような新米が言うのも失礼ですが)、初任者に指導する観点がずれている方が多いと感じます。味噌汁、ご飯授業の考え方がもっと広まることを願っています。

投稿: K | 2015年6月 5日 (金) 21時25分

野中先生 お久しぶりです。
新潟の山田直美です。

大曲小発の「味噌汁・ご飯」授業本が出版されるという情報ありがとうございます。
よい授業される方がおられると、つい「あの先生だから・・」という発想に陥りがちになります。しかし、学校全体が実践し、成果を上げるとなるとそんなことは言ってられなくなります。与える影響力も大きいです。
今から、出版が楽しみです。

投稿: 山田 直美 | 2015年6月 6日 (土) 06時09分

山田先生、コメントありがとうございます。大曲小の原稿を事前に見たのですが、現場の息づかいが聞こえてくるような原稿でした。北海道の中でも厳しい学校だったのが、これほど向上していっているというのは、すごいことです。学力テストも飛躍的に向上していると聞いていますし、本の出版が楽しみです。

投稿: 野中信行 | 2015年6月 6日 (土) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/61696952

この記事へのトラックバック一覧です: 今までの指導は間違っていたのではないか~初任者の授業DVDを見て~:

« 2年生の担任の先生、がんばってほしい!~ルールの確立を~ | トップページ | つれづれなるままに~H小学校で授業をしました~ »