« つれづれなるままに~「味噌汁・ご飯」授業が日本教育新聞に紹介される~ | トップページ | 雑誌6月号が売れている! »

「小刻み生活法」ということ

  「ああっ、そうだなあ」と心にストンと落ちてくることがある。これだなと思う瞬間である。

 ★
 私の一日の生活は、何をするかという項目を手帳に書き込むことから始まる。
 その中に最近は「5分草取り」「1片付け」を入れる。
 

  「5分草取り」とは、5分間だけ草取りをすること。
 「1片付け」とは、1つだけ片付けをすること。
 

  ただ、これだけのこと。
 だが、この2つを入れることで目の前がぱあ~~と広がることがある。
 ★
 狭い庭だが、いつも草取りには困っていた。
 半日がかりである。
 

  しかもこの時期は、雑草の伸びが激しくて何度も行わなければいけない。
 今年は、ふと「5分草取り」をすることにした。
 

  買い物に行く前に5分間だけ、目に付いた草をぱっぱっと取る。これだけ。毎日である。
 これを続けているだけで、あれほど難渋していた草取りをしなくていい。庭もきれいなままである。
 

  草取りをしたという手応えはないが、毎日気持ちいい。 


 片付けは苦手である。
 私の書斎には、有り余る本が雑多に積まれている。広めの掘りごたつには、書類が散乱している。
 

  私が死んだら、これを誰が片付けるかと考えたら、困ったことである。
 早く今の仕事を終えて片付けに入らなければいけないと思っているのだが、そうはいかない。
 

  ふと思いついて、毎日1つずつ片付け始める。
 1つずつ順番に。部屋の右側からまず手紙の整理。次に雑誌の整理。……。これが「1片付け」。時間もさほどかからない。
 

  これだな、これだな、と自分なりに納得する。
 ★
 要するに「小刻み授業法」を私の一日の生活に応用しただけである。
 手応え十分。
 

  「ああっ、こんなことだったんだ!」と改めて感じ入る。名付けて「小刻み生活法」。
 まとめて何かをしようと思わないこと。
 

  気づいたときからできることをちょっとずつ始めること。
 こんなことだったのだと、…。
 「でも、それが難しいのです」という声が聞こえてきそうである。
 

|
|

« つれづれなるままに~「味噌汁・ご飯」授業が日本教育新聞に紹介される~ | トップページ | 雑誌6月号が売れている! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/61616681

この記事へのトラックバック一覧です: 「小刻み生活法」ということ:

« つれづれなるままに~「味噌汁・ご飯」授業が日本教育新聞に紹介される~ | トップページ | 雑誌6月号が売れている! »