« 2年生の担任の先生、がんばってほしい!~ルールの確立を~ | トップページ | つれづれなるままに~H小学校で授業をしました~ »

今までの指導は間違っていたのではないか~初任者の授業DVDを見て~

  北海道の北広島市立大曲小学校から3人の先生の授業DVDが送られてきた。早速見てみた。
 この学校は、私が提唱している「味噌汁・ご飯」授業を学校ぐるみで取り組んでいる。
 
 初任のH先生の算数の授業を見る。1年生のクラス。
 見ながら驚いた。
 
 これが初任者の授業なのか?
 初任者のレベルをはるかに超えている。
 
 私は、初任者の授業を見るとき、次のような観点から見るようにしている。

 ①子供の前で自然に話したり、歩いたりしている。
 ②子供たちの顔を見て授業をしている。
 ③ノートを見ないで授業をしている。
 ④にこやかで、元気に授業ができている。
 ⑤テンポ良く進めている。
 ⑥発問・指示・説明が区別して明確になされている。
 ⑦指示が明確である。
 ⑧指示したことをきちんと確認している。
 ⑨子供の「活動」する時間がきちんと保障されている。
 ⑩子供たちをほめたり、認めたりすることができている。

 もはや、H先生は、このような観点で見る必要がなくなっている。 どうして1年間(2月の授業)で、このように腕をあげてきたのか。
 
 ここには、「味噌汁・ご飯」授業が大きく関わっているのではないか。
 
 橫藤雅人校長は、次のように言われていた。
  「このような実践が安定的に示せれば、『やっぱり味噌汁・ご飯授業のポイントは、的を射ているんですね。』と、誰の目にも明らかになることでしょう」と。
 
  私も、そう思っている。
 「味噌汁・ご飯」授業には、キーワードがある。
  たとえば、「全員参加」、「フォロー」、「小刻み授業法」、「ユニット法(分割法)」、「ノート指導」、「学習規律」、「一人研究授業」など。
 
 これらを自分の授業に繰り込んでいければ、安定的な授業が成立してくるはずである。
  むずかしく考えることはない。
 ★
 今まで初任者に教えていく「授業づくり」は、教材研究であり、発問計画であり、板書計画などであった。(もちろん、これらの指導も必要である。)
 たとえば、分厚い指導案の作成をさせて、綿密な指導案の書き方などを指導している。初任者はものすごい時間をかけて作成する。
 ところが、今一般的に使っている指導案なんて、研究授業用のものである。
 
「日常授業」では、指導案なんか作らない。いや、作れない。あのような指導案を作って、毎日の授業をやっている教師がどこにいるのか?いるはずがない。「日常授業」にはそぐわないからである。


 だから、初任者に最初に教えていく「授業づくり」は、毎日の授業を乗り切っていく「基礎体力」的なものでなければならない。

 今日も6時間、明日も6時間の授業をこなさなければいけない。
 その基礎体力を養うためにはもっと違うキーワードが必要だったのである。

 私たちは「味噌汁・ご飯」授業としてそのことを提起している。
 ★ 
 大曲小でこのような初任者が育っている。
 これはとてもうれしいことである。
 7月には、この学校から「味噌汁・ご飯」授業本が出版される。
 新しい問題提起がなされていくはずである。
 楽しみに待ちたい。

|

« 2年生の担任の先生、がんばってほしい!~ルールの確立を~ | トップページ | つれづれなるままに~H小学校で授業をしました~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今までの指導は間違っていたのではないか~初任者の授業DVDを見て~:

« 2年生の担任の先生、がんばってほしい!~ルールの確立を~ | トップページ | つれづれなるままに~H小学校で授業をしました~ »